雪景色・水温4度、透き通った川でコウゾの「寒ざらし」 : エンタメ・文化 : ニュース

雪景色・水温4度、透き通った川でコウゾの「寒ざらし」 #カルチャー

カルチャー, 岐阜県美濃市

2022/01/15 18:05:00

雪景色・水温4度、透き通った川でコウゾの「寒ざらし」 カルチャー

雪景色の中、美濃手すき和紙の産地・ 岐阜県美濃市 板取川 で14日、和紙の原料となるコウゾの「寒ざらし」が行われた。 コウゾの皮を水に数日浸して漂白し、不純物を取り除くもので、現在は工房内の水槽で行うのが一般的だが、伝統技

コウゾの皮を水に数日浸して漂白し、不純物を取り除くもので、現在は工房内の水槽で行うのが一般的だが、伝統技法を継承しようと、年1回、川での作業が続けられている。

続きを読む: 読売新聞オンライン »

バナナからジーンズ デニムの聖地、廃棄問題解決に挑む

国産ジーンズ発祥の地・岡山県倉敷市児島でバナナでつくったデニムが注目を集めている。老舗ジーンズメーカーのジャパンブルー(倉敷市)が、大量廃棄されるバナナの茎からとった繊維 続きを読む >>

「春を背負って」「越境捜査」…作家の笹本稜平さん死去、70歳 : エンタメ・文化 : ニュース映画化された「春を背負って」などで知られる作家の笹本稜平(ささもと・りょうへい、本名非公表)さんが昨年11月22日、急性心筋梗塞(こうそく)で死去した。70歳だった。告別式は済ませた。 フリーライターを経て2000年、

『帝国の計画とファシズム 革新官僚、満洲国と戦時下の日本国家 Planning for Empire』ジャニス・ミムラ著(人文書院) 4950円 : 書評 : 本よみうり堂 : エンタメ・文化 : ニュース評・井上正也(政治学者・成蹊大教授) ファシズムと聞くと、多くの人はヒトラーやムッソリーニといったカリスマ指導者に率いられた熱狂的で強権的な政治体制を思い浮かべるだろう。かつては研究者の間でも、戦前日本がファシズムであっ

『剛心』木内昇著(集英社) 2200円 : 書評 : 本よみうり堂 : エンタメ・文化 : ニュース評・堀川惠子(ノンフィクション作家) 亡き夫と初めて待ち合わせをした、かまぼこ屋根の東急東横線渋谷駅。それが再開発で 忽然 ( こつぜん ) と消えたとき、自分の大切な何かを無くした気がした。時は遡って明治の話、内戦や

『フィリア―今道子』写真・今道子、高橋睦郎ほか執筆(国書刊行会) 4180円 : 書評 : 本よみうり堂 : エンタメ・文化 : ニュース評・柴崎友香(作家) 「見慣れる」ことで、私 達 ( たち ) は普段身の回りにあるものを意識しないように、既に知っている範囲に閉じ込めているのかもしれない。今道子の写真を凝視すると、ごく身近な、毎日目にし、さらには食

イラストレーターの永沢まことさん死去、85歳…「おそ松くん」「白蛇伝」アニメーター : エンタメ・文化 : ニュースイラストレーターの永沢まこと(ながさわ・まこと=本名・詢=まこと)さんが8日、肺炎で死去した。85歳。葬儀は近親者で済ませた。喪主は次男、映(えい)氏。 東京都出身。アニメーターとして、日本初のカラー長編アニメーション R.I.P.

尾上松也さん「濃厚接触者の可能性」…歌舞伎座出演取りやめ、代役は市川猿弥さん : エンタメ・文化 : ニュース松竹は14日、歌舞伎座(東京都中央区)の「 寿 ( ことぶき ) 初春大歌舞伎」第3部の「岩戸の景清」に出演していた尾上松也さん(36)が、新型コロナウイルス陽性者の「濃厚接触者」に該当する可能性があるとして、14日か