西鉄バス死亡事故 運転手に禁錮1年求刑 遺族は猛省求める | 毎日新聞

西鉄バス死亡事故 運転手に禁錮1年求刑 この事故を巡っては、ネットに「自転車が急に車道側に出てきたのだろう」などとする投稿が相次ぎました。西鉄バス北九州の親会社の西日本鉄道は「投稿は事実と異なる内容であると認識している」と説明していました。

事件・事故・裁判, 福岡

2022/01/14 17:00:00

西鉄バス死亡事故 運転手に禁錮1年求刑 この事故を巡っては、ネットに「自転車が急に車道側に出てきたのだろう」などとする投稿が相次ぎました。西鉄バス北九州の親会社の西日本鉄道は「投稿は事実と異なる内容であると認識している」と説明していました。

北九州市小倉北区で2021年8月、自転車に乗っていた女性が路線バスにはねられ死亡した事故で、自動車運転処罰法違反(過失致死)の罪に問われた西鉄バス北九州運転手の北條太被告(38)は14日、福岡地裁小倉支部で開かれた初公判で起訴内容を認めた。検察側が禁錮1年を求刑して、即日結審した。判決は2月25日

起訴状などによると、北條被告は21年8月28日午後8時15分ごろ、小倉北区高浜1の国道3号でバスを時速約47キロで運転中、対向車線のバスを脇見し、前方を同一方向に走行していた自転車と衝突。自転車に乗っていた同区の無職女性(70)を転倒させ、多発外傷による出血性ショックで死亡させたとされる。北條被告は捜査段階の供述調書で脇見した理由を「対向バスがどこ行きなのか気になった」と説明。被告人質問で「対向バスに視線を送ることは多々あった。慣れという油断があった」と話した。検察側は論告で「最も基本的な注意義務を怠り、過失は極めて重大」と指摘。21年5月にも西鉄バス北九州の路線バスが重傷事故を起こしたことに触れ「社内でも運転に注意を払うように周知されていた状況も鑑みれば、過失はより重大」と主張した。弁護側は「被告は深く反省、後悔している。会社も辞めざるを得ない」として執行猶予付き判決を求めた。

この事故を巡っては、ニュース配信サイトのコメント欄などに「自転車が急に車道側に出てきたのだろうとしか思えない」などとする投稿が相次いだ。親会社の西日本鉄道(福岡市)は21年8月31日、「事故の原因は、当該乗務員の前方不注意によるものと考えている。一部インターネット上で被害者の方に原因がある旨の投稿が多数見られるが、事実と異なる内容であると認識している」とホームページなどで説明する異例の対応を取っていた。被害者参加制度を利用して公判に参加した女性の遺族は意見陳述で、ネット上で女性に向けられた中傷について「悔しくて仕方なかった」と振り返った。また「(西鉄バス北九州の)管理監督責任や、事故を想定した訓練の実施状況、安全装置の未設置など、企業責任も追及せざるを得ない」と言及し、北條被告に対しては「厳罰は求めない」としつつ猛省を求めた。【成松秋穂】

続きを読む: 毎日新聞 »

ゾンビを畑で生産し武器や料理に変えて世紀末を生き残る『DEADCRAFT』発売開始。ゾンビと人間のハーフの主人公となり、労働力の死体を鞭打ち自給自足生活

マーベラスは5月20日(金)、開発を手がけるゾンビサバイバルアクションゲーム『DEADCRAFT』について、PC(Steam)版の配信を開始した。 続きを読む >>

小島よしおさん JA小松市の農業応援大使に 創立50周年で | 毎日新聞JA小松市(石川県小松市)は今年で創立50周年を迎えることを記念し、お笑いタレントの小島よしおさんを農業応援大使に任命した。12日に委嘱式が行われ、小島さんは「小松の子供たちに野菜の魅力や農業の楽しさを面白く伝えていきたい」と意気込んだ。 農業の重要性をオッパッピしてくれ。

「関西スーパー各店を差別化」 H2O食品事業トップ、林克弘副社長 | 毎日新聞2021年12月に関西スーパーマーケット(兵庫県伊丹市)と経営統合したエイチ・ツー・オー(H2O)リテイリング(大阪市)で、スーパーも含めた食品事業のトップを務める林克弘副社長(63)が毎日新聞の取材に応じた。首都圏地盤のディスカウントスーパー、オーケー(横浜市)との争奪戦を制し、「ようやくスター

ロシア主導部隊、カザフから撤退へ 治安安定のため2000人派遣 | 毎日新聞中央アジア・カザフスタンのトカエフ大統領は12日、抗議デモ後の治安安定のため派遣されたロシア主導の集団安全保障条約機構(CSTO)の部隊が13日に撤退を開始すると明らかにした。最も被害が大きかった最大都市アルマトイを訪問し、開催した会議で述べた。インタファクス通信が伝えた。 毎日新聞ニュース 情報提供誠にありがとうございます。

ボートレースで選手死亡 他艇と接触し転覆 東京・府中 | 毎日新聞12日、東京都府中市のボートレース多摩川で行われた第6レースで、小林晋選手(44)=東京=が他艇と接触して転覆、後続艇とも接触した。病院に搬送され治療を受けたが、同日午後3時52分に死亡が確認された。日本モーターボート競走会が発表した。ボートレースでの選手の死亡事故は2020年2月9日以来32件目 追悼。安らかに。 真剣にやってるから こそのリスク 安全にとか言ってるが 他艇に当たらぬようにレースできるわけない 前のボートの引き波もある 川なら激しい流れもある 海ならうねりもある そこで全速でターン 技術があっても ターンがふくらむこともある そこで ギリギリ戦ってる みんな命かけてやってんだよ

日本海側、14日にかけて暴風雪の恐れ 気象庁、警戒呼びかけ | 毎日新聞強い冬型の気圧配置の影響で、北日本から西日本の日本海側を中心に、14日にかけて荒れた天気になる所があるとして、気象庁は12日、暴風雪や大雪、吹きだまりによる交通障害、暴風や高波に警戒を呼び掛けました。

オランダ五輪委、選手に北京へのスマホやPCの不携帯要請 諜報懸念 | 毎日新聞オランダ・オリンピック委員会が2月の北京冬季五輪に出場する同国選手に、中国の諜報活動を懸念して携帯電話やパソコンを携行しないように求めたと11日、地元紙が報じた。ロイター通信によると、同紙は情報筋の話としてオランダ・チームは選手らに未使用の機器を用意するとした。

。 起訴状などによると、北條被告は21年8月28日午後8時15分ごろ、小倉北区高浜1の国道3号でバスを時速約47キロで運転中、対向車線のバスを脇見し、前方を同一方向に走行していた自転車と衝突。自転車に乗っていた同区の無職女性(70)を転倒させ、多発外傷による出血性ショックで死亡させたとされる。 北條被告は捜査段階の供述調書で脇見した理由を「対向バスがどこ行きなのか気になった」と説明。被告人質問で「対向バスに視線を送ることは多々あった。慣れという油断があった」と話した。 検察側は論告で「最も基本的な注意義務を怠り、過失は極めて重大」と指摘。21年5月にも西鉄バス北九州の路線バスが重傷事故を起こしたことに触れ「社内でも運転に注意を払うように周知されていた状況も鑑みれば、過失はより重大」と主張した。弁護側は「被告は深く反省、後悔している。会社も辞めざるを得ない」として執行猶予付き判決を求めた。 この事故を巡っては、ニュース配信サイトのコメント欄などに「自転車が急に車道側に出てきたのだろうとしか思えない」などとする投稿が相次いだ。親会社の西日本鉄道(福岡市)は21年8月31日、「事故の原因は、当該乗務員の前方不注意によるものと考えている。一部インターネット上で被害者の方に原因がある旨の投稿が多数見られるが、事実と異なる内容であると認識している」とホームページなどで説明する異例の対応を取っていた。 被害者参加制度を利用して公判に参加した女性の遺族は意見陳述で、ネット上で女性に向けられた中傷について「悔しくて仕方なかった」と振り返った。また「(西鉄バス北九州の)管理監督責任や、事故を想定した訓練の実施状況、安全装置の未設置など、企業責任も追及せざるを得ない」と言及し、北條被告に対しては「厳罰は求めない」としつつ猛省を求めた。【成松秋穂】 関連記事