米欧景気の急回復に陰り 鈍る需要、長引く供給制約

米欧景気の急回復に陰り 鈍る需要、長引く供給制約

2021/09/25 19:37:00

米欧景気の急回復に陰り 鈍る需要、長引く供給制約

米欧で景気回復の足取りに不透明感が出てきた。感染力の強いデルタ型の新型コロナウイルスが広がり、持ち直していた需要が再び鈍っている。部品や物流など供給面の制約で物価が上がり、需要をさらに冷やす悪循環も懸念される。急回復が見込まれていた2021年の成長率は予測の下方修正が相次ぐ。ワクチン証明の活用など感染対策と経済の両立をめざす「ウィズコロナ」の戦略が試される。米国は4~6月期まで2四半期続けて前

続きを読む: 日本経済新聞 電子版 »

ファストファッションの末路……不必要になった衣服の埋め立て地 - BBCニュース

ファストファッションのブランド企業は、現代のトレンドやニーズを満たすため、衣服を過剰に生産している。その結果、西アフリカの国々には毎週、対処しきれない量の古着が輸入され、その一部は埋め立て地へ直行するという。

日本の個人向けサービス業でも、この秋以降は労働力の供給不足になるでしょう。 ただ人をたくさん雇うだけでは、コロナ前の低生産性の代名詞へと逆戻り。どう効率化するか、経営者はコロナ禍に何を考えていたか、これから顕在化してきます。