橋岡優輝, 走り幅跳び, Tokyo 2020, 陸上, 東京オリンピック2020, 橋岡優輝, 走り幅跳び, 五輪, オリンピック

橋岡優輝, 走り幅跳び

走り幅跳び橋岡優輝、メダル獲得ならず 8m10で6位も37年ぶり入賞 - 陸上 - 東京オリンピック2020 : 日刊スポーツ

走り幅跳び橋岡優輝、メダル獲得ならず 8m10で6位も37年ぶり入賞 #橋岡優輝 #走り幅跳び #Tokyo2020

2021/08/02 5:46:00

走り幅跳び 橋岡優輝 、メダル獲得ならず 8m10で6位も37年ぶり入賞 橋岡優輝 走り幅跳び Tokyo2020

初出場の 橋岡優輝 (22=富士通)が8メートル10で6位となり、メダル獲得はならなかった。予選で8メートル17を跳んで、上位12人による決勝に進出した橋岡は、1… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

初出場の橋岡優輝(22=富士通)が8メートル10で6位となり、メダル獲得はならなかった。予選で8メートル17を跳んで、上位12人による決勝に進出した橋岡は、1回目はファウルとしたが、2回目に7メートル95、3回目に7メートル97を跳んで、84年ロサンゼルス五輪の臼井淳一以来37年ぶりに上位8人に残って入賞したが、メダルは逃した。2年前の世界選手権では日本勢史上初の入賞となる8位だった。6月の日本選手権では自身の日本歴代2位を更新する8メートル36の自己ベストで優勝。東京五輪の予選は1回目で8メートル17を跳び、日本勢37年ぶりの決勝進出を決めていた。

『ハリー・ポッター』マルフォイ俳優、ゴルフ中に倒れ搬送される - ライブドアニュース 男子小学生に「モデルになって」と声をかけ、下半身など触ったか 男を逮捕 - ライブドアニュース 暴力的な笑い 終えんに向かう? - Yahoo!ニュース

まさに華麗なる一族。父利行さん(57)は棒高跳びで日本選手権5連覇を含む7度優勝、母直美さん(52)も100メートル障害で高校総体3連覇など幅広い競技での実績を誇る。またいとこもサッカー日本DF橋岡大樹(22=シントトロイデン)だ。コロナ禍で練習場が使えなくなった時は、母と父をそれぞれ担いで「重り」としスクワット。何とも家族愛が詰まったトレーニングで足腰を鍛えた。また不安なコロナ禍では、気持ちが折れないよう父母もランニングに付き合ってくれた。試合後は家族が撮影したビデオを見て、助走や跳躍を確認し、修正を施し、着実に強くなった。

もともと助走スピードが課題だったが、日大で森長正樹コーチの指導を受けるなど改善。安定していた記録のアベレージは大きく伸びた。整った顔立ちのイケメンジャンパー。長く日本勢が鬼門だった種目で、メダルは逃したが入賞を成し遂げた。 続きを読む: 日刊スポーツ »

「一生後悔する」 英からISに参加の女性、BBCに現在の心境を語る - BBCニュース

イギリスからシリアへ渡航しイスラム過激派組織「イスラム国(IS)」に参加したシャミマ・ベガムさん(22)がBBCの取材に応じ、ISに参加したことを「一生後悔するだろう」と語った。

それでも流石

池江璃花子号泣「本当に幸せ」日本メドレーリレー8位、メダル獲得ならず - 競泳 - 東京オリンピック2020 : 日刊スポーツ日本(小西杏奈-渡部香生子-池江璃花子-五十嵐千尋)は、3分58秒12で8位だった。池江は第3泳者として、本職のバタフライで今大会初の決勝を泳いだ。レース後に… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

池江璃花子号泣「本当に幸せ」日本メドレーリレー8位、メダル獲得ならず - 競泳 - 東京オリンピック2020 : 日刊スポーツ日本(小西杏奈-渡部香生子-池江璃花子-五十嵐千尋)は、3分58秒12で8位だった。池江は第3泳者として、本職のバタフライで今大会初の決勝を泳いだ。レース後に… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com) 4人が一致団結していて素晴らしいレースでした。TV中継で見ていてその姿が伝わる位必死なのが分かりました。 本当にお疲れ様でした❗

“過去最高の3人”が予選落ち 山県「100mとは違う」リレーで逆襲へ - 陸上 - 東京オリンピック2020 : 日刊スポーツ世界の前に完敗した。注目の男子100メートル。日本勢3人は全員予選落ちで、準決勝に進めなかった。9秒95の日本記録を持つ山県亮太(29=セイコー)は3組で10… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com) 日本はお家芸の水泳、体操、柔道ですごい数の金メダルを取り、今からの競技が重要視されますね。しかしあくまでも東京オリンピックだから複数のマイナーな競技を含め様々な競技を強化してきているから、金メダルは増えていくでしょう。

中国の蘇炳添が衝撃のアジア新9秒83で決勝進出 男子100m - 陸上 - 東京オリンピック2020 : 日刊スポーツ中国の蘇炳添(ソ・へイテン、31)が衝撃的なアジア記録を樹立し、決勝進出を決めた。準決勝3組1着となる9秒83(追い風0・9メートル)を記録。序盤から飛び出し… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com) マスターが趣味でやってるご近所の喫茶店。毎月20万円も売上なかったのに、協力金で毎月120万もお金もらえてるみたい…しかも自分の家の一角でやってるから家賃なし。 毎月6倍以上の臨時収入、もう1300万円超えてるんだって協力金…なんでこんなとこにお金あげてんの? おめでとうございます サイゼリヤやスシローの社長の年収よりも、そこらにある零細個人飲食店店主の方が年収が高くなる異常事態…協力金バブル 今後も協力金が増える見込み 払うのは見ているもらっているところとは関係ない人ですよ・・・

陸上男子100mヤコブスが金メダル 「ポスト・ボルト」時代の新王者 - 陸上 - 東京オリンピック2020 : 日刊スポーツラモントマルチェル・ヤコブス(26=イタリア)が9秒80で制し、「ポスト・ボルト」時代の新王者に輝いた。19年世界選手権覇者のコールマンが薬物規定違反による資… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

波乱!陸上100m優勝候補の米国ブロメルが決勝逃す 10秒00で3着 - 陸上 - 東京オリンピック2020 : 日刊スポーツ優勝候補に挙げられていたトレイボン・ブロメル(26=米国)が、10秒00の2組3着でまさかの決勝進出を逃した。人類最速を決めるこの競技は、16年リオデジャネイ… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)