金メダルの光と輝き 素材は「都市鉱山」から

金メダルの光と輝き 素材は「都市鉱山」から

2021/07/25 8:46:00

金メダルの光と輝き 素材は「都市鉱山」から

今大会、日本初の金メダルは24日、柔道男子60キロ級の高藤直寿選手が獲得した。新型コロナウイルス対策として導入されたルールに従い、自ら首にかけた栄光の証。誇らしげに示すと、その表面には翼を持つ女性の姿がくっきりと刻み込まれていた。ギリシャ神話に登場する勝利の女神、ニケ。空から船のへさきに降り立ったさまを表したパリ・ルーヴル美術館所蔵の彫像「サモトラケのニケ」で知られる。有翼の女神は1928年の

ギリシャ神話に登場する勝利の女神、ニケ。空から船のへさきに降り立ったさまを表したパリ・ルーヴル美術館所蔵の彫像「サモトラケのニケ」で知られる。有翼の女神は1928年のアムステルダム大会からメダル表側のデザインとして規定された。裏側も68年メキシコ大会まで群衆にたたえられる勝者で統一されていた。72年ミュンヘン大会以降は開催都市が決められるようになり、回ごとに趣向が凝らされた。64年の東京開催でかなわなかった大会独自のデザインを今回、大会組織委員会が一般に公募。大阪市のデザイナー、川西純市さん(53)のアイデアが選ばれた。

「プラネテス」が地上波放送 TVアニメ史最高傑作とも名高いSF作品 - ライブドアニュース 「小さい手のリレー」視力失った男性のバス通勤が再開 和歌山 | NHKニュース マスクから鼻出した状態で議会出席 市議の発言は許可されず - ライブドアニュース

64年東京大会の金メダルも大阪市の造幣局で製造された=共同テーマは「光と輝き」。多様性と調和を表した組市松紋のエンブレムを「光の欠片が集まり、つながっていく形」(川西さん)で包み込んだ。素材は使用済みの携帯電話や小型家電などから取り出すレアメタル(希少金属)に求めた。全国の「都市鉱山」から金約32キロ、銀約3500キロ、銅約2200キロを「採掘」し、造幣局(大阪市)が製造した。前回の東京大会で日本勢が勝ち取ったメダルは29個。2016年リオデジャネイロ大会が41個で最多だった。共生社会や持続可能性など様々な理念が込められた東京五輪のメダル。日本経済新聞と英フィナンシャル・タイムズ(FT)による予測モデルに基づいた予想では、日本の獲得数が過去最多の56個に達するとの結果が出ている。

続きを読む: 日本経済新聞 電子版 »

「一生後悔する」 英からISに参加の女性、BBCに現在の心境を語る - BBCニュース

イギリスからシリアへ渡航しイスラム過激派組織「イスラム国(IS)」に参加したシャミマ・ベガムさん(22)がBBCの取材に応じ、ISに参加したことを「一生後悔するだろう」と語った。

今の時点で、都内の協力金バブルの飲食店 2年間は何もしないで余裕で暮らしていけるだけの協力金もらってますね…1店舗に1300万円も支給されてますからね……毎月3000億円近くも東京都だけで支払われてる…全国だと…… もう5兆円以上8ヶ月もばら撒いてるで? H_hikozaemon 日本は日本なりのSDGsをやってきたし、もったいない精神は元来、日本人に醸成してます。つまり、ヨーロッパ主導の脱酸素やSDGsなんかに迎合せず、世界基準は日本で作り東南アジアを巻き込め!日経も日本人や日本企業を売るようなことしないように! これが散々ガラケー集めて作ったメダルか 東京オリンピック 東京2020

政治利用の始まりは 鼎談書評『ベルリン・オリンピック1936』 | 毎日新聞五輪と政治のつながりは、いつから深まったのだろうか。有識者3人が書籍を通して「五輪」を考えた鼎談(ていだん)書評の2回目は、国際政治学者の岩間陽子・政策研究大学院大学教授が推薦する『ベルリン・オリンピック1936 ナチの競技』(デイヴィッド・クレイ・ラージ著、高儀進訳、白水社)から。西洋史学者の本 IOCや組織委員会がやった事でも無理矢理政権批判に繋げるあなた方が言うことではない 捏造を繰り返す左翼新聞と中韓政治のつながりは、いつから始まったんやろね? あんたらと同じレベルの新聞って小学生の学級新聞なんちゃう? インターネット報道が普及したおかげで、読むはずのない新聞が読むことができるようになりました。 毎日新聞と朝日新聞の実体が世にさらされることはいいことですね。 このような偏向した報道機関はやがて淘汰されるでしょうね。

三島由紀夫・松本清張・寺山修司らが記した五輪の記憶東京五輪が7月23日に開幕する。日本の作家はこれまでも、世界各地の五輪で観戦記や随筆などを記してきた。古くは1920年代から、多くの大会で感動や不安、疑問などを書き残し、日本人の本音をも映してきた。計3回の連載で振り返る。作家が記した五輪の記憶(上) 戦争の不安 祝祭に影~杉本苑子・石川達三らまずは1964年東京大会について、多くの作家の言説をまとめた「東京オリンピック」(講談社文芸文庫)から、当時の作家の思いを見つめる。「二十年前のやはり十月、同じ競技場に私はいた。女子学生のひとりであった。出征してゆく学徒兵たちを秋雨のグラウンドに立って見送ったのである」。64年五輪の開会式に立ち会った歴史小説作家、杉本苑子のこの一文は、五輪を語った言葉の中でもよく知られている。……続きを読む