自然を守るために地球とセックスする「エコセクシャル」な人たち

自然を守るために地球とセックスする「エコセクシャル」な人たち(2018)

2020/04/01 17:45:00

自然を守るために地球とセックスする「エコセクシャル」な人たち(2018)

木々と性行為を行ったり、エロティックに植物に話しかけたり、岩と結婚式を挙げたり、泥の中で愛の営みを行うことで地球に愛を示したりすることで、地球や自然を守ろうとする活動家たちが存在します。聞いただけでは何がなんだかわかりませんが、活動家たちは数を増やし、どんどんムーブメントが大きくなっているとのこと。

「私たちは地球を愛の営みを行います。私たちは水や炎、空を性的に愛し、恥じることなく木と抱き合い、地球を足でマッサージし、エロチックに植物に話しかけます。私たちは裸で水にもぐり、太陽を崇拝し、星と見つめ合います。滝にによって愛される岩を愛撫(あいぶ)し、地球の丸みに敬服します。五感を通じて地球と愛の営みを行い、Eスポットの存在を祝います。私たちはとてもみだらなのです」つまり、エコセクシュアリティを掲げる人によって、地球は「母」ではなく「恋人」なのです。 続きを読む: GIGAZINE(ギガジン) »

フェミ様激おこ案件 実際に記事読んでみたら思った以上に変態だった。 意味わからんわ。 ちゃんと出し入れしないと快楽は手に入らないでしょうよ。 俺はトラやライオン、オオカミなんかの大型肉食獣と交わってみたいんだ。 記事に出てたやつらは救いようがない。 地球に訴えられろ。 ・・・? 地球の合意得てないからレイプですやん… 変態すぎ 「まだ出るの!?…ふふっ、大地のチカラ、感じるわぁ…♡」 けっこう昔、なんかの映画でアフリカの成人式のシーンがあって、男性が地面に穴をほって、そこにチンチン突っ込むのを見たことがある。中で果てるまで続けるらしい。 無事に済まないだろうな。