相撲

相撲

豊昇龍、一本背負いで白星 4年8カ月ぶりの大技 大相撲秋場所 | 毎日新聞

豊昇龍、一本背負いで白星 4年8カ月ぶりの大技 幕内では2017年初場所8日目に豪風(現押尾川親方)が魁聖に決めて以来です。

2021/09/20 15:30:00

豊昇龍、一本背負いで白星 4年8カ月ぶりの大技 幕内では2017年初場所8日目に豪風(現押尾川親方)が魁聖に決めて以来です。

大相撲秋場所9日目の20日、豊昇龍が驚異的な粘りから、柔道を思わせる豪快な一本背負いで白星をつかんだ。 立ち合いから若隆景に押し込まれたが、土俵際でのけぞりながら残すと、相手の右腕を抱えて最後は投げ飛ばした。際どい勝負に軍配は相手に上がったが、協議の末、差し違えで勝利を手にした。幕内では2017

元横綱・朝青龍を叔父にもつ豊昇龍は急性へんとう炎で5日目から休場したが、8日目から再出場して2連勝。「自分の動きがだんだん戻ってきた」と巻き返しを狙う。【村社拓信】 続きを読む: 毎日新聞 »

ファストファッションの末路……不必要になった衣服の埋め立て地 - BBCニュース

ファストファッションのブランド企業は、現代のトレンドやニーズを満たすため、衣服を過剰に生産している。その結果、西アフリカの国々には毎週、対処しきれない量の古着が輸入され、その一部は埋め立て地へ直行するという。

34歳妙義龍、関脇経験者の意地 1敗で食らいつく 大相撲秋場所 | 毎日新聞大相撲秋場所は18日、東京・両国国技館で7日目があり、前頭・妙義龍が志摩ノ海を寄り切りで破り6勝1敗とした。 横綱・照ノ富士が幕内で唯一全勝を守って突き進む中、34歳の妙義龍が1敗で食らいつき、意地を見せている。

豊昇龍が一本背負い!「自分でも分からなかった」幕内では豪風以来4年ぶり - 大相撲 : 日刊スポーツ東前頭筆頭の豊昇龍(22=立浪)が、一本背負いを決めた。同3枚目の若隆景(26=荒汐)と対戦。差されそうになった相手の右腕を抱えて網打ちを繰り出そうとしたが、… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com) 相撲中継では和暦で「平成29年」と言われていた。 >幕内で一本背負いが出たのは、2017年初場所中日に豪風が魁聖に決めて以来、4年ぶり。

新横綱は苦しむもの? 困難くぐり抜けた照ノ富士、逆転で全勝ターン:朝日新聞デジタル大相撲秋場所(東京・国技館)は8日目の19日、新横綱の照ノ富士が逆転勝利で全勝ターンを決めた。 結びの立ち合い。無傷の照ノ富士が一気に押された。玉鷲に右腕を封じられ、強烈なのどわを食らい、土俵際へ。… 久しぶりに横綱らしい相撲が観られて楽しいね。

けんちゃん、はるちゃんと力合わせ交通事故ゼロに 石巻の駐在所 | 毎日新聞宮城県石巻市鹿又(かのまた)にある石巻警察署鹿又駐在所の花壇で、交通安全を呼びかける「けんちゃんのアサガオ」と「はるちゃんのヒマワリ」が咲いている。東京都と京都府で亡くなった男児2人にちなんだアサガオとヒマワリだ。鹿又駐在所で勤務する佐藤道輝駐在所長(49)が種を植えて育てた。21~30日は秋の全

オンラインクレーンゲームの景品は… 「巣ごもり需要」で町おこし | 毎日新聞埼玉県横瀬町の特産品が、オンラインを使ったクレーンゲームの景品になる。新型コロナウイルス感染拡大で需要が低迷する地域の生産者と、「巣ごもり需要」が拡大している業界を町が結びつけた。同ゲーム事業会社「GRIP(グリップ)」(東京都渋谷区)が24日にも、イチゴジャムなど3商品を景品デビューさせる。 射幸心を煽るだけのビジネスが多すぎだな ビジネスと言えば、なんでも正当化されるらしい

逼迫する医療 自宅療養と入院難民の先にある「多死社会」 | | 吉田啓志 | 毎日新聞「政治プレミア」新型コロナウイルス感染症の治療について、政府は入院対象者を重症患者や特に重症化リスクの高い人に絞り込み、原則自宅療養とすることを可能とする方針に転じた。 急激な感染拡大に慌てふためいたあげくの窮余の策だ。とはいえ、国の大方針は以前から医療も介護も「在宅」が基本。コロナ禍での「入院難民」の続出は、 どこでインタビュー受けてんの? 多死社会?、 死者数が11年ぶりに減少したって言うのに? 都知事様ご見解「入院難民発生のsituation はvery regrettableで今後のunknown epidemyのpossibility をconsiderする上でessential factor として非常にimportantな matterで御座います。今後もdaily life with coronaがlast longで御座います.東京のCitizenにもCooperationをお願いします」オホホ。