埼玉, 埼玉県

埼玉, 埼玉県

飯能、日高など埼玉南部で12万戸停電 落雷影響か 変電所火災も | 毎日新聞

飯能市や日高市など埼玉県南部で28日午後8時半ごろ、大規模な停電が発生しました。

2021/07/28 19:00:00

飯能市や日高市など 埼玉県 南部で28日午後8時半ごろ、大規模な停電が発生しました。

飯能市や日高市など 埼玉県 南部で28日午後8時半ごろ、大規模な停電が発生した。停電戸数は同日午後9時前には約12万5100戸に上り、午後11時過ぎの時点でも約11万4710戸。東京電力は同県南部で断続的に落雷が発生した影響とみて調査している。

続きを読む: 毎日新聞 »

踏切で“待っていた”だけなのに…死亡事故はなぜ起きたのか | NHKニュース

【NHK】他人にとって この上なく迷惑な“歩きスマホ”の行為。操作する本人も気付かないうちに命の危険にさらされるおそれがあります。

现世报来得好快

黒い雨訴訟 原告84人全員に被爆者手帳交付方針 国が上告断念 | 毎日新聞菅義偉首相は26日、広島への原爆投下後に降った「黒い雨」を巡る訴訟で、国の援護対象区域外にいた原告84人全員を被爆者と認めた広島高裁判決を受け入れ、最高裁に上告しない方針を表明した。そのうえで原告全員に被爆者健康手帳を交付する考えを示した。首相官邸で、広島県の湯崎英彦知事と広島市の松井一実市長と面 原子力の件は福島みずほさんの方が正しいですね🤔 「日本共産党は核の平和利用を認めてきた。私は『核と人類は共存できない、いかなる国のいかなる核にも反対、平和利用はありえない』と訴えてきた。共産党は安全な原発なら推進してもいいのか。安全な原発なく核の平和利用はおかしい」(福島みずほ) 実にひどい判決だな 今後、国はあらゆる訴訟でほぼ勝てない

五輪というダークファンタジー 島田雅彦さん、開会式に思う | 毎日新聞特別寄稿 作家・島田雅彦さん 1964年の東京オリンピック開会式を見た三島由紀夫は毎日新聞に寄稿し、反対論者の主張に理を認めつつ、「やっぱりこれをやってよかった。これをやらなかったら日本人は病気になる」と書いたが、57年後の今大会では「これをやったせいで、日本人の病気は悪化する」という正反対の事態 過去の取捨選択した事例が、最長政権構築して大量生産されたカラ、使いきれないほど手法は多岐にカネ?様々と擁護する群がり破壊助手バイト労働デモ、アリ地獄抜け出せぬ泥沼人材多数カモ?( ゚Д゚) 武田総務相「記憶がないと言え」発言、可能性認め陳謝 | 毎日新聞 どう見ても選手が頑張っており、国民は元気になっている。分析がおかしいだろう。 この人ただのひねくれ者だ😁

社説:「黒い雨」上告断念 幅広く被害救済する道を | 毎日新聞広島への原爆投下直後に降った「黒い雨」による健康被害を巡り、原告の住民全員を被爆者と認めた広島高裁判決について、国は上告しない方針を決めた。 これまで「科学的知見」を口実にして被爆者の認定範囲を限定してきた。上告断念で、被害実態に基づく救済に向けてようやく動き出すことになる。 錦の御旗か、、 遅い。 選挙目当ての スガwww 選挙がなければ 上告してただろう、 くずの二乗。 オリンピック期間中暇な立憲民主党が喜びそうなネタですね。

自動運航船が東京湾を疾走中 水上交通の「救世主」となるか | 毎日新聞東京湾でいま、船が自分で航路を判断して水上を進む「自動運航船」のテスト運航が繰り返されている。この最新のハイテク船、実は日本の水上交通の「救世主」になる可能性を秘めているという。さっそくテスト運航中の船に乗り込み、関係者を取材すると、日本の水上交通を取り巻く厳しい現実が見えてきた。

特集ワイド:五輪巡るすったもんだ 荷風なら筆を折った? 「禁酒令」の東京 | 毎日新聞どうも気が重い。この東京オリンピック・コラムである。何を書くか、考えあぐね、1964年の東京五輪あたりの記憶をたぐり寄せようと昔のアルバムを開いてみたら、幼稚園児の私が自宅縁側で「シェー」をしていた。赤塚不二夫さんのギャグ漫画「おそ松くん」に登場するイヤミ驚きのポーズ。そう、すごくはやっていたのだ 日本の現政権は 五輪を盾にして 自国の医療崩壊が始まりつつあるのを糊塗してるが、 今のところ、五輪に浮かれてるいる所じゃないだろう? すでに、患者を受け入れられる限界を越してしまった病院が出始め、 医療人の悲鳴が聞こえているのにも関わらず五輪で自国民の目を誤魔化している。 会食で何度もクラスターを起こし、緊急事態宣言4回も出されてまだ酒飲んで騒ぎたいんですか?東京メディアのこういう所が理解できない。 新しいツイートの方法が分からないです

地元に響く祝砲、喜びの踊り 「奄美・沖縄」世界自然遺産登録決定 | 毎日新聞政府が世界自然遺産に推薦していた「奄美大島、徳之島、沖縄島北部及び西表島」(鹿児島、沖縄両県)は26日、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界遺産委員会で登録が決まった。悲願の世界遺産入りに地元は喜びに包まれた。