認知症の兆候、血液検査で発見 シスメックスが23年にも

認知症の兆候、血液検査で発見 シスメックスが23年にも

2021/12/05 21:05:00

認知症の兆候、血液検査で発見 シスメックスが23年にも

アルツハイマー病の兆候を微量の血液で発見する技術が実用段階に入っている。血液検査装置大手のシスメックスは病院内で簡便に調べられる試薬を2023年春にも実用化する。アルツハイマー病は発症初期の治療が重要で薬の開発も進むが、初期段階の患者を見つける検査体制は未整備だ。低コストの検査が確立すれば診断や治療の流れが変わり、患者の生活の質向上や医療費抑制につながる。現在のアルツハイマー病の診断方法は問診

続きを読む: 日本経済新聞 電子版(日経電子版) »

セルティック、旗手怜央の加入後初ゴールなどで上位対決制す!リーグ戦3連勝に

【欧州・海外サッカー ニュース】ハーツとセルティックが対戦。 続きを読む >>

尿検査で癌を発見するのはインチキでしたよね。これは大丈夫かな? コロナワクチン接種の副作用だから想定通り 喫煙は認知症のリスクを上げる。 ※「喫煙はアルツハイマーを予防する」という説が根強くあるが、あれはタバコ御用学者が発表した嘘。後に真逆の発表がされても、先に発表されたインパクトの強い話が広まり、定着してしまっていて、嘘の方が社会的な通説になってしまう。 タバコ会社の得意技。 IRに必死