終末世界の侍が悪鬼を斬るスタイリッシュ・メトロイドヴァニアゲーム『ザ・デビルウィズィン:サッカッ』の映像が公開。「黒石塔」の影響で変貌した世界で、最後の侍として生き残りの住民を探せ

2022/08/12 6:57:00

Newcore Gamesは、2.5Dスタイリッシュアクションゲーム『The Devil Within : SATGAT(仮称)』(ザ・デビルウィズィン:サッカッ)のトレーラーを公開した。

電ファミニコゲーマー – ゲームの面白い記事読んでみない?, ニュース

終末世界の侍が悪鬼を斬る『ザ・デビルウィズィン:サッカッ』の映像が公開 「黒石塔」の影響で変貌した世界で、最後の侍として生き残りの住民を探せ。スタイリッシュアクションが特徴の メトロイドヴァニア ゲーム

Newcore Gamesは、2.5Dスタイリッシュアクションゲーム『The Devil Within : SATGAT(仮称)』(ザ・デビルウィズィン:サッカッ)のトレーラーを公開した。

– Newcore Games, 開発中のプロジェクト「The Devil Within : SATGAT」2023年Steamを通じて全世界同時発売する予定– 2分のデビュートレーラー公開!メトロイドヴァニアゲームの新しい可能性を見せるゲーム専門開発会社 Newcore Games(代表:イ・マンジェ)は、開発中のマルチプラットフォーム2.5Dスタイリッシュアクションゲーム「(仮称)The Devil Within : SATGAT(ザ・デビルウィズィン:サッカッ」を2023年、PCゲームプラットフォーム「Steam」を通じて全世界発売する計画

であり、ゲームに対する特徴およびトレーラー映像を初公開した。The Devil Within : SATGATは主君を失い、裏切られた武士が悪に染まった世界を救うために悪と死闘を繰り広げるストーリーの横スクロールメトロイドヴァニアゲームだ。グローバルアクションマニア層をターゲットに開発されて、PCとPS4、PS5などなど複数プラットフォームで発売される予定だ。ゲームの背景は突然現れた「黒石塔」の影響で飛躍的な発展を成し遂げた仮想の東洋から始まる。主な特徴を見ると、まず横スクロールベースのゲーム中最高レベルのアクションがその一つである。剣術アクションの場合、一般コンボだけではなく空中コンボも具現されているなど爽快な戦闘スタイルと打撃感が体感できるように設計されている。

続きを読む:
電ファミニコゲーマー »

京都 鴨川に不思議な石積みのアート現る | NHK | WEB特集

【NHK】京都市の鴨川。ロックバランシングと呼ばれる、様々な形の石を絶妙なバランスで積み上げるアート。魅了された男性を紹介。 続きを読む >>

全部カタカナにする必要あるんかな

2.5D武士アクション『The Devil Within: Satgat』発表。悪魔の血宿す半デビル武士が、滅亡した世界を駆け巡る - AUTOMATON韓国のデベロッパーNewcore Gamesは8月9日、新作2.5Dアクションアドベンチャー『The Devil Within: Satgat』を発表した。対応プラットフォームは PC ( Steam )。リリースは2023年を予定している。 半デビル武士とは

サバイバルSTG「Lost Light」9月1日リリース! 本日より事前登録スタート 報酬を解放できる事前登録イベント開催サバイバルSTG「Lost Light」9月1日リリース! 本日より事前登録スタート 報酬を解放できる事前登録イベント開催 LostLight

悪魔の血を引く滅亡した世界で戦う男の物語『The Devil Within: Satgat』2023年リリース!スタイリッシュなバトルが楽しめる探索アクションADV | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト悪魔の血を引く滅亡した世界で戦う男の物語『The Devil Within: Satgat』2023年リリース!スタイリッシュなバトルが楽しめる探索アクションADV 悪鬼を倒し、その力を奪い、世界滅亡の謎を解け。

リアル鉄道シム『Train Sim World 3』9月6日発売へ、国内展開も。 雪国から砂漠まで運行し気象までリアルに描く電車ゲーム - AUTOMATONDovetail Gamesは『Train Sim World 3』を現地時間9月6日に発売すると発表した。列車の操作に影響する天候システムを搭載した、鉄道シミュレーションゲームだ。

“特撮愛”あふれる怪獣・乱闘アクション『GIGABASH』が発売開始。『パワーストーン』や往年の「特撮ドラマ」などからインスパイア『パワーストーン』から影響を受けた“特撮愛”あふれる怪獣・乱闘アクション『GIGABASH』が発売開始 往年の「特撮映画」や『スマブラSP』などからインスパイアされたドタバタアクションがついにお披露目。日本語対応でプレイステーションとPCで展開する ukatujyu Gypsy Danger or riot. どちらかと言えばパワーストーンよりキング・オブ・ザ・モンスターズっぽい気がするw ゴモラレッドキングとヒッポリトバルタンやん

クトゥルフ神話を題材にした探索ゲーム『Cthulhu Mythos ADV 闇に囁く狂気』発表、見知らぬ廃病院で異形に立ち向かい脱出を目指すクトゥルフ神話を題材にした探索ゲーム『Cthulhu Mythos ADV 闇に囁く狂気』発表、9月に発売決定 ダイスロールと能力値で行動の成否が決まるTRPGの面白さを取り入れられており、見知らぬ「廃病院」で異形に立ち向かい脱出を目指す。VTuberの九畝くぜ氏がシナリオを担当 これでやっと自分もTRPGができる。ダイスもルルブもシナリオも買ったけど友達がどこのサイトにも売ってなかったから本当に助かる……。 1000RT:クトゥルフ神話を題材にした探索ゲーム『Cthulhu Mythos ADV 闇に囁く狂気』発表、9月に発売決定 ダイスロールと能力値で行動の成否が決まるTRPGの面白さを取り入れられており見知らぬ「廃病院」で異形に立ち向かい脱出を目指す。VTuberの九畝くぜ氏がシナリオを担当

“Newcore Games、2.』を発表した。対応プラットフォームは PC (Steam)。リリースは2023年を予定している。 本作は、悪魔の血が流れる武士の旅を描いた横スクロールアクションアドベンチャーだ。舞台となるのは、仮想の東洋。世界はある日突然現れた「黒石塔」から流れるエネルギーを利用し、飛躍的な発展を遂げていた。一方で、エネルギーに引き寄せられた悪鬼によって世界は滅亡してしまう。プレイヤーは武士の最後の生き残りとなって、人間の生存者を捜索。悪鬼を倒しながら滅びた世界の秘密に迫っていく。 本作では破壊されつくした都市や、生い茂ったジャングル、乾燥した砂漠地帯などのロケーションが登場するようだ。黒石塔の力による次元のゆがみで複雑に連結してしまった世界が、このゲームの舞台となる。それぞれに終末世界的な要素が足されており、美しいグラフィックの中にも荒廃した雰囲気が盛り込まれる様子だ。8月9日に公開されたトレイラーでは、壁がひび割れた地下鉄の駅構内や骨格がむき出しになったビル群、建設途中の地下道のようなエリアなどが登場。滅亡前の人類の文明レベルがうかがえる。 主人公は悪鬼との戦闘で、剣術や射撃術を駆使していくようだ。敵となる悪鬼は人型から機械昆虫のような姿までさまざま。トレイラーでは、切り裂く太刀筋が派手に輝き、空中攻撃や回避・ガードなどを盛り込んだ戦闘が確認できる。爽快感のあるアクションが期待できそうだ。 また、ゲームを中盤まで進めると、制御不能な力により主人公の見た目が変化する「悪鬼化」という状態が発生するとのこと。この状態では四つの属性を持つ新しいアクションが解禁されるそうだ。トレイラーの後半ではボスとみられる相手を倒した後、主人公が相手の力を吸収して左腕に宿す場面も。これも「悪鬼化」に関連する力のひとつかもしれない。幅広い攻撃手段をアンロックするようなシステムをうかがわせる。ただし、敵である悪鬼の力を行使する主人公の身体は、旅が進むにつれて悪に侵食されていくそうだ。己の中で膨らむ悪鬼を御す方法の探究も、主人公の目的のひとつとなるのだろう。 『The Devil Within: Satgat』はPC(.「Lost Light」は、2040年代を舞台にしたサバイバルシューティングゲーム。プレーヤーは、タスクフォース「ホタル」の一員として、秩序が崩壊し、多くの危険が潜む閉鎖エリアで生き残り、そこに隠された秘密や陰謀を探っていく。 本作では、クロスプラットフォームに対応し、Android版、iOS版、PC版を通してプレイができ、いつでもどこでも簡単にフレンドと対戦することができる。またPC版では、画質やUIに多くの改善が施されている。 本日8月11日からは、事前登録がスタート。合わせて、事前登録イベントが8月31日まで開催される。 事前登録イベントが8月11日から31日まで開催される。全世界の「ホタル」と共に、事前登録して報酬を解放しよう。イベントでは、個人の専用リンクを作成し、フレンドを誘って一緒に登録することで、事前登録の限定スキンと会員月間パスを獲得できるチャンスも用意されている。 会員月間パスは、育成効率を大幅に上昇させ、より少ないゲーム内通貨でボーナスを獲得することができる。事前登録イベントは全部で3つあり、イベント報酬は9月1日のリリース後に配布される。 イベントその1 フレンド4名を招待し、大量の銃弾、上級防具、フル装備銃器、カードケースなど戦場に欠かせないアイテムを解放。 イベントその2.本作は、悪魔の血を引く戦士の戦いを描いた、スタイリッシュな戦闘が楽しめる横スクロールアクション。人類が滅亡し悪鬼が徘徊するようになった世界を舞台に、突如現れた謎多き「黒い塔」を探索して世界の滅亡の秘密を探し出します。ステージは現代的な建築やジャングル、歪んだ世界など多くのロケーションが用意されています。 主人公はマップ内のボスを倒すことで、その力を身につけることが可能。スキルのアップグレードなどの要素も用意されています。また、ストアページに「旅が進むにつれて悪に浸食されていく体を制御できるよう手がかりを見つけなければなりません」と書かれているため、己自身の力と向き合うような物語も待ち受けているようです。 『The Devil Within: Satgat』は2023年にSteam向けに発売予定。コンソール向けの展開も予定しているようです。また、公式YouTubeでは本トレイラーのインストゥルメンタルバージョンも公開しています。.

5Dスタイリッシュアクション「The Devil Within:SATGAT」初公開” – Newcore Games, 開発中のプロジェクト「The Devil Within : SATGAT」2023年Steamを通じて 全世界同時発売する予定 – 2分のデビュートレーラー公開!メトロイドヴァニアゲームの新しい可能性を見せる ゲーム専門開発会社 Newcore Games(代表:イ・マンジェ)は、開発中のマルチプラットフォーム2.5Dスタイリッシュアクションゲーム「(仮称)The Devil Within : SATGAT(ザ・デビルウィズィン:サッカッ」を2023年、PCゲームプラットフォーム「Steam」を通じて全世界発売する計画 であり、ゲームに対する特徴およびトレーラー映像を初公開した。 The Devil Within : SATGATは主君を失い、裏切られた武士が悪に染まった世界を救うために悪と死闘を繰り広げるストーリーの横スクロールメトロイドヴァニアゲームだ。グローバルアクションマニア層をターゲットに開発されて、PCとPS4、PS5などなど複数プラットフォームで発売 される予定だ。 ゲームの背景は突然現れた「黒石塔」の影響で飛躍的な発展を成し遂げた仮想の東洋から始まる。主な特徴を見ると、まず横スクロールベースのゲーム中最高レベルのアクションがその一つである。剣術アクションの場合、一般コンボだけではなく空中コンボも具現されているなど爽快な戦闘スタイルと打撃感が体感できるように設計されている。 ゲームグラフィックはアンリアルエンジン4ベースで、2.5Dの環境で具現できる最高レベルの演出だと考えられる。そして中世的な雰囲気を表現した東洋風の背景を始め、 荒廃した世界各地を探検したり、この世とあの世を行き来する神秘的なファンタジー世界観など東洋と西洋が融合した美しいビジュアルを披露する予定である。 この他にもゲームが中盤まで進むと、ストーリーの流れに合わせて主人公が制御できない力によって外形が変化し、「悪鬼化」という状態になる。「悪鬼化」状態になると4つの属性を持つ新しいアクションが解禁され、自由に「悪鬼化」ができるメトロイドヴァニア段階では一本のアクション映画を見るような経験ができる見込みである。 現在開発中のプロジェクト「The Devil Within : SATGAT」が初公開した2分のトレーラーは悪鬼の力を受け入れて超人的な能力を発揮する主人公が現実と異世界を行き来する多様な舞台を背景にしている。 続いて基本的な一般攻撃とロケットランチャーを使う遠距離攻撃、そしてスキルを使用して悪鬼と機械モンスターを一掃する圧倒的な打撃感が目を奪う。映像の最後の部分ではライバルに見える人物との戦いで勝利を掴み取って彼の力を左腕に吸収する場面まで、スタイリッシュなゲームの一面が感じられる。 一方、Newcore Gamesは9月15日から東京幕張メッセで開催される東京ゲームショウ2022に参加する予定で、現場を訪れる一般訪問客及び企業に「The Devil Within: SATGAT」の魅力を紹介する計画である。 ページリンク .