阪神梅野隆太郎1億6000万「梅野なくして優勝はない」球団から高い期待 - プロ野球 : 日刊スポーツ

阪神梅野隆太郎1億6000万「梅野なくして優勝はない」球団から高い期待 #梅野隆太郎 #阪神タイガース

梅野隆太郎, 阪神タイガース

2021/12/08 4:12:00

阪神 梅野隆太郎 1億6000万「梅野なくして優勝はない」球団から高い期待 梅野隆太郎 阪神タイガース

国内FA権を行使せず残留を決めた阪神 梅野隆太郎 捕手(30)が7日、西宮市の球団事務所で契約を更改した。3年契約で、来季年俸は5000万円増の1億6000万円。… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

「複数年という形で評価していただき、うれしく思っています。率直に、この阪神タイガースで優勝したい、みんなで勝ち取りたいと思い、決断させてもらいました。1年目から人としても成長させてもらった球団でもあり、本当に感謝ばかりです」球団からは「梅野なくして優勝はない」と高い期待をかけられたという。今季は130試合に出場したが、優勝を争った最も大事な終盤に打撃不振もあり、坂本に先発を譲った。残留イコール、レギュラー安泰とは思っていない。「優勝争いのカベを捕手として乗り越えたいのが一番。個人的な数字もそうですけど、やっぱり優勝は絶対に成し遂げたい。全試合出場(が目標)というのはありますけど、出場していなくても(貢献)できるのは後半に感じることもあった」。ゴールデングラブ賞も3年連続でストップした。だが、ベンチで悔しさを味わった分、得るものはあった。来季こそ真の中心選手に。梅野が再出発する。(金額は推定)

続きを読む: 日刊スポーツ »

ゾンビを畑で生産し武器や料理に変えて世紀末を生き残る『DEADCRAFT』発売開始。ゾンビと人間のハーフの主人公となり、労働力の死体を鞭打ち自給自足生活

マーベラスは5月20日(金)、開発を手がけるゾンビサバイバルアクションゲーム『DEADCRAFT』について、PC(Steam)版の配信を開始した。 続きを読む >>

新庄剛志ビッグボス宣言「上沢監督」トレンド入り、SNSで選手を監督指名 - プロ野球 : 日刊スポーツ日本ハム新庄剛志監督(49)が6日、自身のツイッターで来年最初のオープン戦はエース上沢直之投手(27)が決めたオーダーで戦うことを宣言したことで「上沢監督」が… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

楽天2位安田悠馬 本拠観覧車「ぶち当てる選手に」目指すは“ゴンドラ”化 - プロ野球 : 日刊スポーツ楽天のドラフト2位、愛知大・安田悠馬捕手(21)は観覧車になる!?head--【関連記事】楽天ニュース一覧はこちら―>--https://www.ni… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

ロッテ佐々木千隼、友人・広島鈴木誠也のメジャー挑戦応援「すごいなと」 - プロ野球 : 日刊スポーツロッテ佐々木千隼投手(27)が友の挑戦を応援する。高校時代、東京選抜チームの仲間だった広島鈴木誠也が、ポスティングシステムでのメジャー移籍を目指している。今夏… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

日本ハム近藤健介が栗山ジャパン入り熱望「また野球をやれるチャンス」 - プロ野球 : 日刊スポーツ日本ハム近藤健介外野手(28)が栗山ジャパン入りを熱望した。head--【関連記事】日本ハムニュース一覧はこちら―>--https://www.nik… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

2021年プロ野球特別表彰選手/一覧 - プロ野球 : 日刊スポーツ日本野球機構(NPB)はコミッショナー特別表彰などを6日、発表した。同表彰では東京五輪で金メダルに導いた侍ジャパン稲葉篤紀監督(現日本ハムGM)が選出された。… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

“代打の神様”ヤクルト川端慎吾150%増更改 早くも来週から若手とトレ - プロ野球 : 日刊スポーツ代打で輝いた! ヤクルト川端慎吾内野手(34)が都内の球団事務所で 契約更改 交渉に臨み、3000万円増の年俸5000万円でサインした。今季年俸から2・5倍となり… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

国内FA権を行使せず残留を決めた阪神梅野隆太郎捕手(30)が7日、西宮市の球団事務所で契約を更改した。3年契約で、来季年俸は5000万円増の1億6000万円。あらためて球団への感謝を口にした。 「複数年という形で評価していただき、うれしく思っています。率直に、この阪神タイガースで優勝したい、みんなで勝ち取りたいと思い、決断させてもらいました。1年目から人としても成長させてもらった球団でもあり、本当に感謝ばかりです」 球団からは「梅野なくして優勝はない」と高い期待をかけられたという。今季は130試合に出場したが、優勝を争った最も大事な終盤に打撃不振もあり、坂本に先発を譲った。残留イコール、レギュラー安泰とは思っていない。 「優勝争いのカベを捕手として乗り越えたいのが一番。個人的な数字もそうですけど、やっぱり優勝は絶対に成し遂げたい。全試合出場(が目標)というのはありますけど、出場していなくても(貢献)できるのは後半に感じることもあった」。ゴールデングラブ賞も3年連続でストップした。だが、ベンチで悔しさを味わった分、得るものはあった。来季こそ真の中心選手に。梅野が再出発する。(金額は推定) Sponsored