宮内義彦, Orıx, Bs 2021, プロ野球, オリックス, 宮内義彦

宮内義彦, Orıx

順調ではいかん。クレイジーなキャンプを/オリックス宮内オーナー語録11 - プロ野球 : 日刊スポーツ

順調ではいかん。クレイジーなキャンプを/オリックス宮内オーナー語録11 #宮内義彦 #ORIX #Bs2021

2021/10/27 3:48:00

順調ではいかん。クレイジーなキャンプを/ オリックス 宮内オーナー語録11 宮内義彦 ORIX Bs2021

パ・リーグは オリックス とロッテの白熱の優勝争いが続くが、球界の名物オーナーで知られる オリックス 宮内義彦 オーナー(86)も、25年ぶりの“そのとき”を心待ちにし… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

<オリックスV心待ち 宮内オーナーの愛が詰まった名言振り返り:11>パ・リーグはオリックスとロッテの白熱の優勝争いが続くが、球界の名物オーナーで知られるオリックス宮内義彦オーナー(86)も、25年ぶりの“そのとき”を心待ちにしている。95、96年の連覇のあと、ときには厳しく、不変の愛情を持ってチームを見守ってきた。折々のオーナー語録を振り返る第11回。17、18年も、チームの低迷は続いた。長い長い辛抱で、宮内オーナーのコメントにはいっそう磨きがかかった。「クレイジーなキャンプを」や「歌を忘れたカナリア」など、数々の名言が飛び出した。

前澤友作さんを乗せたソユーズロケット打ち上げ 6時間かけてISSに - ライブドアニュース 前澤さん宇宙へ 打ち上げ中継 - Yahoo!ニュース 「最後は研究者として…」 山中伸弥さん、iPS研究所の所長退任へ - ライブドアニュース

【2017年】▽2月12日 春季宮崎キャンプで、ついにグラウンドで公開説教。「試合とは勝つためにするもの!」「勝利にかける思いを重く持て!」「勝利への貢献を考えよう!」と呼びかけた。担当記者には「訓示やなくて説教ですわ」と説明。「キャンプは順調だと聞きました。昨年日本一の日本ハムが順調ならもう1回優勝できるけど、最下位のうちが順調ではまた今年も最下位になる。順調ではいかんのです。クレイジーなキャンプをやらないかん。目の色を変えるくらいのね」と、居ても立ってもいられない思いを吐露した。▽3月13日 激励パーティーでのあいさつで「去年はぶざまな結果で申し訳ない。リーグ最下位、ファームも最下位。球団始まって以来の屈辱」とおわび。続けて「『歌を忘れたカナリア』という歌があります。わがチームは、勝ちを忘れたバファローズになってしまった。勝ち方を思い出してもらうしかない。カナリアの次の歌詞は『後ろの山にすてましょか』ですが、勝ちを忘れたバファローズは捨てるわけにはいきません」と童謡を引き合いに、チームにハッパをかけた。

▽同31日 開幕戦の惜敗に「疲れた。負けは負け。惜しい負けなんかない。毎日勝っていかないと。結果がすべて」。3回の守りの乱れに語気を強め「あの守備は何ですか。あの回、記録にならないボーンヘッドも含めていくつエラーがあったか」と指摘した。▽4月22日 3試合連続、通算5度目の逆転勝ちで2位を快走する好成績に「チームが整ってきたのかな」と成長を認め「So Far So Good(今のところ順調)」とねぎらった。▽▽6月6日 阪神に完敗し「新記録と違うか。11点、全部ツーアウトから取られた。インサイドワークかな。ツーアウトからちゃんと抑えたらシャットアウトや」と怒りのコメント。 headtopics.com

▽7月11日 前日11日に、西名球団社長が福良監督の来季続投を支持する考えを明かしたが、オーナーは「来季の話はやっている人に対して失礼。頭の隅にもない。考えることも考えていない。まあ、とにかくこの後も頑張ってもらうことです」とけむに巻いた。▽8月18日 ロッテに2-5でシーズン5度目の5連敗を喫し、試合後は「4安打では勝てません。守れないし、打つ方はまさに型どおりの作戦しかやっていない。バントもできないやつにバントさせるし。ベンチも策がなさ過ぎる。今日は機嫌が悪いです」と怒りを爆発させた。▽10月18日 3年連続Bクラスとなる4位に終わり、シーズン終了の報告に訪れた福良監督との会談で「下の2チームが極端に悪かった。(昨年の最下位から)浮上した気分じゃない」とダメ出し。「1軍半ばかりではダメ。猛練習のバファローズに変えてもらいたい。福良監督が現役のころはもっと練習していた。勝率44%。この4勝5敗(ペース)を優勝なら6勝3敗がいる。2勝分をひっくり返すのは相当チーム力を上げる必要がある」と奮起を促した。

【2018年】▽3月6日 激励会のあいさつで、前年のドラフトで西武と競合の末、田嶋を引き当てたことを「これまでにないことが起こった」と振り返り、96年以来ないVを待ち望んだ。また04年に球団合併交渉を行った近鉄の山口昌紀元社長が17年の年末に亡くなったことにも触れ「あっという間に年月が流れてしまった」と振り返った。▽4月8日 西武に逆転負けして4連敗となり「見るに堪えない」とバッサリ。好投していた先発の山岡が2-1の7回に逆転打を浴びたことに「継投、失敗何度目や? 球威落ちとったからね。僕でも7回に代える」と、柔和な表情とは裏腹に怒気を含んだ言葉を並べた。最後に「まあ、こんな日もあるでしょう」と明るく奮起を促したが、重苦しい空気が漂った。

▽5月24日 球団草創期から尽力してきた村山元球団本部長が亡くなり「本当に悲しいです。本当によくやってくれました」としのんだ。▽8月7日 今季9度目の完封負けで、最初は担当記者の取材に沈黙。数秒後に「何とかしてくれよ! ハッハッハ」。もう笑うしかない、という表情で車に乗り込んだ。▽同24日 逆転勝利を見届け「1つ勝つのは難しい。ディクソンがいいピッチングをしていたからね」と先発右腕に4勝目がついたことを喜んだ。ギリギリでAクラス争いを続けるチーム状況に「オーナーも苦労しています」と言いながらも、観戦の家族とハイタッチで喜び合った。

▽10月26日 西村新監督の就任あいさつを受け「私もそれほど若くない。3年先、5年先というわけにはいかない」と冗談めかした口調ながら、真剣な目つきで優勝を求めた。▽11月28日 金子、西と主力投手を失う可能性がある状況に「そりゃあ、今その(編成の)シーズンじゃないか。あんまりあわてなくていいんじゃない」。抜けると痛いかと聞かれると「もちろん。でも抜けないと思っている」と笑顔で真意を包み隠した。▽12月1日 阪急・オリックスOB総会に出席し、金子、西の残留を熱望。チームは中島が巨人へ移籍。「まだ分からないですけどね。そういうことがあるという前提で編成していくのが僕は基本だと思うけど、出て行く人に『さあどうぞどうぞ』って言ってるわけでは全くない」と話した。総会の冒頭のあいさつでは「私も優勝して胴上げしていただいた感触はすっかり忘れました」と笑って冗談も飛ばし「何とか強いチームを一生懸命作ります」と宣言した。 headtopics.com

東急がブックオフと提携 保管期限過ぎた忘れ物品を“再流通” - ライブドアニュース 日本初 サブスク型の年パスアプリ『レジャパス!』 東京タワーやよみうりランドなど約80施設が遊び放題 - ライブドアニュース 前澤氏 ソユーズで宇宙へ出発 - Yahoo!ニュース 続きを読む: 日刊スポーツ »

首席で卒業も就活難、地下鉄駅で自分を売り込み ロンドン - BBCニュース

就職活動に「嫌気が差した」マリクさんは、立て看板を作って金融街のカナリー・ワーフ駅に立ち、未来の雇用主たちに自分を売り込み始めた。

巨人原監督「原因あえて皆さんの前で言わない」シーズン負け越し/一問一答 - プロ野球 : 日刊スポーツ巨人が今季最終戦を勝利で飾れず、3年ぶりのシーズン負け越しに沈んだ。先発戸郷が3回まで完全投球だったが4回に突然乱れ、6失点でKO。主将の坂本は16日に右手首… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com) 原因は自分にあるのはわかっているはず;

引退巨人大竹寛の肝っ玉伝説 重鎮集まる燦燦会で「マスオさんの声」 - プロ野球 : 日刊スポーツ今季限りでの現役引退を表明した巨人大竹寛投手(38)が、24日のヤクルト戦で現役ラスト登板を終えた。サンタナの懐をえぐって、伝家の宝刀シュートでバットを粉砕す… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com) 大竹寛 野球音痴の自分が大竹選手の名を聞いた、知ったのは数日前。 家族が「巨人に行かずに、広島にいたままの方が良かったんやないかなあ 」と。そこで名を知り顔検索。 その後ポツポツと出る、いろんなメディアの記事を意識。 ここでも。 あーまた良い記事にめぐりあえた♪

オリックス山本由伸必勝でロッテにプレッシャーだ 本拠でV備えるプランも - プロ野球 : 日刊スポーツ最終戦はエースが勝利で締めて、歓喜のVに備えるぞ。25日の楽天戦(楽天生命パーク)に先発する オリックス 山本由伸投手(23)が必勝を誓った。「この勝ちは、すごく… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

阪神奇跡の逆転Vへ カンテレなど在阪テレビ各局、対応に追われる - プロ野球 : 日刊スポーツ阪神タイガースが奇跡の逆転優勝へ望みをつないだことで、在阪民放テレビ各局は、25日も朝から対応に追われている。これまでにもタイガースが優勝した場合は、関西ロー… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

西武吉川光夫、綱島龍生ら8人が戦力外 伊藤翔ら4人は育成再契約見込み - プロ野球 : 日刊スポーツ西武は25日、伊藤翔投手(22)、吉川光夫投手(33)、中塚駿太投手(26)、斉藤大将投手(26)、粟津凱士投手(24)、駒月仁人捕手(28)、綱島龍生内野手… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

巨人大竹 広島時代に無失点記録「記憶にも記録にも残る男」 - プロ野球 : 日刊スポーツ今季限りで現役を引退する巨人大竹寛投手(38)は、原辰徳監督から「私の記憶に残る投手」と絶賛された。周囲から「寛ちゃん」と愛される抜群のキャラクター、強気に宝… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)