米国シャスタ山の山頂を覆う雪、猛暑のせいで例年より早い時期になくなる

米国シャスタ山の山頂を覆う雪、猛暑のせいで例年より早い時期になくなる

2021/09/26 16:04:00

米国シャスタ山の山頂を覆う雪、猛暑のせいで例年より早い時期になくなる

21世紀に入ってから、シャスタ山の氷河は半分以下に…。 万年雪を頂いているはずの米国カリフォルニア州にあるシャスタ山の峰々が、猛暑と干ばつのせいで...

シャスタ山スキーパークいわく、「山の北側から見える氷河は、今年は非常に速く融けている」とのこと。「これによってラハー(火山泥流)が山を下って、道路と橋が通行できなくなりました。気候変動の影響は一目瞭然です」と綴っています。ホイットニー氷河は今年だけで総体積の20%を失い、今では2つに分割してしまったとWashington Postは報じています。氷河が回復できないんじゃないかと心配するPelto氏によれば、この山には世紀の変わり目には4.6平方キロメートルの氷河氷が存在していたのに、およそ半分がすでに消失しているそう。

【天空の城ラピュタ】パズーがシータを受けとめるあの名シーン再現「パズーのなんでもキャッチ」 - ライブドアニュース 「おふろがわきました」サウンド搭載、給湯器リモコンがカプセルトイになりました - ライブドアニュース 今年は例年の10倍の飛散量?要注意な秋の「隠れ花粉症」対策法は? - ライブドアニュース

しかし、地質学者のNick Caselli氏はエルニーニョ現象とこの地域の降水量次第では、前述の氷河が急速に拡大する可能性もあるとmtshasta newsに語っています。 続きを読む: ギズモード・ジャパン »

コロナ闘病中に帝王切開、そのまま集中治療室へ……英女性の体験談 - BBCニュース

イギリス在住のサルタナ・アシクさん(34)は、妊娠中の今年1月に新型コロナウイルスに感染した。重症化したサルタナさんは、昏睡状態に置かれて帝王切開で双子を出産。その後、集中治療室で46日間、治療を受けた。