舞台「ハリー・ポッターと呪いの子」主演に石丸幹二、藤原竜也、向井理の3人「3人で一丸」

舞台「ハリー・ポッターと呪いの子」主演に石丸幹二、藤原竜也、向井理の3人「3人で一丸」 #芸能ニュース #ニュース

芸能ニュース, ニュース

2022/01/22 23:03:00

舞台「ハリー・ポッターと呪いの子」主演に石丸幹二、藤原竜也、向井理の3人「3人で一丸」 芸能ニュース ニュース

俳優の石丸幹二(56)、藤原竜也(39)、向井理(39)が、7月8日に開幕する世界的大ヒット映画「ハリー・ポッター」シリーズの続編となる舞台「ハリー・ポッターと呪いの子」(東京・TBS赤坂ACTシア

映画の世界興行収入が1兆円を超える大ヒットシリーズが、生の舞台で帰ってくる。主人公の3人は、2年にも及ぶオーディションを経ての大役決定。石丸は、「やっと決まったと(周囲に)言える。アトラクションのような劇になるはず」。藤原が「僕がハリー・ポッター役というと、どこか笑われるけど楽しみです」と言えば、向井も「お祭りのような雰囲気が新鮮」と続けた。開局70周年を迎えるTBSと大手芸能事務所・ホリプロがタッグを組んで製作する同作は、2007年(日本は08年)出版の第7作「ハリー・ポッターと死の秘宝」から19年後の世界が舞台。ハリーの次男・アルバスを中心に、ロンやハーマイオニーら、おなじみのキャラクターも登場する。実際に父親でもある向井と藤原は「家族だけど、別の人間でもある。実際に家庭内である、変な間を出していきたい」と声をそろえた。

16年に物語の舞台でもある英ロンドンで初演され、これまで世界5都市で計420万人を動員。ロンドンでは、今も公演が続く。アジア初となる日本も、セリフ劇では前代未聞の無期限ロングランを予定している。3人での長期間公演に石丸は「公演中も成長し、それぞれの味わいが出てくる。見る時によっても違ってくるのでは。早く稽古がしたい」。藤原も「3人でやるから、客観的に役を見られる。1人で抱え込まず、ある時は3人で一丸となってやりたい」と稽古を待ち望んだ。TBS赤坂ACTシアターは、本作の専用劇場として大規模改修工事を実施。CGを一切使うことなく、ファイアアクション、フライング、イリュージョンを駆使した舞台が予定されている。向井は「読み物が映像化され、それが舞台になる。感覚をフルに使って、生を体感してほしい」。藤原も「演劇とは違う次元のステージの作品になる」と声を大にしていた。

続きを読む: スポーツ報知 »

第33期女流王位戦:北海道新聞 どうしん電子版

北海道新聞のニュースサイト「どうしん電子版」では北海道内の最新ニュースのほか、北海道外の話題や出来事をまとめてお届けします。 続きを読む >>

おさむっち相変わらず背が高くて顔小さい😍 好き 向井理、顔ちっちゃ🤭

時代を語る・佐々田亨三(39)戦前から教育熱脈々|秋田魁新報電子版今、手元に一冊の分厚い本があります。タイトルは「ふるさと秋田の学び」。秋田の教育の土台である「ふるさと教育」の定本教材です。秋田の自然、歴史、文化、産業を総合的に学べる内容です。平成8(1996)年…

舞台「ハリー・ポッターと呪いの子」藤原竜也、石丸幹二、向井理が“19年後のハリー・ポッター”役に決定! | WEBザテレビジョン舞台「ハリー・ポッターと呪いの子」藤原竜也、石丸幹二、向井理が“19年後のハリー・ポッター”役に決定! 藤原竜也 石丸幹二 向井理 舞台ハリポタ hpstagetokyo

舞台 ハリポタ役は藤原竜也ら - Yahoo!ニュース【舞台 ハリポタ役は藤原竜也ら】 舞台「ハリー・ポッターと呪いの子」が、7月8日に開幕する。厳しいオーディションを勝ち抜いた日本オリジナルキャストとして、父親になったハリー・ポッターを藤原竜也、石丸幹二、向井理が、回替わりのトリプルキャスト制で務める。 小池徹平あたりが似てるけどなあ。 宮野真守でええやん 藤原竜也さん「エ'ク'ス'ペ'ク'ト'パ'ト'ロ'ー'ナ'ァ'ア'ア'ア'ム'!!」

舞台「ハリー・ポッター」は藤原竜也、石丸幹二、向井理のトリプルキャスト - ライブドアニュース1000RT:【7/8開幕】舞台『ハリー・ポッターと呪いの子』ハリー役は藤原竜也、石丸幹二、向井理のトリプルキャスト 度重なる映像オーディションを経て、海外スタッフとの対面オーディションに臨み、アジアで初となる世界的ヒット舞台のタイトルロールの座を勝ち取った。 ハリー「キンキンに冷えてやがるっ、、、!!ありがてぇ!!」 魔法の世界…「悪魔的だぁ〜!!」 突然デスゲームが始まったりするのかな✨

舞台版“ハリー・ポッター”役は3人 藤原竜也、石丸幹二、向井理「大変光栄」「真摯に作品に向き合う」TBSとホリプロが共同でプロデュースし、7月8日に開幕する舞台『ハリー・ポッターと呪いの子』。厳しいオーディションを勝ち抜いた日本オリジナルキャストとして、父親になったハリー・ポッターを藤原竜也、石丸幹二、向井理が、回替わりのトリプルキャスト制で務める。 「ハリー・ポッター」シリーズの原作者であるJ.K.ローリングは、長年、自身の小説の舞台化の話を断ってきたが、「家族、愛、喪失をテーマに、ハリー・ポッターの19年後の新たなストーリーを舞台化する」というプロデューサーの提案に初めて共感し、プロジェクトがスタート。原作者自ら演出家、脚本家とともに原案を練り上げた。 これまでにロンドン、ニューヨーク、サンフランシスコ、オーストラリア・メルボルン、ドイツ・ハンブルクの5都市で開幕し、大ヒットを記録。来春にはカナダ・トロントでも開幕。東京公演はアジアとしては初、世界では7番目の上演となる。キャスト陣は、度重なる映像オーディションを経て、昨年春には来日した海外スタッフとの対面オーディションに臨み、その座を勝ち取った。 これまでに英国演劇界の最高名誉であるローレンス・オリヴィエ賞、米国演劇界の最高名誉であるトニー賞を含む60以上の演劇賞を世界中で獲得している本作は、演劇作品としてこれまでの常識を覆す記録的な成功を収めている。 本作の最大の魅力は、世界のエンターテインメントを牽引する一流スタッフが知恵と技術を結集して創り上げた「ハリー・ポッター」の世界観を“体感”できること。原作ファンも、そうでない人も楽しめるストーリー、次から次へと飛び出す魔法の数々、「ハリー・ポッター」の世界に入り込んだような舞台美術と衣装、独創的で心躍る音楽など、体感する全てが、観客を魔法の空間にいざなう。 東京公演は1部制で、上演時間は休憩を含めて3時間30分を予定。チケット金額も発表され、通常の座席のほか、ハリー・ポッターの世界観を存分に味わえる「9と4分の3番線シート」も発売される。特別なデザインをあしらったチケットと限定の非売品グッズの特典に加え、ひと足先に劇場ロビーに入って魔法の世界を独占できるという、ハリー・ポッターファンにとってはたまらない座席だ。さらに、抽選で当選した人のみが5000円でチケットを購入できる希少な「ゴールデン・スニッチチケット」も発売。抽選は毎週行われ、エントリーするには公式ホームページからメルマガ登録が必要となる。 7月8日の初日に先立ち、6月からプレビュー公演を実施することも決定。プレビュー公演の詳細は2月17日正午に発表され、2月23日・24日の2日間限定で、プレビュー公演のチケットを発売することも決定した。 借金こさえて地下労働して国盗り企んでる元〇し屋の料理人なハリーポッターか…

舞台版ハリー・ポッター役が決定アジア初上演となる世界的ヒット舞台「ハリー・ポッターと呪いの子」(7月8日開幕、東京・TBS赤坂ACTシアター)の日本オリジナルキャストが22日に発表され、父親になった主...

ター)で、主演のハリー・ポッター役をトリプルキャストで務めることが22日、発表された。3人は「生で『ハリー・ポッター』を体感してほしい」と意気込みを語った。 映画の世界興行収入が1兆円を超える大ヒットシリーズが、生の舞台で帰ってくる。主人公の3人は、2年にも及ぶオーディションを経ての大役決定。石丸は、「やっと決まったと(周囲に)言える。アトラクションのような劇になるはず」。藤原が「僕がハリー・ポッター役というと、どこか笑われるけど楽しみです」と言えば、向井も「お祭りのような雰囲気が新鮮」と続けた。 開局70周年を迎えるTBSと大手芸能事務所・ホリプロがタッグを組んで製作する同作は、2007年(日本は08年)出版の第7作「ハリー・ポッターと死の秘宝」から19年後の世界が舞台。ハリーの次男・アルバスを中心に、ロンやハーマイオニーら、おなじみのキャラクターも登場する。実際に父親でもある向井と藤原は「家族だけど、別の人間でもある。実際に家庭内である、変な間を出していきたい」と声をそろえた。 16年に物語の舞台でもある英ロンドンで初演され、これまで世界5都市で計420万人を動員。ロンドンでは、今も公演が続く。アジア初となる日本も、セリフ劇では前代未聞の無期限ロングランを予定している。 3人での長期間公演に石丸は「公演中も成長し、それぞれの味わいが出てくる。見る時によっても違ってくるのでは。早く稽古がしたい」。藤原も「3人でやるから、客観的に役を見られる。1人で抱え込まず、ある時は3人で一丸となってやりたい」と稽古を待ち望んだ。 TBS赤坂ACTシアターは、本作の専用劇場として大規模改修工事を実施。CGを一切使うことなく、ファイアアクション、フライング、イリュージョンを駆使した舞台が予定されている。向井は「読み物が映像化され、それが舞台になる。感覚をフルに使って、生を体感してほしい」。藤原も「演劇とは違う次元のステージの作品になる」と声を大にしていた。 ◆「ハリー・ポッターと呪いの子」