めっちゃ関西, 大阪府

路線価初の減額補正 大阪・ミナミの3地域対象 外国人観光客激減で - 毎日新聞

路線価初の減額補正 大阪・ミナミの3地域対象 外国人観光客激減で 新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、路線価制度が始まった1955年以来初めての補正となりました。

2021/01/26 7:40:00

路線価初の減額補正 大阪・ミナミの3地域対象 外国人観光客激減で 新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、路線価制度が始まった1955年以来初めての補正となりました。

国税庁は26日、相続税などの算定基準になる路線価について、新型コロナウイルスの影響を考慮し、大阪市中央区の3地域で4%減額補正すると発表した。2020年1月の評価時点から大幅に地価が下がったためで、全国で3地域だけが対象となる。路線価の補正は、制度が始まった1955年以来初めて。

路線価は毎年1月1日時点の土地評価額(1平方メートルあたり)。1年間の地価下落に対応するため、国土交通省が発表する公示地価などの8割程度で評価している。20年分は感染拡大前だったため、国税庁は評価時点より20%を超えて地価が下がった地域は補正する方針を示していた。20年7~9月分の地価を調査した結果、3地域が該当し、いずれも23%下落していた。外国人観光客が激減した心斎橋筋=大阪市中央区で2020年6月25日午後2時11分、望月亮一撮影心斎橋筋2の路線価は、20年1月時点で2152万円。前年比の上昇率44・6%は全国3位でバブル期並みだったが、補正後は2065万9200円となる。

スライダーを滑っていくウミガメ 寒波による保護から無事海へ - ライブドアニュース みんなでムシャムシャ 人気のモルモット「可愛さ大渋滞」 - ライブドアニュース ライブハウス 初のコロナ倒産 - Yahoo!ニュース

今回の評価を担当した外部の専門家は「新型コロナの影響で観光客数が減り、大幅に地価が下落した」としている。国税庁は20年10~12月分の地価についても、下落率が20%を超えた地域は新たに補正する。【稲垣淳】飲食店の廃業も2割増国税庁によると、路線価の補正対象にならなかったものの、下落率が15~20%だったのは全国10地域。このうち9地域を、難波や千日前などミナミが占めた。前回調査(20年10月公表)で19%だった名古屋・錦は今回16%に縮小。東京・浅草も16%から12%に改善した。一方、大阪では前回15%未満だった千日前など5地域が、今回は19%に悪化した。

大阪市によると、ミナミがある中央区では、20年に廃業届を出した飲食店が前年より2割以上増えた。新規開業は1割近く減り、商業地のテナント需要に陰りが出ている。国税関係者は「国内の観光客が定着している東京・浅草などと比べ、外国人観光客への依存度が高かったミナミが大きな影響を受けたとみられる」と話す。【稲垣淳】 続きを読む: 毎日新聞 »

「自分に笑うしかない」、リモート裁判を「猫姿」で続行 - BBCニュース

Zoomを使った裁判のリモート審理で、自分の顔に猫のフィルターがかかった状態で登場して話題になった米テキサス州の郡検事が、当時を振り返った。