紙面掲載記事, 野球, プロ野球, 朝刊スポーツ面, 頂点への道

紙面掲載記事, 野球

頂点への道:侍J候補の現在地 二塁手 山田哲、焦らず堅実/菊池涼、おごらず - 毎日新聞

侍J候補の現在地 二塁手 山田哲、焦らず堅実/菊池涼、おごらず

2020/02/14 23:56:00

侍J候補の現在地 二塁手 山田哲、焦らず堅実/菊池涼、おごらず

山田哲、焦らず堅実 ヤクルトの山田哲人(27)の10年目のキャンプでの調整は、「堅実」という表現が最もしっくりくるかもしれない。第1、2クールは特守や居残りでの打撃練習などで下半身を使い「土台固め」。13日の第3クール最終日は、連日取り組んできた青木宣親ら主力4人でのランチ特打で打撃フォームの確認

「だんだんキレも出てきたし、いい感じ」と山田哲。今季は目標とする東京五輪に加え、例年より早い3月20日の公式戦開幕となるが、気がせく様子はみじんもない。「開幕に合わせるだけ」と話し、18日の練習試合から実戦に挑む見込みだ。 続きを読む: 毎日新聞 »

新型コロナウイルスから全世界の健康を守るには、台湾は必要不可欠 | | 李世丙 | 毎日新聞「政治プレミア」新型コロナウイルスが世界中で猛威をふるっている。全世界で感染者数はすでに3万人、死者数は700人を超えた。この3万人や700人というのは単なる数字ではない。大切な命である。 台湾を排除するWHOは自らの憲章前文を読み直せ

北朝鮮が文大統領に冷淡になったわけ | | 坂井隆 | 毎日新聞「政治プレミア」北朝鮮は2年前の2018年2月、韓国・平昌(ピョンチャン)で開催された冬季五輪に際して選手団・応援団に加え金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長の妹・金与正氏ら高官を派遣し、これを皮切りに韓国との交流を活発化させた。 文大統領が反米志向で、米朝の橋渡しとして役に立たないとわかったからでは 北朝鮮の国内の実態実情は平壌だけで無く他の地域を国連機関等で調べられ無いのが制裁を弛められないネックだと思います。まぁ社会主義国の封鎖制が世界に信頼されない主因ですがネ! あくまでも対決を望むのか なら徹底的にやり合うがいい!!

ORICON NEWS:稲垣吾郎、武田鉄矢ら豪華キャストが集結 大林宣彦監督の最新作予告映像解禁 - 毎日新聞

三菱電機サイバー攻撃 中国拠点のウイルス対策管理サーバー標的 社内調査公表 - 毎日新聞安全保障上、厳重な管理が求められる「注意情報」がサイバー攻撃によって流出した可能性があると防衛省に指摘された三菱電機は12日、社内調査の結果を発表した。一連の攻撃の起点が中国に拠点のあるウイルス対策管理サーバーへの昨年3月の攻撃だったと明らかにし、再発防止に向けた組織を新設する方針も示した。同社が 防衛機密の可能性があるというのに、何故管理サーバーを 国内拠点ではなく、かの国においているのか理解に苦しむ。

スペインの世界最大級通信見本市中止 新型肺炎で出展見送り多く - 毎日新聞今月下旬にスペイン・バルセロナで開かれる予定だった世界最大級の通信関連見本市「モバイル・ワールド・コングレス(MWC)」の中止が決まった。主催団体が12日発表した。肺炎を引き起こす新型コロナウイルスの感染拡大で、出展を見送る企業が続出。不安も広がっており、見本市の開催は困難と判断した。

ORICON NEWS:映画『ピーターラビット2/バーナバスの誘惑』5・22公開 予告編初解禁 - 毎日新聞