関西最大級のe-sportsホテル『e-sports EKICHIKA』2022年6月11日プレオープン

2022/06/07 6:00:00

株式会社Build-UPのプレスリリース(2022年6月7日 10時20分)関西最大級のe-sportsホテル『e-sports EKICHIKA』2022年6月11日プレオープン

関西最大級のe-Sportsホテル『E-Sports Ekıchıka』2022年6月11日プレオープン プレスリリース, ニュースリリース

【株式会社Build-UP】関西最大級e-sportsホテル『e-sports EKICHIKA』6月11日プレオープン~再起に向けた新たな挑戦、プロが大会で使用するレベルのハイスペックPC50台を導入&24時間営業~ BuildUP3

株式会社Build-UPのプレスリリース(2022年6月7日 10時20分)関西最大級のe-sportsホテル『e-sports EKICHIKA』2022年6月11日プレオープン

続きを読む: PR TIMES »

��#154�ۥ�����з褬���塪 ���������Ǥޤ����Υ��åץ���С��ǥ���!?/��ź������ݻ����� | ����ư�� - netkeiba.com

������󤬥ߥ饯�륷��åȤǷ�����ž!? ���ݻ���������ȤΥ�����з褬���褤����塪 ��4H�Ǥϡ��ɤ��餬�󤯤ޤ���Ф��뤫�򶥤��ȥɥ饳���з�ɤ򳫺š������Ǹ�����󤬸��������ǤȤϡġ� ���� No.1���Ͼ��󥵥��ȡ�netkeiba.com�פζ���ư��netkeibaTV��ͽ�ۤ�졼������Ω�Ķ���ư������������桪 続きを読む >>

ハイパフォーマンスカーの魅力を引き立てる! 会津までの「大人のドライブ」でわかったアドバンスポーツV107の実力【PR】ヨコハマ「ADVAN Sport V107(アドバンスポーツV107)」は、2022年3月から全世界で発売されたウルトラハイパフォーマンスタイヤです。ニュルブルクリンクでのテストで鍛え上げられたこのタイヤは、すでにメルセデスAMGやBMW Mなどのプレミアムカーにも標準採用されています。そんなプレミアムハイパフォーマンスカー用タイヤの実力を試すため、510馬力を発生するスーパーカー「M4カブリオレ・コンペティション xDrive」に装着し、東京から会津若松までドライブに出かけました。

吉本興業のスポーツフェス開催決定、総合司会はココリコ吉本興業のスポーツフェス「Yoshimoto Sports Festival ‘22」が来月7月24日(日)に大阪・エディオンアリーナ大阪で開催され、ココリコが総合司会を務める。

ラグビー日本代表 堀江翔太、23年W杯に覚悟「年も年。選手としては最後になる可能性もある」ラグビー日本代表は6日、合宿を行う宮崎市内で練習を公開。3日に集合後、グラウンド上ではこの日初めて33人がそろって汗を流した。4大会連続W杯出場を目指すフッカー堀江翔太(埼玉)は取材に応じ、「若い選

「超燃えている」ドネアとの再戦に井上尚弥「明日は思う存分暴れたい」WBA&IBF世界バンタム級統一王者・井上尚弥(大橋)が6日、横浜市内のホテルで対戦相手のWBC世界同級王者ノニト・ドネア(フィリピン)とともに前日計量に臨み、井上はリミットの53・5キロ、ドネアは

ヘンプヒル恵、2度の大けがから完全復活! 5年ぶり日本選手権制覇「これからがスタート」女子の七種競技で、ヘンプヒル恵(アトレ)が5872点で5年ぶり4度目の優勝を飾った。「死ぬ気で走ります」と気合を入れていた最終種目の800メートルでは、2分14秒68で2組1着。「本当にここまで戻っ

瀬戸大也 渡欧前ラストレースで手応え「自信になった」 世界水泳18日開幕競泳の世界選手権(18日開幕・ブダペスト)代表の瀬戸大也(TEAM DAIYA)が5日、神奈川・相模原市内で行われた記録会に参加。世界水泳に出場する200と400メートル個人メドレーに臨み、それぞれ

株式会社Build-UP(本社:大阪府大阪市中央区瓦屋町 代表取締役:後藤寛明)は、コロナで売り上げが激減したホテルの再起をかけ、e-sports業界へ参入致します。3階にあったレストラン、4階フロントの一部を改装しプロが大会で使用するレベルのハイスペックPC50台を導入し、24時間営業の関西最大級のe-sportsホテルとして生まれ変わります。コロナで低迷したホテルが、ホテルだからこそできる新たな挑戦が始まります。 3階フリープレイフロアには、 .ヨコハマのフラッグシップタイヤというべき「アドバンスポーツ」の最新版「ADVAN Sport V107(アドバンスポーツ・ブイイチマルナナ)」が、いよいよ登場しました。 BMW「M4カブリオレ コンペティション M xDrive」に装着したヨコハマ「アドバンスポーツV107」。BMW MやメルセデスAMGなどハイパフォーマンスカーにも純正採用されている ターゲットとして「プレミアムハイパフォーマンスカー」、「プレミアムハイパフォーマンスSUV」、「プレミアムEV」への装着が見据えられている、このタイヤ。 じつはすでにメルセデスAMG、BMW Mといったプレミアムスポーツブランドを中心に、純正装着車が登場し始めています。 この位置づけからわかるのは、運動性能の高さだけを追い求めるのではなく、日常域の静粛性や乗り心地といった快適性、高速安定性やウェット性能まで含めた安全性をも、高次元でバランスさせているということ。いってみれば、「オトナのスポーツタイヤ」というわけですね。 そんなアドバンスポーツV107の真価を知るには、性能評価だけでは足りません。 レースクイーンでグラビアモデルの霧島聖子さん。2022年はGT500「WedsSport Racing Gals」として、またSF「にゃんこ大戦争ガールズ」として活躍中だ そう考えて今回は、スーパーGT、スーパーフォーミュラなど国内トップカテゴリーでレースクイーンとして活躍する霧島聖子さんと連れ立ってのオトナのドライブに出かけることにしました。 クルマはBMW M4カブリオレ Competition M xDrive。ADVAN Sport V107は漆黒感のあるサイドウオールに「ADVAN Sport V107」のロゴがくっきり浮かび上がったデザインは文句なしにスタイリッシュで、思わず気分がアガります。 目指したのは福島県。都内から首都高速、そして東北自動車道を使って北に向かいます。 都内を出発してすぐに感じた「ADVAN Sport V107」の印象とは 首都高速・大橋ジャンクションを走行するBMW M4カブリオレ と、ここで早くも感心させられたのが乗り味の上質さ。思ったのは「このタイヤは丸いな」ということでした。 東北道を走行するBMW M4カブリオレ。スポーツカーながら乗り心地も良いのはタイヤのおかげ 東北道・那須高原SAでは名物となっている「高原ミルクソフトクリーム」(450円)をパクリ タイヤが丸いのは当たり前だといわれそうですが、精度が高くて真円に近く、何の抵抗感もなく転がっていくような感覚は、必ずしもすべてのタイヤで得られるわけではないのです。 「レースの現場にいて、タイヤって本当に大事な存在なんだって、よくわかるようになりました。乗っていて何だか心地良いなって思うのは、もちろんクルマも良いけれど、タイヤによる違いも大きいんですよね?」 霧島さんの言葉に思わず納得しちゃいました。本当に、クルマの良さはタイヤが良くないと引き出せないものなんですよね。 アドバンスポーツV107を装着したBMW M4カブリオレ。タイヤサイズは前:275/35ZR19 100Y、後:285/30ZR20 99Yだ アドバンスポーツV107のトレッドパターン。太いストレートグルーブで排水性を向上。ウエットグリップ性能は全サイズ最高ランクの「a」となる 気分良くドライブしていたら、福島県まではあっという間。 天気も良いのでM4カブリオレのソフトトップを開けて一般道を更に進んでいきます。乗り心地は上々で、しっかりしているけれど、どこまでもしなやか。そんな印象です。 ここで立ち寄ったのは大内宿という福島県の観光名所。江戸時代に宿場町として栄えた頃の茅葺屋根の民家がほぼそのまま残った町並みは、散策するには最高の場所です。.「Yoshimoto Sports Festival」は、子供たちのスポーツへの関心を高めることを目的としたイベント。アスリートによるトークショー、スポーツ技術を学べる体験教室、芸人とスポーツを楽しめるワークショップ、モノ作り体験ブースなどが用意される。 同イベントでは.手が多いなって、思います」と、新チームの印象を語った。 堀江自身、約3年ぶりの日本代表のジャージー姿。史上初8強入りした19年W杯日本大会後、代表活動からは1歩引いていた。「結構代表を離れていたけど、サインだったり考え方は、忘れていたつもりだったけどパッと言われたら『あ、昔なんかやってたな』って。ちょっと安心しています」。堀江らFW陣はこの日、公開約1時間の中ではラインアウトやスクラムを確認した。 36歳になるが衰え知らず。今季リーグワンでは埼玉の初代王者に貢献。自身3度目のMVPにも輝いた。その中でも、グラウンド上では「36っすけど、ちゃんと返事したりとか(笑い)、受け答えをちゃんとしようかなと」。コミュニケーションを徹底し、スクラムの練習時にも「『こうした方がいい』『ああした方がいい』って言うような話しをした」という。 チームは7月に、世界ランク2位のフランス代表との2試合も控える。23年W杯フランス大会に向けて堀江は「年も年なので、最後になる可能性があるW杯。自分のいいところは出して、悪いところは伸ばしながらメンバーに選ばれればうれしい」。覚悟を示しつつ、「選手が毎練習、集中して練習を無駄にしないことが大切になってくる」と、日々の重要性を説いた。.