鉄血宰相「ビスマルク」が演出した戦争と平和 | 特集

2022/05/15 5:06:00

19世紀、ドイツを統一に導いたビスマルク。「鉄血宰相」といわれるが、はじめから「鉄血」を志向していわたけではない。むしろ「超リアリスト」が本当の姿だった。

19世紀、ドイツを統一に導いたビスマルク。「鉄血宰相」といわれますが、はじめから「鉄血」を志向していわたけではありません。むしろ「超リアリスト」が本当の姿でした。

19世紀、ドイツを統一に導いたビスマルク。「鉄血宰相」といわれるが、はじめから「鉄血」を志向していわたけではない。むしろ「超リアリスト」が本当の姿だった。

オットー・フォン・ビスマルク(1815-1898)ドイツ帝国宰相「鉄血宰相」。1871年にドイツ統一を実現。東方問題、アフリカ分割などで巧みな外交を展開した(写真:akg-images/アフロ) 「現下の大問題が決せられるのは演説や多数決によってではなく〔中略〕鉄と血によってである」。1862年9月末にこのように演説して世間を騒がせ、後に「鉄血宰相」と呼ばれるようになったのが、プロイセン首相ビスマルクである。 彼はその後、この演説を地で行くかのように3度の戦争を主導して当時政治的に分裂していたドイツを統一、1871年1月にドイツ帝国を創建した。 ユンカーの家系に生まれたビスマルクはプロイセンの君主主義を擁護する超保守的な政治家であり、ドイツ統一ではなく、プロイセンの国益を維持・拡大することを目指していた。ただし、そのためにはイデオロギーや原理原則ではなく、ただ自国の利害に対する冷静な評価によって現実主義的に決定されるべきであり、国益に合致していれば革命勢力やナショナリズム勢力とも手を結ぶことをいとわなかった。「現実政治家(レアルポリティーカー)」と評されるゆえんである。 3度の戦争に至った背景 首相に任命されたのもドイツ統一のためではなく、軍制改革をめぐって国王・政府と議会との対立が深刻化し、国王退位まで取り沙汰されるほどの危機的状況を打開するためであった。先述の「鉄血演説」も本来はそのためのものだったが、その表現のゆえに逆効果となった。 それではなぜ、ビスマルクはドイツ統一に乗り出し、3度の戦争に至ったのか。.オットー・フォン・ビスマルク(1815-1898)ドイツ帝国宰相「鉄血宰相」。1871年にドイツ統一を実現。東方問題、アフリカ分割などで巧みな外交を展開した(写真:akg-images/アフロ) 「現下の大問題が決せられるのは演説や多数決によってではなく〔中略〕鉄と血によってである」。1862年9月末にこのように演説して世間を騒がせ、後に「鉄血宰相」と呼ばれるようになったのが、プロイセン首相ビスマルクである。 彼はその後、この演説を地で行くかのように3度の戦争を主導して当時政治的に分裂していたドイツを統一、1871年1月にドイツ帝国を創建した。 ユンカーの家系に生まれたビスマルクはプロイセンの君主主義を擁護する超保守的な政治家であり、ドイツ統一ではなく、プロイセンの国益を維持・拡大することを目指していた。ただし、そのためにはイデオロギーや原理原則ではなく、ただ自国の利害に対する冷静な評価によって現実主義的に決定されるべきであり、国益に合致していれば革命勢力やナショナリズム勢力とも手を結ぶことをいとわなかった。「現実政治家(レアルポリティーカー)」と評されるゆえんである。 3度の戦争に至った背景 首相に任命されたのもドイツ統一のためではなく、軍制改革をめぐって国王・政府と議会との対立が深刻化し、国王退位まで取り沙汰されるほどの危機的状況を打開するためであった。先述の「鉄血演説」も本来はそのためのものだったが、その表現のゆえに逆効果となった。 それではなぜ、ビスマルクはドイツ統一に乗り出し、3度の戦争に至ったのか。.』の#5では、ファミリーマートの新組織の“任務内容”について詳述するとともに、食料危機の七大要因について解説する。(ダイヤモンド編集部 新井美江子) ファミマが価格戦略を強化! フードビジネスを手掛ける企業による値上げが相次いでいる。“デフレの象徴”とされた牛丼3社(「すき家」のゼンショーホールディングス、吉野家ホールディングス、松屋フーズホールディングス)が、2021年秋から牛丼の並盛りを相次ぎ値上げ。今年に入ってからもキユーピーがマヨネーズを再値上げした他、カゴメがトマトケチャップの値上げに踏み切るなど、各社の「値上げ宣言」が相次いでいる。 今年3月、ファミリーマートの細見研介社長の肝入りである組織が産声を上げた。価格戦略・販売計画グループ――。適切な値付けなどを行うため、精緻な価格戦略の策定を行う部隊だ。「価格戦略を明確に担う組織を作ったのは、ファミリーマートでは初めて」(淺田友則・ファミリーマート商品本部商品業務部部長)のことである。 背景には、日本を“食料危機”に陥らせる「七大要因」がある。食料品を巡る値上げラッシュが物語るように、食料品価格は企業努力では吸収し切れないほど価格が高騰している。 次ページでは、ファミリーマートの新組織の“任務内容”について詳述するとともに、食料危機の七大要因について解説する。 次のページ.維新3回生が議員会館で“マルチ化粧品セミナー” 4回生は妻の“マントラ”で会館来客拒否 「ITEC INTERNATIONAL(アイテック)」は化粧品などの“マルチ商法”を手掛け、大学との架空の共同研究など虚偽の説明に基づく違法な勧誘をしていた。山口孝榮オーナーら2名も6カ月間の業務停止命令を受けた。 「私が信じたその政治家というのが、維新の伊東信久氏(57)です」 「躍進」維新4回生、議員会館でマントラ「オ~ム~」 「改革に賛同頂けた」.

続きを読む:
東洋経済オンライン »
Loading news...
Failed to load news.

鉄血宰相「ビスマルク」が演出した戦争と平和 | 特集19世紀、ドイツを統一に導いたビスマルク。「鉄血宰相」といわれるが、はじめから「鉄血」を志向していわたけではない。むしろ「超リアリスト」が本当の姿だった。

ファミマが社長特命「食品価格の検討」組織を新設!背景に日本の食料危機招く“7大要因”今年3月、ファミリーマートは適切な値付けなどを行うため、精緻な価格戦略の策定を行う「価格戦略・販売計画グループ」を新設した。背景には、日本を食料危機に陥らせる「七大要因」への危機感がある。特集『食料争奪戦 日本の食卓が危ない』の#5では、ファミリーマートの新組織の“任務内容”について詳述するとともに、食料危機の七大要因について解説する。(ダイヤモンド編集部 新井美江子)

【特集】維新の大問題 彼らを信じていいのか | 週刊文春 電子版野党の中で急速に存在感を高めている日本維新の会。新型コロナウイルス対応では大阪府の吉村洋文知事が注目を集める存在となりました。しかし、「週刊文春」の取材により、その実態が見えつつあります。彼らを信じて良いのか——。今、明らかになる“維新の大問題”とは? 上海電力と賭博利権ですか? 高齢者の中にも 政策が分かり易い だけで支持している 人は多い。 政治家の根拠無き理想は 国を滅ぼすことを自覚し、 なんとしても阻止しなければ ならない。 維新の実態

実はナポレオン3世は「とても賢い皇帝」だった | 特集「能力のない策謀家」と見られがちだったナポレオン3世。叔父の初代ナポレオンとは違った形で、フランスの栄光を実現しました。その人生は実に起伏に富んでいる。

実はナポレオン3世は「とても賢い皇帝」だった | 特集「能力のない策謀家」と見られがちだったナポレオン3世。叔父の初代ナポレオンとは違った形で、フランスの栄光を実現しました。その人生は実に起伏に富んでいます。

パズドラ「激戦スマホゲーム市場」で生き残れるか | 特集【パズドラ「激戦スマホゲーム市場」で生き残れるか】 ブームから約10年、ガンホーの創業社長を直撃 東洋経済オンライン