舞台「ハリー・ポッター」は藤原竜也、石丸幹二、向井理のトリプルキャスト - ライブドアニュース

7月8日に開幕する舞台「ハリー・ポッターと呪いの子」(東京・赤坂ACTシアター)で、ハリー・ポッター役を務めるのが藤原竜也(39)石丸幹二(56)向井理(39)の3人に決まったことが22日、分かった。TBS系「王様の

2022/01/22 5:20:00

1000RT:【7/8開幕】舞台『ハリー・ポッターと呪いの子』ハリー役は藤原竜也、石丸幹二、向井理のトリプルキャスト 度重なる映像オーディションを経て、海外スタッフとの対面オーディションに臨み、アジアで初となる世界的ヒット舞台のタイトルロールの座を勝ち取った。

7月8日に開幕する舞台「ハリー・ポッターと呪いの子」(東京・赤坂ACTシアター)で、ハリー・ポッター役を務めるのが藤原竜也(39)石丸幹二(56)向井理(39)の3人に決まったことが22日、分かった。TBS系「王様の

3人は、度重なる映像オーディションを経て、昨年春に来日した海外スタッフとの対面オーディションに臨み、アジアで初となる世界的ヒット舞台のタイトルロールの座を勝ち取った。回替わりで主役のハリー・ポッターを演じるトリプルキャスト制となる。藤原は「世界で愛されている大ベストセラーシリーズに出演できること、大変光栄に思います。海外スタッフによる数度のオーディションは緊張しましたが、非常に貴重な経験となりました。“ハリー・ポッター”という世界を、ファンの方だけでなく、演劇を見たことのない方にも楽しんでいただけるよう、とにかく精いっぱい演じます」とコメント。

石丸は「ブロードウェイで見た時の興奮が忘れられない。めくるめくような魔法の嵐に、どよめきが沸きおこり、ハリーたちと一緒に客席もハラハラドキドキ。こんな夢のような体験を、日本で味わえるなんて。しかも、今度は俳優として舞台上で。皆さん、ぜひお楽しみに!」と呼び掛けた。向井は「舞台でも魔法がたくさん出てきて、自分が演じていなくても見に行きたいほど面白い舞台です! その作品に出演者として最初に関われることがとても楽しみで、オーディションに参加してよかったと思っています。今までどおり、真摯(しんし)に作品に向き合いたいと思います」と力を込めた。

続きを読む: ライブドアニュース »

国後島の沿岸で新たに1人の遺体 ロシア側から外務省に連絡

関係者によりますと、19日までに国後島の沿岸で新たに1人の遺体が発見され、ロシア側から19日、外務省に連絡があったということです。 続きを読む >>

画像だけ見たら、シェフのなんかの舞台かと思ったら魔法使いだった 突然デスゲームが始まったりするのかな✨ 完全に悪の魔法使い大幹部三人衆なビジュアルになるのどう゛し゛て゛だよ゛ぉ゛ぉ゛ 魔法の世界…「悪魔的だぁ〜!!」 ハリー「キンキンに冷えてやがるっ、、、!!ありがてぇ!!」

舞台版“ハリー・ポッター”役は3人 藤原竜也、石丸幹二、向井理「大変光栄」「真摯に作品に向き合う」TBSとホリプロが共同でプロデュースし、7月8日に開幕する舞台『ハリー・ポッターと呪いの子』。厳しいオーディションを勝ち抜いた日本オリジナルキャストとして、父親になったハリー・ポッターを藤原竜也、石丸幹二、向井理が、回替わりのトリプルキャスト制で務める。 「ハリー・ポッター」シリーズの原作者であるJ.K.ローリングは、長年、自身の小説の舞台化の話を断ってきたが、「家族、愛、喪失をテーマに、ハリー・ポッターの19年後の新たなストーリーを舞台化する」というプロデューサーの提案に初めて共感し、プロジェクトがスタート。原作者自ら演出家、脚本家とともに原案を練り上げた。 これまでにロンドン、ニューヨーク、サンフランシスコ、オーストラリア・メルボルン、ドイツ・ハンブルクの5都市で開幕し、大ヒットを記録。来春にはカナダ・トロントでも開幕。東京公演はアジアとしては初、世界では7番目の上演となる。キャスト陣は、度重なる映像オーディションを経て、昨年春には来日した海外スタッフとの対面オーディションに臨み、その座を勝ち取った。 これまでに英国演劇界の最高名誉であるローレンス・オリヴィエ賞、米国演劇界の最高名誉であるトニー賞を含む60以上の演劇賞を世界中で獲得している本作は、演劇作品としてこれまでの常識を覆す記録的な成功を収めている。 本作の最大の魅力は、世界のエンターテインメントを牽引する一流スタッフが知恵と技術を結集して創り上げた「ハリー・ポッター」の世界観を“体感”できること。原作ファンも、そうでない人も楽しめるストーリー、次から次へと飛び出す魔法の数々、「ハリー・ポッター」の世界に入り込んだような舞台美術と衣装、独創的で心躍る音楽など、体感する全てが、観客を魔法の空間にいざなう。 東京公演は1部制で、上演時間は休憩を含めて3時間30分を予定。チケット金額も発表され、通常の座席のほか、ハリー・ポッターの世界観を存分に味わえる「9と4分の3番線シート」も発売される。特別なデザインをあしらったチケットと限定の非売品グッズの特典に加え、ひと足先に劇場ロビーに入って魔法の世界を独占できるという、ハリー・ポッターファンにとってはたまらない座席だ。さらに、抽選で当選した人のみが5000円でチケットを購入できる希少な「ゴールデン・スニッチチケット」も発売。抽選は毎週行われ、エントリーするには公式ホームページからメルマガ登録が必要となる。 7月8日の初日に先立ち、6月からプレビュー公演を実施することも決定。プレビュー公演の詳細は2月17日正午に発表され、2月23日・24日の2日間限定で、プレビュー公演のチケットを発売することも決定した。 借金こさえて地下労働して国盗り企んでる元〇し屋の料理人なハリーポッターか…

舞台 ハリポタ役は藤原竜也ら - Yahoo!ニュース【舞台 ハリポタ役は藤原竜也ら】 舞台「ハリー・ポッターと呪いの子」が、7月8日に開幕する。厳しいオーディションを勝ち抜いた日本オリジナルキャストとして、父親になったハリー・ポッターを藤原竜也、石丸幹二、向井理が、回替わりのトリプルキャスト制で務める。 小池徹平あたりが似てるけどなあ。 宮野真守でええやん 藤原竜也さん「エ'ク'ス'ペ'ク'ト'パ'ト'ロ'ー'ナ'ァ'ア'ア'ア'ム'!!」

舞台「ハリー・ポッターと呪いの子」藤原竜也、石丸幹二、向井理が“19年後のハリー・ポッター”役に決定! | WEBザテレビジョン舞台「ハリー・ポッターと呪いの子」藤原竜也、石丸幹二、向井理が“19年後のハリー・ポッター”役に決定! 藤原竜也 石丸幹二 向井理 舞台ハリポタ hpstagetokyo

『ハリー・ポッター』のオープンワールドRPG『ホグワーツ・レガシー』は2022年発売、あらためて公式が告知。「2023年に延期か」という憶測を否定 | 電ファミニコゲーマー – ゲームの面白い記事読んでみない?『ハリー・ポッター』のオープンワールドRPG『ホグワーツ・レガシー』は2022年発売、あらためて公式が告知 「2023年に延期か」という憶測が海外メディアで流れるも、あらためて2022年に発売することが強調された。1800年代のホグワーツを舞台にまったく新しい物語を体験する 1800年代なので、ダンブルドアが学生やってる頃 つまり、ダンブルドアとクラスメートになれるかもしれないゲーム 神ゲー ついにか

福田ユミ&馬場園梓の二人芝居、下北沢駅前劇場で26日開幕「夢に向かって頑張る人へのエール」女優の福田ユミと元アジアンの馬場園梓がこのほどスポーツ報知の取材に応じ、舞台「ウェスティン―西へ帰る―」(26~30日、東京・下北沢駅前劇場)に向けて抱負を語った。

劇場版 舞台『刀剣乱舞』義伝 暁の独眼竜|キャスト・映画・最新情報一覧 | アニメイトタイムズ/ 実写映画『劇場版 舞台『刀剣乱舞』義伝 暁の独眼竜』本日公開🎉🎉🎉 \ 『劇場版 舞台『刀剣乱舞』義伝 暁の独眼竜』の情報まとめはこちら🙌 公開おめでとうございます😍 刀ステ 劇場版刀ステ 鈴木拡樹 荒牧慶彦 猪野広樹 東啓介 橋本祥平 健人

ブランチ」内で発表された。 3人は、度重なる映像オーディションを経て、昨年春に来日した海外スタッフとの対面オーディションに臨み、アジアで初となる世界的ヒット舞台のタイトルロールの座を勝ち取った。 回替わりで主役のハリー・ポッターを演じるトリプルキャスト制となる。 藤原は「世界で愛されている大ベストセラーシリーズに出演できること、大変光栄に思います。海外スタッフによる数度のオーディションは緊張しましたが、非常に貴重な経験となりました。“ハリー・ポッター”という世界を、ファンの方だけでなく、演劇を見たことのない方にも楽しんでいただけるよう、とにかく精いっぱい演じます」とコメント。 石丸は「ブロードウェイで見た時の興奮が忘れられない。めくるめくような魔法の嵐に、どよめきが沸きおこり、ハリーたちと一緒に客席もハラハラドキドキ。こんな夢のような体験を、日本で味わえるなんて。しかも、今度は俳優として舞台上で。皆さん、ぜひお楽しみに!」と呼び掛けた。 向井は「舞台でも魔法がたくさん出てきて、自分が演じていなくても見に行きたいほど面白い舞台です! その作品に出演者として最初に関われることがとても楽しみで、オーディションに参加してよかったと思っています。今までどおり、真摯(しんし)に作品に向き合いたいと思います」と力を込めた。 小説、映画ともに世界中で人気の「ハリー・ポッターシリーズ」舞台版は、小説の最終巻から19年後を描いた物語。1部と2部に分けて上演され、ハリー・ポッターの次男アルバスを中心に話が進む。映画でおなじみのキャラクターも登場し、原作ファンも楽しめる内容となっているという。 TBS開局70周年を記念した上演で、制作はミュージカル「ビリー・エリオット」「メリー・ポピンズ」などの海外作品にも定評のあるホリプロが担当する。会場の赤坂ACTシアターは、専用劇場に改修された。 16年7月に始まった同舞台は、ロンドン、ニューヨークなどで420万人を動員するほどの人気ぶり。アジア圏では初上演となるだけに、注目が集まっている。 英国では24の名だたる演劇賞を総なめにし、アメリカでもトニー賞の最優秀作品賞などを獲得した話題作だ。