米美術館所蔵の肖像画、レンブラントの作品と専門家が確認

米美術館所蔵の肖像画、レンブラントの作品と専門家が確認

2/22/2020

米美術館所蔵の肖像画、レンブラントの作品と専門家が確認

米ペンシルベニア州の小さな美術館がこのほど、17世紀に描かれた肖像画について、オランダの巨匠レンブラントの作品であるとの見解を表明した。この作品を巡っては、レンブラントの工房にいた別人の作とする説が唱えられていた。

同州のアレンタウン美術館によると、描画や保全に関する先進的な技術を駆使して分析した結果、同作品が間違いなくレンブラントによるものであるとの「明確な証拠」を発見したという。 若い女性の肖像を板に描いたこの油彩画は1632年の作とされ、アレンタウン美術館の所蔵となった1961年にはレンブラント本人の作品だと広く信じられていた。 Shan Kuang / Allentown Art Museum しかし70年代に入ると、レンブラント作品の真贋(しんがん)を検証するオランダの団体が、実際にはレンブラントの助手か見習いの描いたものである公算が大きいと指摘。筆づかいの特徴や衣服の色合いに明るさが足りないことなどからレンブラント本人の作品ではないとする懐疑論が浮上した。 この後、2018年に行われた絵画の保全作業を通じ、専門家らがやはり本物のレンブラント作品であることを示す兆候を見つけたとされる。 専門家の1人によれば、これまでの修復で表面に塗られた分厚いニスの層が時間の経過とともに濃くなり、レンブラント特有の筆づかいなどを隠す結果をもたらした。1920年代には、修復の際ニスを分厚く塗り、「表面を鏡のように仕上げる」のが主流だったという。 復元作業の途中でとられた写真。ニスの層が残る左側とニスを除去した右側で色合いが異なるShan Kuang / Allentown Art Museum ニスのコーティングを除去したところ、画家自身が残した筆づかいの跡が明らかになった。続けて多くの専門家が高度なスキャン技術なども使ってこれを分析し、レンブラント本人のものであることを確認するに至った。 続きを読む: cnn_co_jp



コメントを書く

Thank you for your comment.
Please try again later.

最新ニュース

    ニュース

    22 2月 2020, 土曜日 ニュース

    前のニュース

    アフガンで「暴力削減」開始 米とタリバーンの和平合意の前提

    次のニュース

    英ヘンリー王子夫妻、新団体に「ロイヤル」の語使わず