Codes_Revıewed, Dısableusercomments, Synd, Wsj-Pro-Wsj Japanese, Fırst_Publısh_Headlıne|買収目的会社spacブーム、バブル懸念拭えず, Headlıne|買収目的会社spacブーム、バブル懸念拭えず, Subject|Jwsj, Lınk:En|Https://Www.Wsj.Com/Articles/Wall-Streets-Hottest-Financing-Tool-Makes-Me-Worry-About-The-Ma

Codes_Revıewed, Dısableusercomments

買収目的会社SPACブーム、バブル懸念拭えず

現在は明らかなバブル候補が2つあるが、特別買収目的会社(SPAC)のブームは、ある意味で特に気掛かりだ。

2020/10/20 8:15:00

買収目的会社SPACブーム、バブル懸念拭えず 現在は明らかなバブル候補が2つあるが、特別買収目的会社(SPAC)のブームは、ある意味で特に気掛かりだ。

現在は明らかなバブル候補が2つあるが、特別買収目的会社(SPAC)のブームは、ある意味で特に気掛かりだ。

――筆者のジェームズ・マッキントッシュはWSJ市場担当シニアコラムニスト資産バブルを見極めるのは難しい。必ずといっていいほど状況を正当化する理由が語られるからだ。運河、鉄道、インターネットは実際に経済に革命を起こすことになった。バブルの過ちとは、革新によって正当化されるものと価格が乖離(かいり)してしまうことにある。バブルを見極めようとする中で難しいのは、本当はどれくらいの価格が正当で、乖離がどこまで大きくなるかを判断することだ。現在は明らかなバブル候補が2つある。いつものことながら、どちらの成功にももっともな根拠がある。ハイテク大手の高利益と成長見通しは、新型コロナウイルス対策のロックダウン(都市封鎖)やほとんど無期限の低金利がもたらす恩恵とされ、高いバリュエーションが正当化されている。これもいつものことながら、どこまで上昇すれば高過ぎるのか、が問題だ。

桃太郎が「パリピ太郎」に…岡山駅前のイルミネーションが話題 - ライブドアニュース 「NEWS」メンバーがコロナ感染 加藤シゲアキさんと小山慶一郎さん - 毎日新聞 「力が……欲しいか?」猫神様が降臨したような失敗写真が話題に - ライブドアニュース 続きを読む: ウォール・ストリート・ジャーナル日本版 »

遮光器土偶ニット帽1分で完売|NHK 青森県のニュース

青森県内にある縄文遺跡から出土した「遮光器土偶」をモチーフにして作られ、好評を集めて完売した手編みのニットの帽子が、27日、およそ1年ぶり…