米軍、ソマリア再駐留へ バイデン氏がトランプ政権の決定覆す - BBCニュース

2022/05/17 6:36:00

BBCニュース - 米軍、ソマリア再駐留へ バイデン氏がトランプ政権の決定覆す

BBCニュース - 米軍、ソマリア再駐留へ バイデン氏がトランプ政権の決定覆す

アメリカのバイデン大統領は、トランプ前大統領の決定を覆し、アフリカ東部ソマリアへの米軍の再駐留を承認した。米政府関係者が16日、明らかにした。

再駐留は、ソマリアでの武装組織アル・シャバブとの戦いを支援するため、米国防総省が要請していた。ソマリアでは15日、大幅に遅れていた大統領選が実施され、元大統領で元平和活動家のハッサン・シェイク・モハムド氏が新大統領に選ばれた。これを受けてアメリカは、ソマリアにおける軍事的存在の再確立へと動き出した。駐留規模は米兵500人以下となる見込み。米国家安全保障会議(NSC)のエイドリアン・ワトソン報道官は、「ソマリアを都度出入りしていた、すでに関係地域にいる部隊の再配置」だと説明した。トランプ氏は2020年に、ソマリアから約700人規模の米軍部隊を撤退させた。ワトソン報道官は、トランプ政権による撤退は「早計」だったと、批判的な考えを示した。

続きを読む:
BBC News Japan »

\u30aa\u30ea\u30b8\u30ca\u30eb\u306e\u65e5\u672c\u8a9e\u30a2\u30cb\u30bd\u30f3\u4ed8\u304d\uff01\u3000VR\u30b7\u30e5\u30fc\u30c6\u30a3\u30f3\u30b0\u30b2\u30fc\u30e0\u300eRunner\u300f\u304c1980\/90\u5e74\u4ee3\u306e\u30a2\u30cb\u30e1\u30aa\u30de\u30fc\u30b8\u30e5\u306e\u30ed\u30fc\u30f3\u30c1\u30c8\u30ec\u30a4\u30e9\u30fc\u3092\u516c\u958b

VR\u30b7\u30e5\u30fc\u30c6\u30a3\u30f3\u30b0\u30b2\u30fc\u30e0\u300eRunner\u300f\u304c\u3001\u30ed\u30fc\u30f3\u30c1\u30c8\u30ec\u30a4\u30e9\u30fc\u3092\u516c\u958b\u3057\u305f\u3002\u306a\u3093\u3068\u65e5\u672c\u306e\u30a2\u30fc\u30c6\u30a3\u30b9\u30c8\u306b\u3088\u308b\u30aa\u30ea\u30b8\u30ca\u30eb\u30a2\u30cb\u30bd\u30f3\u4ed8\u304d\u3002 続きを読む >>

しっかり次の種を撒いておく ブラックホーク・ダウンにならないことを願う。 米国が民主党政権時には中東が不安定になる。人権問題バラマキ外交で親米国家を見捨て紛争再燃。 戦争商売まっしぐら 中間選挙まで時間もないしね 許可していません 米軍 皆 怒っていますので トランプ政権 クビにします 最善を尽くされることを望みます。

米軍、ソマリア再駐留へ 対過激派、前政権から転換 | 共同通信【ワシントン共同】米政府は16日、バイデン大統領がイスラム過激派組織アルシャバーブ対策のため米軍のソ...

トルコの大統領、北欧2カ国のNATO加盟に難色 - BBCニューストルコのエルドアン大統領は16日、フィンランドとスウェーデンの北大西洋条約機構(NATO)加盟への反対を改めて表明した。 トルコ邪魔。 中世の尻尾を残したまま近代の入り口辺りをうろついてる国はNATOに必要ないだろ。 だから トルコ は ロシア 側なんだってばさぁ。🙄💔 ま、親日だったトルコは、日本人を手放してしまいましたね。

米バッファローのスーパーで銃乱射、10人死亡 黒人狙った可能性 - BBCニュース米ニューヨーク州バッファローのスーパーで14日、男性が銃を乱射し、警察によると10人が死亡した。黒人の多く住む地域を意図的に狙ったとみられ、当局は人種差別に基づく犯行として捜査している。 相変わらず差別主義者が多い。 😨 他人を不当化しないと自分を正当化出来ないプーチンタイプ‼️ 対応面倒臭い‼️ 😰 シミそばかすが出来にくいから悔しいのかしら。

中国で失業率が上昇、ロックダウンで消費と生産に打撃 - BBCニュース中国の当局は16日、先月の失業率が6.1%に上昇したと発表した。新型コロナウイルス流行初期の2020年2月に6.2%のピークを記録して以来の高水準となった。 中国の場合、国民に接種されたワクチンが中国製のワクチンだった。高齢者への接種率が低くても、その世代の感染率自体も低い筈。つまりワクチンの効果が低く、充分な抗体がつくられていないことに問題があるのではないか。その場合、今後も新型コロナの流行が中国国内で起きるだろうとの予想が出来る。 中国のゼロコロナ政策は反対であるが、BBCニュースは信用できないよ。 失業ってある意味で幸福ですよ。 失業=経済からの解放

エリザベス英女王、即位70周年記念の馬術ショーに出席 - BBCニュースイギリスのエリザベス女王(96)は15日、即位70周年を記念する馬術ショーに出席した。イベントには俳優のトム・クルーズさんやデイム・ヘレン・ミレン、歌手キャサリーン・ジェンキンスさんも参加した。 白馬の騎士 なりたかった 強く早く 空にペガサス 流星 輝く ハレー また 即位 70年 おめでとうございます 偽物じゃん。

プーチン氏、フィンランドの中立放棄は「過ち」 - BBCニュースロシアのプーチン大統領は14日、北大西洋条約機構(NATO)への加盟を申請する方針を表明したフィンランドに対し、中立の放棄は「過ち」だと警告した。 中立放棄のは正解だ。 スターリンが奪ったフィンランド領を、返還してから言え! 誰もお前なんかと付き合いたがらね~よ😝お前がしでかした過ちはもう一千年以上消えない。これ以上世界に迷惑かけないでさっさとくたばれ。あの世でブチャの手首に一千年以上土下座し続けろ😝

アメリカのジョー・バイデン大統領は、ドナルド・トランプ前大統領の決定を覆し、アフリカ東部ソマリアへの米軍の再駐留を承認した。米政府関係者が16日、明らかにした。 再駐留は、ソマリアでの武装組織アル・シャバブとの戦いを支援するため、米国防総省が要請していた。 ソマリアでは15日、大幅に遅れていた大統領選が実施され、元大統領で元平和活動家のハッサン・シェイク・モハムド氏が新大統領に選ばれた。これを受けてアメリカは、ソマリアにおける軍事的存在の再確立へと動き出した。 駐留規模は米兵500人以下となる見込み。米国家安全保障会議(NSC)のエイドリアン・ワトソン報道官は、「ソマリアを都度出入りしていた、すでに関係地域にいる部隊の再配置」だと説明した。 トランプ氏は2020年に、ソマリアから約700人規模の米軍部隊を撤退させた。ワトソン報道官は、トランプ政権による撤退は「早計」だったと、批判的な考えを示した。 ソマリアのモハムド大統領は16日、就任に当たり、国際的なパートナーと緊密に連携すると約束した。 .【ワシントン共同】米政府は16日、バイデン大統領がイスラム過激派組織アルシャバーブ対策のため米軍のソマリア再駐留を承認したと発表した。外国駐留軍の縮小を目指したトランプ前大統領が退任間際の2020年12月に撤収を命じていたが、これを転換した。米政府高官は記者団に、駐留規模は「500人以下」とだけ説明した。 再駐留の承認は国防総省が要請した。トランプ氏が米兵約700人の撤収を命じた後、米軍は近隣地域から交代でソマリアに入って治安部隊への訓練などを続けていたが、入れ替わりのたびに中断するなど効率性や安全性に問題があった。.NATO加盟国のトルコは、フィンランドとスウェーデンの加盟の可否をめぐって鍵を握っている。エルドアン氏は、スカンジナビア半島に位置する両国に対し、トルコを説得するために代表団を派遣する必要はないと述べた。 同氏は両国について、クルド人武装勢力を積極的に受け入れているとして、怒りを抱えている。 ロシアのウラジーミル・プーチン大統領は、30カ国で構成する軍事同盟NATOにフィンランドとスウェーデンが参加する動きは、ロシアを直接脅かすものではないと話した。ただ、軍事インフラの拡張は、ロシアの対応を呼ぶことになると強調した。 不信感をあらわに エルドアン氏はこの日の記者会見で、フィンランドとスウェーデンのNATO加盟申請に反対だと表明。スウェーデンをテロ組織の「温床」と呼んだ。 さらに、「どちらの国も、テロ組織に対する態度を明確にせず、公表もしていない。どうすれば信用できるというのか」と述べた。 トルコは北欧の両国に対し、トルコがテロ組織とみなすクルド労働者党(PKK)のメンバーや、イスラム指導者フェトフッラー・ギュレン師の信奉者をかくまっていると非難している。トルコは同氏を、2016年のクーデター未遂の画策者だとしている。 エルドアン氏はまた、トルコに制裁を科した国によるNATO加盟申請を阻止すると宣言している。.ジェイムズ司法長官は、今回の事件について、「日々憎しみを糧にしている、病んで頭のおかしい人物によるもの」とし、「明白かつ単純な国内テロ」だと述べた。 ニューヨーク州のキャシー・ホークル知事は、「関係者は何を、いつ知っていたのか知りたい」とABCニュースに話した。 動画説明, ジョー・バイデン大統領は、捜査当局が事実関係を確認中だとした上で、司法省が憎悪犯罪(ヘイトクライム)として捜査していると指摘し、人種差別的な過激思想を強く非難した。 「私たちは皆で協力し、アメリカの魂についた汚点となっている憎悪に取り組まなくてはならない」と、バイデン氏は強調した。 地元住民は銃撃事件に衝撃を受けている。ロイター通信によると、15日の追悼集会に参加した1人は、「ただ胸が痛い。なぜそんなことをするのか」と話した。 事件を目撃した人は、「悪夢のようだ。(中略)テレビでは見たり聞いたりする。(中略)でも、自分がそこに居合わせるとは思ってもみなかった」と言った。 当局にすでに目をつけられていた人物が、なぜ乱射事件を起こせたのかといった疑問も持ち上がっている。 今回の事件は、アメリカで今年これまでに起きた銃乱射事件の中で最悪のものとみられる。同国では年間約4万人が、銃器が絡んだ出来事(自殺を含む)で死亡している。 <解説> あまりに見慣れたパターン――マイク・ウェンドリング、BBCトレンディング 画像提供,.