首都圏1都3県、財政さらに逼迫 21年度「貯金」88%減

首都圏1都3県、財政さらに逼迫 21年度「貯金」88%減

2021/06/10 15:52:00

首都圏1都3県、財政さらに逼迫 21年度「貯金」88%減

首都圏1都3県の財政状況が悪化している。新型コロナウイルスの対策費は1都3県で計7兆5000億円に上り、都県は貯金に当たる「財政調整基金」を取り崩すなどして対応してきた。2021年度の財政調整基金は1都3県合わせて前年度比88%減の見込みで、独自施策を打つのが難しくなっている。財政調整基金の残高の減少率が最も大きいのが東京都だ。21年度末の残高見込みは21億円で20年度末の見込みの2511億円

続きを読む: 日本経済新聞 電子版 »

その通学路、安全ですか? | NHK

協力金は遅くなれば死に金になる、ネット申請・口座振替は都税の確定申告ですでにやっていること😒 緑の悪魔 使えば無くなるのは当たり前 お店には行き渡ってないのに金無いのか。国がばら撒いた時貰ってなかったのか?それとも使い込んだのか? 余計な無駄遣いするから。これから税金、どんどん上がる😖 分かったから、はよ協力金払えよ いやさその前に、強制的に徴収する税金を貯め込んでていていいもんか? ホント無能な首長ばっかで嫌になるわ… まて!まて!貯金はなんのためにあるの?危機のときに使うんだから、切り崩すのは、今でしょ!!!

4~6月も景気回復弱く 民間予想、接種遅れ米欧と差新型コロナウイルスの景気への影響が長引きそうだ。民間エコノミストに4~6月期の実質国内総生産(GDP)成長率の見通しを聞くと、予測平均値は前期比0.0%、年率換算で0.2%とほぼ横ばいとなった。マイナス成長となった1~3月期からの反動力は弱い。米国が年率で10%近い成長が見込まれるなか、日本との回復力の差は際立つ。内閣府が8日発表した1~3月期のGDP改定値は物価の変動を除いた実質で1.0%減 欧米とコロナの死亡者と感染者が日本同じなの?ワクチン開発国なの?馬鹿なのか。 景気ウォッチャー調査(先行き)は良かった、現場はワクチン接種後の回復に向けてすでに動き始めている😀