脱炭素で排出量取引の機運、日本での複雑な制度作り課題

脱炭素で排出量取引の機運、日本での複雑な制度作り課題

2021/05/01 23:28:00

脱炭素で排出量取引の機運、日本での複雑な制度作り課題

企業が排出できる温暖化ガスの量に上限を設け、過不足分を取引する排出量取引制度を巡り、国内で導入するかどうかの議論が活発になってきた。菅義偉首相の指示を受け、2月から環境省と経済産業省がそれぞれ有識者会議を設けて議論を始めた。欧州連合(EU)や韓国、中国などが既に導入しており、温暖化ガスの排出削減効果は期待できる。ただ公平な制度設計や重い行政コストなど課題も多い。排出量取引とは、政府が各企業の温

続きを読む: 日本経済新聞 電子版 »

秋元司衆院議員に懲役4年の実刑判決 IR汚職事件 東京地裁 | NHKニュース

【NHK】IR・統合型リゾート施設の事業をめぐる汚職事件で、収賄と証人買収の罪に問われた秋元司衆議院議員に東京地方裁判所は懲役4年…

天下り既得権益化が民間企業に援用され市場競争を阻害し、資本主義の自由を奪い国が経済に支配して、一部の既得権者の利益優先で社会主義化進む。 携帯料金がここまで下がり殿様経営。 電力も古い原発に依存し安全性、効率性無視。 民間企業の電通もJTBも天下り公務員支配で経営悪化。みんな税金依存