迫る米緩和縮小 新興国の資金流出に警戒

迫る米緩和縮小 新興国の資金流出に警戒

2021/10/22 20:05:00

迫る米緩和縮小 新興国の資金流出に警戒

米国の量的金融緩和縮小(テーパリング)が迫り、新興国から資金が流出している。その中でトルコ中央銀行は21日、政策金利を引き下げ、通貨リラは史上最安値を更新した。通貨安は外貨建て対外債務の返済負担増加につながり、金融市場で新興国通貨への警戒が出始めている。緩和縮小への耐性を新興諸国が問われている。トルコ中銀は21日の金融政策決定会合で、主要政策金利を年18%から16%に引き下げると決めた。利下げ

続きを読む: 日本経済新聞 電子版 »

【COP26】 合意採択前に議長、謝罪し涙ぐむ 石炭めぐり - BBCニュース

石炭対策が薄められた合意文書についてシャーマCOP26議長は、「この終わり方について、謝ります」と全体会議を前に謝罪し、声を詰まらせて涙ぐんだ。

アメリカが金融引き締めを行ったとしても、日本円・人民元は垂れ流し、ユーロもコロナの影響が残る2023年までは金融緩和を止めないだろう。 柳美里さんへ あなたは韓国人である前に、人です。 人として生きればよい。 戦争しない人として生きればよい。 福島の小高で、戦争しない人として生きればよい。 他人の問題ではなく、自分の問題です。 ドラゴンへの道です。