誘惑断ち引き締まった日本ハム吉田輝星、危機感募らせ先陣アピール意欲 - プロ野球 : 日刊スポーツ

誘惑断ち引き締まった日本ハム吉田輝星、危機感募らせ先陣アピール意欲 #吉田輝星 #npb #lovefighters #北海道日本ハムファイターズ

吉田輝星, Npb

2022/01/28 0:46:00

誘惑断ち引き締まった日本ハム 吉田輝星 、危機感募らせ先陣アピール意欲 吉田輝星 npb lovefighters 北海道日本ハムファイターズ

今年も先陣を切ってアピールだ! 日本ハム 吉田輝星 投手(21)が、1軍キャンプ地の沖縄・名護で先乗り自主トレを実施。昨季はわずか1試合の登板に終わり、「去年以上… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

◇ ◇ ◇【一覧】プロ野球12球団キャンプ 1、2軍メンバー振り分けキャンプインまで1週間を切り吉田は「筋量は増えて、体脂肪率は、かなり減っているので、いい状態で来ている」と手応えを示した。昨年12月から炭水化物の摂取を抑える「ケトジェニックダイエット」に取り組み、体脂肪率を約5%カットした。「我慢しています。隣で(伊藤)大海さんがチョコを食ったり、秋田の友達はドライブスルーでマックを頼んで『めちゃくちゃうめー』とか言って食ってました」と、誘惑を仕掛けてくる周囲に苦笑い。それでも「迷ったけど食べませんでした。卵、肉、魚があれば飽きないので、我慢できています」と誘惑を振り払い、体を仕上げてきた。「今の数値は内緒ですけど、目標はあと1・8%減くらい。ピッチャーとしてちょうどいいところを探して、やっていきます」。

昨季の春季キャンプでも、初実戦となった紅白戦で先発。2回を無失点に抑えた。今季も初戦から登板し、新庄監督にアピールしていくつもりだ。「最初からアピールしないといけない立場。先発はいい人たちがたくさんいるので、勝てるように、集中して練習して、試合では結果を出せるようにしたい」と闘志を燃やした。26日にはブルペンで今年初めて捕手を座らせて投球。変化球も交えて約40球を投じた。「思ってたよりよかった。体重移動もしっかりできていたので、投げすぎに注意してやっていきたい」。昨秋のキャンプでは新庄ビッグボスから直球を絶賛されており、「真っすぐはもちろん、フォークとかカットボールも練習していかないといけないので、そこは徐々にやっていきます」と意気込んだ。

続きを読む: 日刊スポーツ »

映画『ソニック・ザ・ムービー/ソニック VS ナックルズ』の吹替版「本編映像」が公開。ソニックがダンスバトルを仕掛けられるものに。ドリカムの中村正人氏が映画吹き替え初挑戦

パラマウント・ピクチャーズは、映画『ソニック・ザ・ムービー/ソニック VS ナックルズ』の吹替版「本編映像」を公開した。 続きを読む >>

ヤクルト山野太一「ボディソープ凍らされたり…」奥川のいたずら好き暴露 - プロ野球 : 日刊スポーツヤクルト山野太一投手(22)は2軍キャンプでスタートを切る。コンディション不良のため今オフはトレーナー管轄で、戸田球場で自主トレを行った。「焦らず、1軍に上が… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

話しかけられず…ヤクルト5位竹山日向に憧れ奥川が助言「自分のペースで」 - プロ野球 : 日刊スポーツヤクルトのドラフト5位の竹山日向投手(18=享栄)が、憧れの奥川の球筋にほれぼれした。戸田球場で初めてキャッチボールを目撃し「すごくキレのある球を投げていた。… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

ヤクルト小沢怜史「ラストチャンス」生き残りへ監督と同じ右横手投げ転向 - プロ野球 : 日刊スポーツ1軍キャンプ入りを決めたヤクルト育成の小沢怜史投手(23)が、崖っぷちからはい上がる。ソフトバンクを戦力外になって移籍2年目。生き残りをかけて昨年9月、右横手… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

阪神佐藤輝明「細かいとこまで意識」吉田正流「門外不出」訓練でマッチョ化 - プロ野球 : 日刊スポーツ阪神佐藤輝明内野手はオリックス吉田正流の「門外不出」の訓練でマッチョ化を進めている。糸井を通じて今月に吉田正に弟子入り。打撃技術とともにトレーニングの知識につ… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

阪神浜地真澄、千賀滉大との自主トレで変化球手応え「方向性が見つかった」 - プロ野球 : 日刊スポーツ阪神浜地真澄投手(23)がソフトバンク千賀滉大投手(28)との自主トレで収穫を得た。2度目の参加で主に課題の変化球を動画で研究して試行錯誤を重ねた。「フォーム… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

阪神伊藤将司、能見直伝フォーク武器に球団2年目左腕初の開幕投手狙う - プロ野球 : 日刊スポーツ阪神伊藤将司投手(25)が新たな武器を手に、開幕投手奪取を宣言した。25日に兵庫・西宮市の鳴尾浜球場で自主トレを行い、フォーク習得に自信を見せた。今月に沖縄県… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

今年も先陣を切ってアピールだ! 日本ハム吉田輝星投手(21)が、1軍キャンプ地の沖縄・名護で先乗り自主トレを実施。昨季はわずか1試合の登板に終わり、「去年以上にアピールしないといけない立場」と危機感を募らせている。初実戦となる2月6日の紅白戦での登板に意欲を示した。 ◇ ◇ ◇ 【一覧】プロ野球12球団キャンプ 1、2軍メンバー振り分け キャンプインまで1週間を切り吉田は「筋量は増えて、体脂肪率は、かなり減っているので、いい状態で来ている」と手応えを示した。 昨年12月から炭水化物の摂取を抑える「ケトジェニックダイエット」に取り組み、体脂肪率を約5%カットした。「我慢しています。隣で(伊藤)大海さんがチョコを食ったり、秋田の友達はドライブスルーでマックを頼んで『めちゃくちゃうめー』とか言って食ってました」と、誘惑を仕掛けてくる周囲に苦笑い。それでも「迷ったけど食べませんでした。卵、肉、魚があれば飽きないので、我慢できています」と誘惑を振り払い、体を仕上げてきた。「今の数値は内緒ですけど、目標はあと1・8%減くらい。ピッチャーとしてちょうどいいところを探して、やっていきます」。 昨季の春季キャンプでも、初実戦となった紅白戦で先発。2回を無失点に抑えた。今季も初戦から登板し、新庄監督にアピールしていくつもりだ。「最初からアピールしないといけない立場。先発はいい人たちがたくさんいるので、勝てるように、集中して練習して、試合では結果を出せるようにしたい」と闘志を燃やした。 26日にはブルペンで今年初めて捕手を座らせて投球。変化球も交えて約40球を投じた。「思ってたよりよかった。体重移動もしっかりできていたので、投げすぎに注意してやっていきたい」。昨秋のキャンプでは新庄ビッグボスから直球を絶賛されており、「真っすぐはもちろん、フォークとかカットボールも練習していかないといけないので、そこは徐々にやっていきます」と意気込んだ。 2年連続未勝利に終わっており、勝負の4年目。引き締めた体で剛球を投げ込み、ビッグボスのハートをつかむ。【小林憲治】 野球最新ニュース