米消費者物価7.0%上昇 12月、39年ぶり高水準(写真=AP)

2022/01/12 16:34:00

米消費者物価7.0%上昇 12月、39年ぶり高水準

米消費者物価7.0%上昇 12月、39年ぶり高水準

【ワシントン=鳳山太成】米労働省が12日発表した2021年12月の消費者物価指数(CPI)は前年同月比の上昇率が7.0%と約39年ぶりに7%台に達した。厚待遇の仕事を待つ労働者が多く、人手が集まらず賃金上昇圧力が強まる。新型コロナウイルスのオミクロン型の感染拡大で供給制約に拍車がかかる可能性がある。12月の

【ワシントン=鳳山太成】米労働省が12日発表した2021年12月の消費者物価指数(CPI)は前年同月比の上昇率が7.写真は2006年12月撮影(2022年 ロイター/Vasily Fedosenko) [モスクワ 10日 ロイター] - 同パイプラインは通常、ロシア産天然ガスを欧州方面に西向きに輸送しているが、10日もドイツとポーランドの国境沿いのムルナウにある計測地点でドイツからポーランド方面に東向きに流れ、流量は700万キロワット時だった。 ロシアは欧州とトルコに輸出する天然ガスの約6分の1をヤマル・ヨーロッパを通して輸送。流れがいつドイツ方面に西向きに戻るかは現時点で分かっていない。ただ、関係筋は、ロシア国営天然ガス企業ガスプロムは月内に方向を変えるとの見方を示している。 私たちの行動規範:.TOPIXの終値は前日比32.写真は2021年4月撮影(2022年 ロイター/Lucy Nicholson) [11日 ロイター] - 清算値は北海ブレント先物が2.85ドル(3.52%)高の1バレル=83.72ドル、米WTI先物が2.99ドル(3.8%)高の81.22ドル。北海ブレントは昨年11月初め以来、米WTIは同月半ば以来の高値となる。 OANDAのアナリスト、ジェフリー・ハーレー氏は「オミクロン株でデルタ株ほどの混乱がもたらされる事態にはならず、世界的な回復は軌道から外れない」と述べた。 私たちの行動規範:.

0%と約39年ぶりに7%台に達した。厚待遇の仕事を待つ労働者が多く、人手が集まらず賃金上昇圧力が強まる。新型コロナウイルスのオミクロン型の感染拡大で供給制約に拍車がかかる可能性がある。 12月の物価上昇率は約39年ぶりの高水準だった11月の6.8%からさらに加速し、1982年6月(7.1%)以来の強さが続いた。 2021年は物価高が急速に進んだ。1月に1.36 日経平均株価は543円18銭(1.4%だったインフレ率は5月以降、8カ月連続で5%超が続いた。12月の数字で比較した通年でも1981年(8.9%)以来、40年ぶりの伸びとなった。.

続きを読む:
日本経済新聞 電子版(日経電子版) »
Loading news...
Failed to load news.

ロシア産ガスの欧州輸送、3週間連続で逆流 卸売価格6%上昇ロシア産天然ガスを欧州に輸出するパイプライン「ヤマル・ヨーロッパ」の流れが昨年12月21日以降、約3週間連続で東向きに「逆流」していることが10日、ドイツのパイプライン管理会社ガスケードのデータで分かった。

日本株は4日ぶり反発、米金融政策の警戒和らぐ-東証1部の88%上昇東京株式相場は大幅高となり4営業日ぶりに反発。日経平均株価の上げ幅は500円を超えた。米国で連邦準備制度理事会(FRB)議長の再任指名承認公聴会が終了した後にS&P500種指数が6営業日ぶりに上昇し、金融引き締めへの警戒感が和らいだ。パウエル議長はインフレ抑制に向けた強い姿勢を示した一方で、金融政策については詳細な道筋を示さなかった。米長期金利の上昇が一服し、半導体関連を含む電機株の上げが目立った。東証1部銘柄のうち88%が値を上げた。 いいえこちらこそ大丈夫だお。 ( ..)φメモメモ なんかいい情報ない? リモートショッピング営業君 コロナ禍で無料 いいお付き合い

原油先物3%上昇、オミクロン株で需要回復頓挫しないとの見方米国時間の原油先物は3%を超えて上昇した。新型コロナウイルスのオミクロン変異株の感染拡大は一時的なもので、世界的な原油需要の回復は頓挫しないとの見方が広がっていることが背景。 高止まりさせる意図が分からないが。

【STARTUP DB】調査結果 国内スタートアップ資金調達金額ランキング(2021年1-12月)フォースタートアップス株式会社のプレスリリース(2022年1月12日 07時50分) STARTUP DB 調査結果 国内スタートアップ資金調達金額ランキング(2021年1-12月)

輸入小型二輪車販売は3年連続プラス、首位ハーレーは8年連続減 2021年 | レスポンス(Response.jp)日本自動車輸入組合(JAIA)は1月11日、2021年(1~12月)の輸入小型二輪車新規登録台数を発表。前年比8.4%増の2万3073台、3年連続で前年実績を上回った。

2021年の車名別新車販売ランキングは乗用車首位に「ヤリス」、軽自動車首位に「N-BOX」日本自動車販売協会連合会と全国軽自動車協会連合会は1月11日、2021年(2021年1月~12月)1年間の車名別新車販売ランキングを発表。ランキングによると、乗用車の首位は21万2927台のトヨタ「ヤリス」、軽自動車の首位は18万8940台のホンダ「N-BOX」となった。