紙面掲載記事, 欧州, 中東, 朝刊国際面, ナゴルノカラバフ, アルメニア, トルコ, シリア, アゼルバイジャン

紙面掲載記事, 欧州

親族「どこにあるか知らない国に行きたいと思う?」 紛争最前線に投入、シリア人多数死亡 - 毎日新聞

親族「どこにあるか知らない国に行きたいと思う?」 紛争最前線に投入、シリア人多数死亡

2020/11/06 1:25:00

親族「どこにあるか知らない国に行きたいと思う?」 紛争最前線に投入、 シリア 人多数死亡

雇い兵、 トルコ が派遣か ナゴルノカラバフ 周辺 アルメニア 人勢力が実効支配する アゼルバイジャン ナゴルノカラバフ 周辺で続く紛争で、 トルコ が友好国の アゼルバイジャン に「 シリア 人雇い兵」を派遣している模様だ。その多くは最前線に送り込まれているとみられる。

ナゴルノカラバフでは9月27日の戦闘開始以降、アゼルバイジャンとアルメニアがロシアなどの仲介で3度にわたって停戦で合意したが、戦闘はその後も続いている。アゼルバイジャン軍はアルメニア人勢力の支配していた南部のイラン国境地帯などを奪還し、さらに一部の部隊がナゴルノカラバフの内部にも進攻している模様だ。死者数はアルメニア人勢力だけで約1200人に達している。アゼルバイジャンは自軍の損害を公表していない。「誰がアゼルバイジャンに行きたいと思う? どこにあるかも知らないのに」。米紙ワシントン・ポストは10月14日、シリア人の親族の証言として、38歳と18歳の雇い兵がトルコ経由でアゼルバイジャンに送られ、すぐに死亡したと報じた。2人は月2000ドルの給料を約束されていたといい、親族はこう嘆いた。「カネが唯一の理由です」

入院できない...「私 死ぬかも」 | NHKニュース 都の自宅療養9442人 最多に - Yahoo!ニュース MTG最強カード「ブラック・ロータス」が出品 入札価格はすでに1億円超え - ライブドアニュース 続きを読む: 毎日新聞 »

「怖くて、悲しくて、おびえて、心配で」 ロンドン・ICU病棟の厳しい現実 - BBCニュース

BBCのファーガス・ウォルシュ医療担当編集長が、ロンドンのユニヴァーシティ・コレッジ病院の集中治療室を取材した。

「どこにあるか知らない国に行きたいと思う?」 小西ひろゆきの悪口はやめろ