酪農の強みを生かせ 牛肉も北海道ブランドで売る

酪農の強みを生かせ 牛肉も北海道ブランドで売る

2021/10/23 12:05:00

酪農の強みを生かせ 牛肉も北海道ブランドで売る

乳製品の産地として知られる北海道のホクレン農業協同組合連合会(札幌市)などが、牛肉の生産地としても知名度を上げようと動き出した。食の宝庫というイメージを生かし、国内の牛肉生産量の2割を占める北海道産牛のブランド力を向上。価格を安定させ、生産基盤を強化する考えだ。スーパーもこうした動きへの注目を高めている。「『オール北海道』を表す肉ブランドとして浸透させたい」。ホクレンのビーフ課の景川能史課長は

続きを読む: 日本経済新聞 電子版 »

日本の設備、停滞の20年 総量1割増どまり

日本の設備投資の低迷が続いている。この20年間で設備の総量を示す資本ストックは1割たらずしか増えなかった。米国や英国が5~6割ほど伸びたのと差がついた。企業が利益を国内投資に振り向けていないためだ。設備の更新が進まなければ労働生産性は高まらず、人口減の制約も補えない。低成長の構造要因として直視する必要がある。2001年から新型コロナウイルス危機前の19年までの日本の経済成長率は年平均0.8%に

焼き鳥屋の親父、外車購入。趣味でやってる喫茶店の店主、毎日風俗通い。スナックのママ、複数回海外旅行。バーのマスター、今年1日も働かなく2店目出店 これが5兆円以上・1店舗1500万以上・1ヶ月120万円の飲食店の協力金8割の使い道 国民1人15万以上負担 払わされるの国民