テニス, フランス

テニス, フランス

錦織、大きかった1年のブランク 全仏OP2回戦敗退 - 毎日新聞

テニスの全仏OP男子シングルス2回戦で昨年8強の錦織圭選手は敗れました。

2020/10/01 10:29:00

テニス の全仏OP男子シングルス2回戦で昨年8強の錦織圭選手は敗れました。

テニス の全仏オープン第4日は9月30日、パリのローランギャロスで行われ、男子シングルス2回戦で昨年8強の錦織圭(日清食品)は世界ランキング74位のステファノ・トラバリア(イタリア)に4―6、6―2、6―7、6―4、2―6で敗れ、6年連続の3回戦進出はならなかった。

続きを読む: 毎日新聞 »

NHK高知放送局 | いちばん動画

NHK高知放送局のホームページです。おもな番組、イベントなど、さまざまな情報をお伝えします。

錦織、全仏2回戦敗退…世界74位にフルセットで : その他 : スポーツ : ニュース【パリ=岡田浩幸】 テニス の全仏オープンは30日、パリのローランギャロスで第4日が行われ、男子シングルス2回戦で、世界ランキング35位の錦織圭(日清食品)は同74位のステファノ・トラバリア(イタリア)に4―6、6―2、6 おまえ、今見てるのに結果言うなよ

サッカーキング:シュタインハウス審判が引退表明…独1部初の女性主審、なでしこ優勝のW杯決勝も担当 - 毎日新聞

昭和の味、懐かしみ 新宿・メトロ食堂街 /東京 - 毎日新聞思い出、忘れない 新宿駅西口の「メトロ食堂街」が30日、ほとんどの店舗で営業を終え、半世紀の歴史に幕を閉じた。通勤・通学や買い物客たちのおなかを満たした、立ち食いそば店やフルーツパーラーなどの憩いの場。最後の日も「昭和の味」を懐かしむ人でにぎわった。

記者の目:大坂なおみ選手のBLM運動 競技外の発言も自由に=長野宏美(東京社会部) - 毎日新聞7試合で7枚のマスク、7人の名前――。 テニス の全米オープン女子シングルスを制した大坂なおみ選手(22)は人種差別に抗議し、コート上のプレーとともに注目された。警官の銃撃などで亡くなった黒人犠牲者の名前を書いた7枚のマスクすべてを着けて優勝し、日本でも彼女が吹き込んだ新風の勢いを感じる。「競技だけに 競技中は慎め。 日本選手が競技中や競技外でも拉致被害者救出、拉致被害者奪還と言ったりマスクに拉致被害者の名前を書いてもいいんでしょうか。 大坂なおみ個人がBLM運動の様なテロ紛いの活動に加担するのは構わないが、選手としてスポーツの現場へは一切持ち込ませてはいけない。 政治思想や宗教観念などが過度に介在し始めると、競技の意味が変わってしまい、参加者や観客が萎える。 結果その競技の市場が衰退していくのが容易に想像できる。

科学の森:ノーベル賞 注目の研究者たち - 毎日新聞ノーベル賞の発表が5日に始まる。日本からは2000年以降、自然科学3賞で19人が受賞しており、今年も決まれば3年連続となる。注目の研究者は誰で、どんな研究を手がけているのか。医学生理学賞、物理学賞、化学賞のそれぞれで展望する。(3面に質問なるほドリ)

論プラス:コロナ下の大学 教育の質、維持が課題=論説委員・永海俊 - 毎日新聞新型コロナウイルスの感染収束が見通せない中、大学の模索が続いている。今年度前期は多くの大学がオンラインによる遠隔授業を行わざるをえず、キャンパスから閉め出された学生からは不満の声も上がった。後期では対面授業を一部再開し、遠隔と併用するところが大半となったが、取り組みには温度差がある。コロナ下におい 毎日様、別にコロナ下じゃなくても、ねっ?