新着, 東日本大震災

新着, 東日本大震災

震災時 圧倒的に高いパンのニーズ 手軽にサバイバルレシピ | 毎日新聞

震災時 圧倒的に高いパンのニーズ 手軽にサバイバルレシピ

2021/03/01 12:40:00

震災時 圧倒的に高いパンのニーズ 手軽にサバイバルレシピ

東日本大震災 からまもなく10年--。いつ起きるか分からない災害には日ごろの備えが重要だが、小さな子がいる家庭では防災に手つかずのことも多い。育児や家事を担うママやパパをサポートしようと、レシピやオンラインイベントで「おうち防災」のアイデアを提案している会社もある。担当者は「震災10年という節目とと

【材料】鯖の水煮缶1缶、ニンジン1本、マヨネーズ大さじ2程度、オリーブオイル大さじ1程度、塩・コショウ各少々【作り方】ポリ袋に水切りした鯖の水煮、マヨネーズ、オリーブオイルを入れて鯖をほぐしながらもむ。袋にニンジンをピーラーでスライスしながら入れて全体をもみ、塩・コショウで味を整えて完成する。日持ちしやすいニンジンと缶詰で作れる栄養満点の一品▽火が使える時は、水を使わずにできる温かい汁物、「まじゅじゅ」さんの「災害時に役立つ無水コーンクリームシチュー」(https://cookpad.com/recipe/6026913)

関ジャニ∞の元メンバー・渋谷すばるが結婚を発表「人生は楽しい」 - ライブドアニュース 元関ジャニ渋谷すばる 結婚発表 - Yahoo!ニュース 西~北日本で黄砂観測 函館では視程6キロ 運転や洗濯物に注意 | NHKニュース

【材料】キャベツ1/2玉、ホールコーン缶1缶、クリームコーン缶1缶、コンソメ(チキンコンソメ・ブイヨン可)キューブ1個(顆粒小さじ2)、塩・コショウ各少々【作り方】キャベツの切り口側を下に置き外側から芯に向かって2センチ幅の斜めに切り、フライパン(または鍋)に入れる。コンソメ、塩・コショウを入れ、クリームコーンとホールコーンをつけ汁ごと入れて、アルミホイルでしっかりとふたをする。中火で10分加熱し、軽く混ぜて完成▽ポリ袋に材料を入れてお湯に入れるだけで作れる「ハリーねずみー」さんの「超簡単!ポリ袋deオムレツ」(https://cookpad.com/recipe/6006122)

【材料】卵2個と牛乳50㏄、粉チーズ大さじ1、塩・コショウ各少々【作り方】大きめの鍋にたっぷり水を入れ、お皿を鍋底に敷いて沸騰させる。材料全部をよく混ぜてポリ袋の中に入れ、空気を抜いて口を縛る。袋を鍋に入れて弱火にし、10分ほど湯煎したら完成。洗い物が少なくて済み、朝食にも良い▽同じく火が使える時にポリ袋に入れてできる、非常時に検索数の上がるパンのレシピでは「ぽさ*ぽさ」さんの「HM&フライパン☆簡単コーンパン」(https://cookpad.com/recipe/2132301)【材料(6個分)】ホットケーキミックス200グラム、油大さじ1、塩2つまみ、牛乳50グラム、コーン60グラム headtopics.com

【作り方】ポリ袋に全ての材料を入れて混ぜ、6等分にして丸め、少し平らにする。フライパンを弱火にかけ、6個を入れてふたをして7~8分焼く。ひっくり返して3分焼いて完成。おやつにも主食にもぴったりクックパッドの担当者は「住み慣れた自宅で生活し、かつ自分や家族がほっとできる家庭料理が食べられる環境を整えることは、日常を一日でも早く取り戻すための足がかりになのでは」と話す。「日常生活に防災機能を」明治がオンラインイベントまた、災害時を想定して開発された乳児用ミルクブランド「明治ほほえみ」を発売する明治は3月5日、乳幼児のいるママ向けに、日常生活の中に防災機能を組み込む「フェーズフリー」などを学ぶオンラインイベントを開く。

「フェーズフリー」は、日常生活の中に防災機能を組み込んで、日常時と非常時の壁を取り払うという概念で、防災の新たな考え方として注目されている。イベント開催にあたり、明治が乳幼児のママたち1137人に聞いた事前アンケートでは、「防災の準備や日用品の備蓄についてどのくらいできていると思うか」の質問に、26・3%が「全くできていない」と回答し、62・5%は「多少はしているが十分ではない」と答えた。その理由として「何を備蓄していいか分からない」という回答が最も多く、次に「子どもに合わせて準備するのが大変」が続き、「備蓄用品を保管する場所がない」「お金がかかる」「忙しくて準備をする時間がない」という声もあった。

新型コロナの感染拡大が続く中で防災意識は高まっているものの、情報不足や忙しさなどで実際に十分な備蓄まで手が回らないママたちの現状が浮かんだ。イベントでは、防災・危機管理・地域活性アドバイザーで一般社団法人「フェーズフリー協会」代表理事の佐藤唯行さんが「フェーズフリー」という概念を説明する。その後、フェーズフリーを実践する建築家で「ゆくり設計室」代表の松山千晶さんの自宅をライブ中継しながら、自宅で簡単にできるアイデアを伝授してもらう。また、親子防災の専門家で「子連れ防災手帖」などの著書があるNPO法人「ママプラグ」理事の冨川万美さんらによる参加型のワークショップも開かれる予定。担当者は「非常時、日常時に関わらず特別なケアを必要とする赤ちゃんとママの安全な暮らしを守っていきたい」と話す。14時~15時10分。視聴希望者は動画投稿サイトのユーチューブライブで視聴できる。

続きを読む: 毎日新聞 »

故郷チェルノブイリを訪ねる旅 35年ぶりの我が家は… - BBCニュース

1986年に起きたチェルノブイリ原発事故では、原発に最も近い人口5万人の街プリピャチを含め、原発を中心とする4000平方キロの地域に住む人々は避難を余儀なくされた。