米金利高一服、嵐の前の静けさか(NY特急便)(写真=AP)

2022/01/21 2:59:00

米金利高一服、嵐の前の静けさか(NY特急便)

米金利高一服、嵐の前の静けさか(NY特急便)

20日の米株式市場でダウ工業株30種平均は5日続落し、終値は前日比313ドル安の3万4715ドルだった。一時は400ドル以上高くなる場面もあったが、取引終了1時間ほど前から相場が崩れた。目立った悪材料が見当たらないなか、米連邦準備理事会(FRB)による金融引き締め路線を警戒する投資家の不安心理が浮き彫りになった。この日は、最近の株安の主因となっていた米金利は上昇一服となった。米長期金利の指標に

続きを読む: 日本経済新聞 電子版(日経電子版) »

三原羽衣、トップインフルエンサーから女優へ 「オオカミ」決定で奮起「悩みが沢山あった」<「オオカミちゃんとオオカミくんには騙されない」インタビュー連載Vol.10> - モデルプレス

モデルプレスは、8月14日よる10時よりABEMAにて放送開始となるオリジナル恋愛番組「オオカミちゃんとオオカミくんには騙されない」メンバーの素顔に迫る個別インタビューを10日連続で公開する。10人目は女優でインフルエンサーの三原羽衣(みはら・うい/19)。※毎日正午配信 続きを読む >>

ゴールドマン、最高益でも9%安 米株高に壁(NY特急便)(写真=AP)米株式市場では不安定な値動きが続いている。18日のダウ工業株30種平均は3営業日続落で終えた。構成銘柄の下落率トップは米金融大手ゴールドマン・サックス。一時9%安まで売られる場面があった。同日公表の2021年12月期決算では、12年ぶりに過去最高益を更新したが、投資家は「その先」を見極めようとしている。米株高持続に大きな壁が立ちはだかる。「ゴールドマンの調査を始めて以来、初めての経験だ」。米オ Eating the 7 day Passover meal of Ex 12:15 and tithing every 3 years of Deut 26:12 leads to Jesus' paradise of love in Mt 25:34. Not eating supper nor tithing leads to hell without return in Mt 25:41 and Eze 16:49.

ゴールドマン、最高益でも9%安 米株高に壁(NY特急便)(写真=AP)米株式市場では不安定な値動きが続いている。18日のダウ工業株30種平均は3営業日続落で終えた。構成銘柄の下落率トップは米金融大手ゴールドマン・サックス。一時9%安まで売られる場面があった。同日公表の2021年12月期決算では、12年ぶりに過去最高益を更新したが、投資家は「その先」を見極めようとしている。米株高持続に大きな壁が立ちはだかる。「ゴールドマンの調査を始めて以来、初めての経験だ」。米オ Eating the 7 day Passover meal of Ex 12:15 and tithing every 3 years of Deut 26:12 leads to Jesus' paradise of love in Mt 25:34. Not eating supper nor tithing leads to hell without return in Mt 25:41 and Eze 16:49.

NYダウ反発で始まる 好決算企業に買い(写真=AP)【NQNニューヨーク=古江敦子】19日の米株式市場でダウ工業株30種平均は4営業日ぶりに反発して始まり、午前10時現在は前日比127ドル44セント高の3万5495ドル91セントで推移している。市場予想を上回る決算を発表した銘柄が買われ、指数を押し上げている。長期金利は高止まりしているが、前日に大幅安となったハイテク株には値ごろ感から押し目買いも入っている。朝方に発表した2021年10~12月期

NYダウ続落122ドル安で推移 景気敏感株に売り強まる(写真=AP)【NQNニューヨーク=戸部実華】19日の米ダウ工業株30種平均は4日続落し、15時現在は前日比122ドル27セント安の3万5246ドル20セントで推移している。市場予想を上回る決算を発表した銘柄が買われて上昇して始まったが、買い一巡後は景気敏感株を中心に売り圧力が強まった。建機のキャタピラーや航空機のボーイング、クレジットカードのアメリカン・エキスプレスが安い。前日に市場予想を下回る決算を嫌気 まだ下がるん😃

WHO委、コロナ渡航制限「価値ない」 撤廃・緩和勧告(写真=AP)【パリ=白石透冴】世界保健機関(WHO)は19日、新型コロナウイルスの専門家による13日の緊急委員会の結果を公表した。同委員会は新型コロナに関わる渡航規制を撤廃するか緩めるよう加盟国に勧告した。実施する価値がなく、経済的・社会的な負担を各国に強いるためだとしている。同委員会は変異型「オミクロン型」が発見された後に各国が導入した渡航制限が感染拡大を防げず失敗だったとして「こうした対策が効果的でな WHOが渡航制限するなって事は 本当はした方がいいって事? わずか1ヶ月前に無駄なことを必死にやっていた国があった。 その国は今、感染爆発とか言って騒いでいる。 先手先手も、方向を間違えれば後手後手

北朝鮮、核実験とICBMの再開示唆 朝鮮中央通信(写真=AP)【ソウル=恩地洋介】北朝鮮の朝鮮中央通信は20日、党中央委員会の政治局会議を19日に開き、対米問題を討議したと伝えた。米国の敵視政策が危険な段階に達したとして、2018年以降に中断した「全ての活動」の再開を検討するよう指示したとしている。核実験や大陸間弾道ミサイル(ICBM)の発射再開を示唆しているとみられる。会議は金正恩(キム・ジョンウン)総書記が司会を務めた。同通信によると、会議はバイデン こいつの胸ぐらを掴んで「そんな金があったら国民にメシを供給しろ」と怒鳴りつけたい。 共産主義的国家って、意思決定力と実行力が化け物だよね。成功するしないに関わらず、社長案件はやるしかねぇ。 だって言っても聞かないんだもの! これで米国の軍事企業が儲かる。それを買わされる我が国

20日の米株式市場でダウ工業株30種平均は5日続落し、終値は前日比313ドル安の3万4715ドルだった。一時は400ドル以上高くなる場面もあったが、取引終了1時間ほど前から相場が崩れた。目立った悪材料が見当たらないなか、米連邦準備理事会(FRB)による金融引き締め路線を警戒する投資家の不安心理が浮き彫りになった。 この日は、最近の株安の主因となっていた米金利は上昇一服となった。米長期金利の指標にな.米株式市場では不安定な値動きが続いている。18日のダウ工業株30種平均は3営業日続落で終えた。構成銘柄の下落率トップは米金融大手ゴールドマン・サックス。一時9%安まで売られる場面があった。同日公表の2021年12月期決算では、12年ぶりに過去最高益を更新したが、投資家は「その先」を見極めようとしている。米株高持続に大きな壁が立ちはだかる。 【関連記事】.米株式市場では不安定な値動きが続いている。18日のダウ工業株30種平均は3営業日続落で終えた。構成銘柄の下落率トップは米金融大手ゴールドマン・サックス。一時9%安まで売られる場面があった。同日公表の2021年12月期決算では、12年ぶりに過去最高益を更新したが、投資家は「その先」を見極めようとしている。米株高持続に大きな壁が立ちはだかる。 【関連記事】.【NQNニューヨーク=古江敦子】19日の米株式市場でダウ工業株30種平均は4営業日ぶりに反発して始まり、午前10時現在は前日比127ドル44セント高の3万5495ドル91セントで推移している。市場予想を上回る決算を発表した銘柄が買われ、指数を押し上げている。長期金利は高止まりしているが、前日に大幅安となったハイテク株には値ごろ感から押し目買いも入っている。 朝方に発表した2021年10~12月期決算で1株利益と売上高が市場予想を上回った日用品のプロクター・アンド・ギャンブル(P&G)と医療保険のユナイテッドヘルス・グループが高い。2銘柄でダウ平均を100ドル以上押し上げている。 米長期金利は19日未明に一時1.

.. .