試してわかった「Apple Watch Ultra」ダイコン機能のメリット、デメリット - 週刊アスキー

2022/11/28 17:10:00

一足先に試してわかった「Apple Watch Ultra」ダイコン機能のメリット、デメリット #AppleWatch

一足先に試してわかった「Apple Watch Ultra」ダイコン機能のメリット、デメリット AppleWatch

筆者が奮発して「Apple Watch Ultra」を購入したのは、アプリ「Oceanic+」でダイブコンピューターの機能が使えるからだ。一足早くベータ版(英語)をテストしたので、ダイビングで使用して感じたメリットとデメリットを紹介する。

試してわかった「Apple Watch Ultra」ダイコン機能のメリット、デメリット 2022年11月28日 23時00分更新 Apple Watch Ultraがダイブコンピューターになる 撮影協力:大松友美(ヒートハートクラブ石垣島) 筆者がこの秋奮発して「Apple Watch Ultra」を購入したのは、ダイブコンピューター(以下、ダイコン)の機能が使えると聞いたからだ。そのアプリ「Oceanic+」が本体の発売から遅れること約2ヵ月、ようやくApp Storeで公開されるという。公開前のベータ版(英語)を一足早くテストしたので、ダイビングで使用して感じたメリットとデメリットを紹介する。 Apple Watch Ultraのダイコン機能に感じた5つのメリット メリット1:普段使っているApple Watchがダイコンになる 最大のメリットはなんといっても、普段使っているApple Watch Ultraがそのまま海で使えることだ。Oceanic+は水深や潜水時間、水温といったデータをリアルタイムに表示&記録できるほか、減圧停止をせずにその深さに止まれる時間を示す「無減圧限界時間」や、急浮上の警告、浮上前の「安全停止」のカウントなど、安全にダイビングを楽しむために欠かせない、ダイコンの機能が不足なく備わっている。 アカウントにはいざというときに緊急連絡先も登録するようになっている アプリをインストールしてサブスクリプションプランを課金すれば、これらの機能がApple Watch Ultraで使える。まずはiPhoneでアカウントを登録。ライセンス情報には取得している資格と識別番号のほか、ライセンスカードの写真も保存しておける。万が一カードを忘れたりなくしたときも、これがあればなんとかなるかもしれない。 これをオンにすると水中でアプリが自動的に起動する 一般的なダイコンでは海に入ると自動的にデータが記録されるが、Apple Watch Ultraでダイコン機能を自動起動するには、「設定」→「一般」→「自動起動」→「水中にいるとき」の「Appを自動起動」に、Oceanic+アプリを登録しておく必要がある。 エントリー後、この画面でアクションボタンを押すとダイコンに切り替わる 海に入ると水深1メートルほどで自動的に「プレダイブ」の画面が表示され、アクションボタンを押すとダイコンの画面に切り替わって、データが記録されるしくみ。水中ではタッチパネルは動作せず、水面にあがってデジタルクラウンを長押しし、ロック解除&水を排出するまでは、タッチ操作ができない。 この記事をシェアしよう.モダンなモノトーンのカラーリングに、シンプルながらも近未来感のあるウェーブデザインを採用。スタンドベースに搭載されたレインボーカラーのLEDランプは、各充電部からデバイスに充電することで発光が変化します。インテリアオブジェとして、アート感覚で楽しめます。 MagSafe対応iPhoneの背面を、強力な磁力で吸着。7.2万円台で多機能&ロングバッテリー「HUAWEI WATCH GT 3 SE」の使い心地をチェック 2022年11月27日 12時00分更新 文● 村元正剛(ゴーズ) 編集●飯島恵里子/ASCII 11月18日に発売したスマートウォッチ「HUAWEI WATCH GT 3 SE」。価格は2万7280円 ファーウェイが11月18日にスマートウォッチ「HUAWEI WATCH GT 3 SE」を発売した。「WATCH GT」シリーズは、ベーシックなアナログ腕時計を模した円形デザインで、必要十分な機能を備え、電池が長持ちすることでも人気のシリーズだ。3世代目の「WATCH GT 3」は2021年12月に発売され、今年7月にはプレミアムモデル「WATCH GT 3 Pro」が登場。 今回、ラインナップに加わる「WATCH GT 3 SE」は、従来モデルと同等の機能を備えつつ、カジュアルなデザインを採用。価格を少し抑えたモデルだ。どんな人に向いているのか? 発売に先駆けて使うことができたので、率直な使用感をレポートしたい。なお、筆者はiPhone 14 Proとペアリングして、1週間使用した。 HUAWEI WATCH GT 3 SEは2万7280円。筆者はiPhone 14 Proとペアリングして使った 軽やかな装着感で、スポーツ時にも適している印象.第94回ギフト・ショーにて大賞を受賞! 全体にLEDイルミネーションを搭載し、8インチウーファーと1インチツイーターを内蔵。Bluetooth接続で利用できます。FMラジオを内蔵するほか、USBメモリーの音楽を再生、オーディオケーブルで接続して音楽を流すこともできます。 内蔵バッテリーでスタンドアロンで利用できるほか、2台使えばステレオスピーカーとしても利用可能。.

続きを読む:
週刊アスキー »
Loading news...
Failed to load news.

iPhone、Apple Watch、AirPodsを3台同時に充電「3in1 Wave ワイヤレス充電スタンド」 - 週刊アスキーMagSafe対応のiPhone、Apple Watch、AirPodsを3台同時に充電可能なワイヤレススタンド

2万円台で多機能&ロングバッテリー「HUAWEI WATCH GT 3 SE」の使い心地をチェック - 週刊アスキーファーウェイの最新スマートウォッチ「HUAWEI WATCH GT 3 SE」を発売した。「WATCH GT」シリーズは必要十分な機能を備え、電池が長持ちすることでも人気のシリーズだ。

全身360度光る!? LEDイルミネーション搭載のパーティースピーカー - 週刊アスキーハンドルと車輪も搭載して全体が光るスピーカー「チコニア bluetooth全身発光スピーカー CTGY10A」販売中。

【格安スマホまとめ】ブラックフライデーではPixel、Galaxy、シャオミのSIMフリー機に注目 - 週刊アスキー格安SIM、SIMフリースマホの1週間の話題をまとめてお届けする本連載。今回は現在開催中のブラックフライデー関連セールのまとめ。また、povo2.0では、使い切らなかった通信量に応じて、ポイントを付与するキャンペーンを開始。

「アスキーグルメNEWS」生放送(2022年12月2日号) - 週刊アスキー「アスキーグルメNEWS」YouTube生放送🍚 次回は2022年12月2日(金)12時30分~ ぜひ見てください✨

LINE WORKSの音声&ビデオ通話でホワイトボードが使えるようになった! - 週刊アスキー仕事で使えるビジネス版LINEである「LINE WORKS」(ワークスモバイルジャパン)の連載では、アカウント作成の基本からビジネスシーンでの活用術、便利なTipsなどを紹介していく予定。第91回は、LINE WORKSの通話中に使えるようになったホワイトボードについて解説する。