自民派閥、コロナ急増で研修会中止・縮小相次ぐ

2022/08/13 12:08:00

自民党の各派閥が新型コロナウイルス流行の「第7波」を受け、夏の開催を予定していた研修会の中止や規模縮小を決めている。国会議員の感染者も相次ぎ、土壇場で開催を見…

自民派閥、コロナ急増で研修会中止・縮小相次ぐ 自民派閥の研修会は、お盆の前後に避暑地などで宿泊を伴って行うことが多い。外部講師を招いた座学で研鑽を深めつつ、所属議員同士の意見交換などを通じ、結束強化を図る狙いがある。

自民党の各派閥が新型コロナウイルス流行の「第7波」を受け、夏の開催を予定していた研修会の中止や規模縮小を決めている。国会議員の感染者も相次ぎ、土壇場で開催を見…

自民派閥の研修会は、お盆の前後に避暑地などで宿泊を伴って行うことが多い。外部講師を招いた座学で研鑽(けんさん)を深めつつ、所属議員同士の意見交換などを通じ、結束強化を図る狙いがある。今年は参院選があり、新人議員が加入した派閥も多い。ただ、昨夏は政府が新型コロナ対応の緊急事態宣言を出していたこともあり、全派閥が開催を見送った。移動を伴う大人数での活動は感染リスクを高め、有権者から厳しい目でみられる恐れがある。今年は感染が比較的落ち着いていた7月初旬ごろまで宿泊形式の研修会を計画する派閥が多かったが、その後、感染が拡大した。

森山派(近未来政治研究会、7人)は他派閥に先駆け、7月29日に鹿児島県霧島市で開催する予定だった。しかし、感染拡大に加え、所属議員の陽性も確認されたため、前日の同28日に開催見合わせを決めた。最大派閥の安倍派(清和政策研究会、97人)は長野県軽井沢町のホテルに宿泊して開催する案も検討したが、最終的に9月に東京都内のホテルで宿泊しない形式で開くことを決めた。麻生派(志公会、50人)は今月31日に横浜市内のホテルで開く方向だが、宿泊は取りやめた。岸田文雄首相(自民党総裁)率いる岸田派(宏池会、43人)も、9月6日に東京都内のホテルで研修会を予定するが、宿泊はしない。

続きを読む:
産経ニュース »

「本当はどこから来たの」 英王室関係者に再三聞かれた黒人活動家「暴力だと感じた」 - BBCニュース

故エリザベス女王の側近だった王室関係者が、バッキンガム宮殿の集まりに招かれたイギリス出身の黒人慈善活動家に対して「本当は」どこから来たのか繰り返し尋ねるなどしたことが明らかになり、謝罪するとともに王室での職を辞任した。当事者となったフラニ氏はBBCに対して、自分への再三の質問は「尋問」のようで、暴力だと感じたと話した。 続きを読む >>

あの方がいないとこやろ。ほんで自分らでまだ騒いでんかいな。呆れるなぁ

広島県が「医療非常事態警報」 人流増で感染急拡大、行動制限はせず - トピックス|Infoseekニュース新型コロナウイルスの「第7波」による感染急拡大で医療体制が逼迫(ひっぱく)しているとして、広島県の湯崎英彦知事は1【トピックス】

ANA、国際線4路線増便 バンコク・ロサンゼルス・シアトル・フランクフルト | FlyTeam ニュース全日空(ANA)は、2022年9月からバンコク、ロサンゼルス、シアトル、フランクフルトの国際線4路線を増便します。全国的にコロナ感染拡大の「第7波」が続いている中、9月以降の国際線で増便を決定していま...

行動制限ない盆休み、にぎわう岐阜県内観光地 無料検査所も混雑 | 岐阜新聞Web新型コロナウイルスの流行「第7波」が続く中、11日には帰省のピークを迎えて本格的な盆休みに入った。3年ぶりの行動制限のないお盆ということもあり、岐阜県内の観光地や行楽地はにぎわいをみせ、&ldq...

ファイザー飲み薬、投与敬遠 併用不可多く「改善必要」 - トピックス|Infoseekニュース新型コロナウイルス流行の「第7波」では、ワクチンとともに2種類の飲み薬が重症化予防の切り札になっている。ただ、世界【トピックス】 私のオゴリだ ∧_∧ (`・ω・) シュッ (つ と彡 / / / / / / // / / 旦 / ツツー / /

日経平均2万8000円に戻した株価の回復は「本物」か?米国をはじめとして世界中で利上げが続出し、新型コロナウイルス感染拡大「第7波」も重なる中、意外にも日経平均株価は堅調だ。ほぼ2万8000円まで戻したこの株価の回復は「本物」なのか考えてみよう。

コロナだけじゃない 小児科悲鳴新型コロナウイルスの流行「第7波」は子どもたちにも感染が広がり、兵庫県内の小児科が逼迫(ひっぱく)している。RSウイルスなど、コロナ以外の感染症の流行も混乱に拍...

自民党の各派閥が新型コロナウイルス流行の「第7波」を受け、夏の開催を予定していた研修会の中止や規模縮小を決めている。国会議員の感染者も相次ぎ、土壇場で開催を見合わせた派閥もある。7月の参院選や、今月10日の内閣改造後の研修会だったが、新型コロナが政治活動の制約になっている。 自民派閥の研修会は、お盆の前後に避暑地などで宿泊を伴って行うことが多い。外部講師を招いた座学で研鑽(けんさん)を深めつつ、所属議員同士の意見交換などを通じ、結束強化を図る狙いがある。今年は参院選があり、新人議員が加入した派閥も多い。 ただ、昨夏は政府が新型コロナ対応の緊急事態宣言を出していたこともあり、全派閥が開催を見送った。移動を伴う大人数での活動は感染リスクを高め、有権者から厳しい目でみられる恐れがある。 今年は感染が比較的落ち着いていた7月初旬ごろまで宿泊形式の研修会を計画する派閥が多かったが、その後、感染が拡大した。 森山派(近未来政治研究会、7人)は他派閥に先駆け、7月29日に鹿児島県霧島市で開催する予定だった。しかし、感染拡大に加え、所属議員の陽性も確認されたため、前日の同28日に開催見合わせを決めた。 最大派閥の安倍派(清和政策研究会、97人)は長野県軽井沢町のホテルに宿泊して開催する案も検討したが、最終的に9月に東京都内のホテルで宿泊しない形式で開くことを決めた。 麻生派(志公会、50人)は今月31日に横浜市内のホテルで開く方向だが、宿泊は取りやめた。岸田文雄首相(自民党総裁)率いる岸田派(宏池会、43人)も、9月6日に東京都内のホテルで研修会を予定するが、宿泊はしない。 今夏の開催中止を決めたのは茂木派(平成研究会、54人)だ。事務総長の新藤義孝元総務相は「秋以降、社会的状況を見て何らかの形で集まれるような場は作りたい」と語る。 二階派(志帥会、43人)も夏の開催を見送り、10月初旬に静岡県で泊まりがけの研修会を計画するが、今後の感染状況に気をもむことになりそうだ。(児玉佳子) 特集・連載: .[%=update_time.全日空(ANA)は、2022年9月からバンコク、ロサンゼルス、シアトル、フランクフルトの国際線4路線を増便します。全国的にコロナ感染拡大の「第7波」が続いている中、9月以降の国際線で増便を決定しています。 ■羽田/バンコク線 羽田/バンコク線は、9月18日から1日2便になります。このほか、成田発着でも1日2便を運航しており、成田・成田の2空港では1日4便になります。 NH849便 羽田 00:05 / バンコク 04:35 (火・金・土、9/18から毎日) NH847便 羽田 10:50 / バンコク 15:30 (変更なし、毎日) NH848便 バンコク 10:05 / 羽田 18:30 (火・金・土、9/18から毎日) NH850便 バンコク 21:35 / 羽田 05:50 (翌日) (変更なし、毎日) ■羽田/ロサンゼルス線 羽田/ロサンゼルス線は、すでに毎日運航しています。これと別の便を増便し、水・土以外は1日2便になります。このほか、成田発着で毎日運航されています。 NH106便 羽田 22:55 / ロサンゼルス 17:35 (変更なし、毎日) NH126便 羽田 21:05 / ロサンゼルス 15:35 (週3便、9/18から週5便:月・火・木・金・日) NH105便 ロサンゼルス 01:20 / 羽田 05:00 (翌日) (変更なし、毎日) NH125便 ロサンゼルス 17:15 / 羽田 20:55 (翌日) (週3便、9/18から週5便:月・火・木・金・日) ■成田/シアトル線 NH178便 成田 18:00 / シアトル 11:10 (週4便、9/16から週6便:火・水・木・金・土・日) NH177便 シアトル 13:05 / 成田 15:25 (週4便、9/16から週6便:火・水・木・金・土・日) ■羽田/フランクフルト線 羽田/フランクフルト線は、すでに毎日運航しています。これと別の便は、週3便で運航中ですが、10月から週5便に増便します。 NH223便 羽田 09:35 / フランクフルト 18:05 (週3便、10/4から週5便:月・火・木・金・土) NH203便 羽田 21:25 / フランクフルト 05:55 (翌日) (変更なし、毎日) NH204便 フランクフルト 12:10 / 羽田 08:10 (翌日) (週3便、10/4から週5便:月・火・木・金・土) NH224便 フランクフルト 19:10 / 羽田 15:10 (翌日) (変更なし、毎日) もっとくわしく見る.入り口に設置された消毒液で手指を消毒する来館者=11日午後1時49分、各務原市川島笠田町、世界淡水魚園水族館アクア・トトぎふ 臨時開設された無料検査拠点で検査を受ける人ら=11日午後1時33分、岐阜市橋本町、アクティブG 新型コロナウイルスの流行「第7波」が続く中、11日には帰省のピークを迎えて本格的な盆休みに入った。3年ぶりの行動制限のないお盆ということもあり、岐阜県内の観光地や行楽地はにぎわいをみせ、“ウィズコロナ”で感染対策をしながら観光を楽しむ家族連れの姿が見られた。一方、JR岐阜駅近くに設置された臨時の無料検査所には、抗原検査を受ける人が絶え間なく訪れた。 臨時の無料検査所は、帰省や旅行などで人の移動が増えることから、県がJR岐阜駅、大垣駅周辺に5~18日に設置。無症状者を対象に予約不要で午前10時から午後3時まで開設する。JR岐阜駅高架下のアクティブGの検査所は連日100人以上の利用があるといい、11日は午前中だけで70人ほどが訪れた。岐阜市の50代の女性は「お盆は親戚が来るので、その前に検査を受けて安心材料にしたかった」と話した。 高山市の古い町並みは、朝から多くの観光客でにぎわった。愛知県豊田市から家族5人で訪れた会社員の男性(46)は「感染は広がっているが、行動制限がないのは大きい。今まで我慢してきた分、対策を徹底した上で楽しみたい」と話した。雑貨店を営む女性(36)は「にぎわいが戻ってきてありがたい」と前向きに捉える一方で、第7波の感染状況に「また行動制限がかからないか不安」とも漏らした。 高山市越後町のホテルアソシア高山リゾートでは、感染拡大で宿泊のキャンセルが懸念されたが、お盆期間の予約は順調に推移しているという。小林直也営業部次長(48)は「旅行意欲の高まりもあり、宿泊客数は回復しつつある。感染対策をしっかりと講じ、安心・安全でお客さまを迎えたい」と話した。 家族連れに人気の高い、各務原市川島笠田町の世界淡水魚園水族館「アクア・トトぎふ」もにぎわった。駐車場には愛知、三重、滋賀など県外ナンバーの車が目立った。例年8月が年間で最も入場者が多く、コロナ禍以前は月8~9万人が来館していた。営業企画部シニアマネジャーの加藤仁史さんは「第7波の影響は多少はあるものの、今年はコロナ前の9割近い来館があるのでは」と期待。名古屋市から家族と来館した会社員の男性(33)は「まだ遠くに出かけることはないが、子どもが楽しめて涼める場所を求めて来た」と話していた。.