英国, 中国, Synd, Wsj-Pro-Wsj Japanese, Lınk:En|Https://Www.Wsj.Com/Articles/U-K-S-Biggest-Naval-Fleet-İn-Decades-To-Flex-Muscle-With-Eye-On

英国, 中国

英空母群が東アジア進出、対中牽制と米軍支援へ

英空母群が東アジア進出、対中牽制と米軍支援へ #英国 #中国

2021/05/14 9:45:00

英空母群が東アジア進出、対中牽制と米軍支援へ 英国 中国

ここ数十年で最も強力な英国艦隊が今月、世界40カ国をめぐる航海に出発する。米国が中国の影響力拡大に対抗しようとしているインド太平洋海域を中心に英国の軍事力を誇示することが狙いだ

英国の新たな外交戦略の中核を担う新型空母2隻のうちの1隻であるクイーン・エリザベスが、空母打撃群の指揮艦となる。こうした行動は、米国との「特別な関係」を固め、北大西洋条約機構(NATO)や世界の他の国々との同盟関係を強化することを目指したものだ。欧州連合(EU)から既に離脱している英国は最近、軍の見直しを行い、冷戦時以来最大の軍事費増額を約束した。英国は、特殊部隊と無人機を増やすなど、より機動的で装備の充実した軍隊を作り上げるための予算を増やすため、陸軍を縮小し、戦車戦力を削減しつつある。ベン・ウォレス英国防相は「われわれの規模は全体として、超大国から何光年も離れており、すべての基地を常時カバーできる態勢を取るという選択肢は持ち得ない」と語った。

YouTubeが2017年1月1日以前にアップロードされた限定公開動画を非公開に - ライブドアニュース 40頭の牛が食肉加工工場から大脱走 アメリカ・カリフォルニア - ライブドアニュース 好きな「スーパーマリオ」のキャラクター 1位はマリオ抑え「ヨッシー」 - ライブドアニュース

ウォレス氏によれば、英国はもはや、従来型の戦争を遂行できる巨大な陸軍を必要としていない。その代わりに必要になっているのは、海外に派遣され、対立が生じている地域で同盟諸国を支援し、敵対勢力の行動を阻止するための、より小規模だが、より装備が充実した戦力だという。米国は引き続き、こうした構想の基盤になっている。クイーン・エリザベスには、英国の8機の最新鋭戦闘機、ロッキード・マーチン製F35Bとともに、米海兵隊から派遣された同様の戦闘機10機が艦載されている。艦船8隻から成る今回の空母打撃群は、同国の海上軍事行動としては1982年のフォークランド紛争以来最大の規模だ。同打撃群には、空と海中からの脅威に備えるため、米国の駆逐艦1隻が合流する。またオランダのフリゲート艦も加わる予定だ。

南シナ海を航行する予定のこの英国主導の艦隊は、ブレグジット(英国のEU離脱)後も同国が世界の経済的、軍事的プレーヤーであり続けるという姿勢を打ち出すものでもある。英国は昨年、軍事力を強化し、これまでの資金不足を埋め合わせるため、今後4年間で2019年度予算を320億ドル(約3兆5000億円)上回る国防費を支出すると発表した。英海軍にとっては、改めて海軍力を重視するこうした流れは、島国である同国が海洋帝国となった時代への復帰を小規模ながら印象付けるものだ。しかし、それは代償を伴う。英国の陸軍兵力は現在の7万6000人から、2025年までに7万2500人に削減され、戦車の数も減らされる。ただし、残る戦車の装備は強化される。こうした戦力削減は、冷戦時代に重視されていた欧州本土での従来型地上戦に向けた戦闘能力を低下させる恐れがある。また、イラク、アフガニスタンなど海外に軍を派遣する際の能力を損なう可能性もある。 headtopics.com

野党労働党で国防担当の報道官を務めるジョン・ヒーリー氏は陸軍縮小を批判し、「海外への展開、同盟国の支援と強い国防力と抵抗力の維持を同時に実現する能力を著しく制限する恐れがある」と述べた。英国はこれまで、ロッキード・マーチン製のF35B戦闘機(写真)を138機購入するとしていたが、現在のところ48機の購入にとどまっいるPhoto:一部の英議員および防衛アナリストは新戦略について、英国が米国の補佐役として、単独ではあまり力を発揮できない軍事的役割を担っていることを浮き彫りするものだと指摘する。英国の軍事アナリスト、ジュリアン・リンドリー・フレンチ氏はこれに関する分析で「一部はこれをプードルの歯が数本増えるものの、それがプードルであることには変わりないと表現するだろう」と書いた。

同氏はインタビューで、「それが英国の地位を下げるわけではない。それがわれわれの果たす役割であり、計画の中心だ」と答えた。ウォレス国防相は、この計画によって英国が一段と米国の軍事力に依存するようになると指摘する軍事アナリストの主張が「完全に間違っている」と話す。同国防相は「われわれの国際的な連携の一部は、他のさまざまなパートナーに焦点を当てたものになる。米国だけでない」と述べ、大国が全面的な戦争をすることなしに影響力を競い合う「グレーゾーン」と呼ばれる地域において、紛争が展開されることが増えていると指摘した。

英国は情報収集、監視や偵察といった活動への投資を強化している。また、米国の陸軍特殊部隊(グリーン・ベレー)に相当するレンジャー連隊を新設し、海外での秘密任務に従事させている。同氏によると、英国のより独立した軍隊によって、必ずしも米国に依存しなくても、その場で同盟関係を構築することが可能になっている。ウォレス国防相は「われわれは持たない機甲師団を持っているふりをするつもりはないし、ラップを巻かれて動けない船を持つつもりもない」と述べる。ウォレス氏は、「米国が中国の方向に傾く中、イスラム主義の脅威が増している欧州が、アフリカでもっと活動する必要があるのかもしれない」と述べた。ただし、アフリカの欧州部隊は依然として、米国の情報および補給支援に依存している。

英陸軍の縮小によって、欧州のNATO加盟国は、ロシアを抑止し必要であれば対ロシア防衛に取り組むよう一段の圧力を受ける可能性がある。欧州のNATO加盟国は、2014年にロシアがウクライナに侵攻して以降、何十億ドルも軍事予算を増やしている。しかし、欧州最大の経済を持つドイツの国防費は依然として、NATOの目標である国内総生産(GDP)の2%を大幅に下回っている。米欧州陸軍の司令官を務めていたベン・ホッジス退役中将は、「将来の戦争について話すことがはやっている。戦車は時代遅れだとか、地上部隊が中心ではないといった話だ。しかし、われわれはこうした従来型の戦力も強化する必要がある。それこそロシア人、中国人およびイラン人が持ち合わせているものだ」と述べる。 headtopics.com

暴走老人アクションゲーム『Just Die Already』無料アップデートで対人戦要素が追加。老人VS老人でわずかな年金を奪い合え - ライブドアニュース ハリソン・フォード「インディ・ジョーンズ」新作撮影中に負傷 - ライブドアニュース カンテレの「ジャニ勉」が6月30日で終了 14年2カ月の歴史に幕 - ライブドアニュース

英国は、ロシアの動きに対抗するため構成された4部隊の1つとしてエストニアでのNATO加盟国による合同派遣軍を率いている。ウォレス国防相は「米国とは別に欧州諸国は友好国、同盟国による大規模部隊を構築している。それがNATOだ」と指摘した。また「7万6000人の常備軍ならできるが、7万2000人の常備軍だとできないなどとは言えるはずがない」と語った。英艦隊の増強は米海軍にとって時宜にかなったものだ。米海軍は中東地域での関与に加え、ロシア海軍の復活、中国海軍の台頭により活動領域の拡大を余儀なくされている。とりわけ中国は海軍力を増強しており、2隻の空母を保有するほか、少なくとももう1隻を建造中だ。

英海軍の空母打撃群は、派遣地域の拡大で増している米海軍空母11隻の負担を幾分軽減する。イタリアのナポリを母港とする米第6艦隊の元司令官で退役米海軍大将のジェームズ・フォゴ氏は「米国は単独では対応できない」と語る。その上で同氏は「英国は明確なビジョンを持ち、そのために資金を投入している」と指摘した。他の欧州同盟国も海軍力を増強しつつある。フランスは昨年、新たな原子力空母建造計画を公表しており、今年2月には同国の原子力潜水艦のうちの1隻が南シナ海を航行したことを明らかにした。南シナ海は中国が領有権を主張している海域だ。

マリでのフランス軍主導のイスラム過激派掃討作戦に参加した英軍ヘリ(2019年3月)Photo:daphne benoit/Agence France-Presse/Getty Images英空母打撃群は約2万6000カイリを航海し、インド、日本、韓国、シンガポールに寄港する。また地中海で仏海軍の空母とともに演習を行い、これら演習にはカナダ、デンマーク、ギリシャ、イスラエル、イタリア、日本、アラブ首長国連合(UAE)の艦船、航空機も参加する。同打撃群はまた、太平洋海域でマレーシア、シンガポール、オーストラリア、ニュージーランドとも合同演習を行う。

英政府はこれまでにF35Bを138機購入する意向を明らかにしているが、実際に購入契約を結んだのはわずか48機で、このうち納入されたのは21機となっている。このため、一部政治家は、空母クイーン・エリザベスおよびその姉妹艦であるプリンス・オブ・ウェールズの甲板に配備される航空機がごくわずかになるのを懸念している。英下院防衛委員会の委員長を務める保守党のトビアス・エルウッド議員は昨年12月の同委員会で、「私の懸念は、当初の意欲的計画に遠く及ばず、素晴らしい姿の空母甲板に特別あつらえの航空機はあるものの、その数はわずかという状態になることだ」と語った。 headtopics.com

続きを読む: ウォール・ストリート・ジャーナル日本版 »

【東京五輪・パラ】 選手村を公開 新型コロナウイルス対策は - BBCニュース

BBCのウィングフィールド=ヘイズ東京特派員が選手村を訪れ、どのような感染対策がとられているのか取材した。