北米, 2020米大統領選, 米国の選択, アメリカ

北米, 2020米大統領選

米国の選択:度重なる人種差別発言、移民国家の「分断」加速~トランプの4年 内政③ - 毎日新聞

「国に帰ったらどうか」。トランプ米大統領はイスラム系らマイノリティーの女性新人議員4人を念頭にツイート。「ヘイトスピーチだ」と激しい反発を招きました。

2020/10/26 3:20:00

「国に帰ったらどうか」。トランプ米大統領はイスラム系らマイノリティーの女性新人議員4人を念頭にツイート。「ヘイトスピーチだ」と激しい反発を招きました。

「世界最悪の腐敗した国から来たにもかかわらず、史上最高・最強の米国政府に意見している。国に帰ったらどうか」――。共和党のトランプ米大統領は2019年7月、野党・民主党所属で、トランプ氏に批判的なイスラム系らマイノリティーの女性新人議員4人を念頭にそうツイートした。これは即座に「ヘイトスピーチだ」と

対象とされたソマリア出身のオマル議員やプエルトリコ系のオカシオコルテス議員ら4人はいずれも米市民。オマル氏以外は出身地も米国だ。野党が多数派の下院では、この発言を「人種差別的だ」と非難する決議を賛成多数で可決した。「国に帰れ」は米社会で歴史的に黒人や新参移民に対し使われてきた差別的表現だ。不法移民に対して敵対的な態度を示すトランプ氏はこれまでも、徒歩などで米国への移住を目指す移民集団「キャラバン」について「悪質なギャングや中東のテロリストが交じっている」などと根拠なく発言してきた。米国では移民の人口割合が増加。現在の多数派である非中南米系白人は、40年代にはマイノリティーの総計を下回る「少数派」に転じるとみられている。トランプ氏の発言は、こうした現状を不安に思い、移民に職を奪われたと感じる人々などを強く引きつける一方、「移民国家」として発展してきた米国の分断を加速させた側面もある。【石山絵歩】

爆薬の臭いを検出するために「サイボーグ化したバッタ」を用いる試み - ライブドアニュース 火球「最後の燃え上がる明るさ満月級か」専門家 目撃は広範囲 | NHKニュース エゾハリイカの繁殖、国内で初めて成功 青森で2匹展示 - ライブドアニュース 続きを読む: 毎日新聞 »

岡崎で「落ち葉スキー」の授業|NHK 東海のニュース

数百年かけて悪いところは見直し改善して築き上げてきた国を嫌いなら祖国に帰ったらとしか言えないです。 「国に帰ったらどうか」 は 「政府が完全に崩壊し、世界で最悪で腐敗し、無能な政府の国から来た“進歩的な”民主党の女性下院議員たちが、世界で最も偉大で最強の合衆国の人々に対して政治のあり方を大声で指図するとは興味深い。それなら国に帰って手本を見せるがいい」 けっこうな切り取り… なぜそういうtweetをしたのか背景を記事にしたほうが良いと思います 「トランプ氏に批判的なイスラム系らマイノリティーの女性新人議員4人」がどういう主張を展開してるのか記事にすべきでしょうね ほんとうに帰ってしまえばどうなるのだろう

バイデン氏の息子ハンター・バイデン氏のスキャンダルで臭うあの手口! 国に帰ったらどうかがどうしてヘイトスピーチなのかさっぱりわからない。中傷も差別もしていないのに。 背景?

米国の選択:「国境の壁」はどうなった? 建設予算巡り混乱も~トランプの4年 内政② - 毎日新聞2016年の大統領選でトランプ氏が掲げた選挙公約の一つが、メキシコ国境沿いの「壁」建設だ。主に中南米からの不法移民に関する議論が高まる米国で、この公約は反移民の立場を取る人々からの大きな支持につながった。 正確に報道しよう。 「反移民」ではなく「反不法移民」。 トランプ大統領の壁建設公約は、不法移民によって米国、移民の出身国双方の雇用が奪われ、犯罪の温床と化している状況を改善するためのもの。 移民全てを排除している訳では無い。

米国の選択:史上初の米朝首脳会談 固い握手、完全非核化は遠く~トランプの4年 外交① - 毎日新聞2018年6月12日に史上初の米朝首脳会談があり、両首脳は固い握手を交わしました。共同声明には「朝鮮半島の完全な非核化」などが盛り込まれました。しかし、3回の首脳会談を経ても北朝鮮の非核化について、今なお実質的な進展はみられていません。 お互い核が好きだから段違い平行棒でしょうね✨ この金正恩を覚えておこう モルゲッソヨ‼️

米国の選択:2012年 「逆転」オバマVSロムニー~決戦の歴史② - 毎日新聞2012年の米大統領選は、民主党の現職バラク・オバマ大統領が、共和党のミット・ロムニー元マサチューセッツ州知事を最終盤で逆転して再選した。 米国内でイラク戦争への批判が強まる中、「チェンジ(変革)」を掲げて08年の選挙で初当選し、黒人初の大統領となったオバマ氏と、共和党による政権奪還を目指すロム バカバカしい。もっとエグイのいるか?秋のハンター流出祭りを報じなさい。 共和党政権だったら南シナ海の暗礁埋め立ては防げたかもと思ったり。歴史にIFは禁物だけど。 で、そんなオバマってなんかしたん? チェンジって言って何が変わったん?

米国の選択:2016年 「波乱」トランプVSヒラリー~決戦の歴史① - 毎日新聞前回2016年の米大統領選は、政治経験のない実業家だった共和党のドナルド・トランプ氏と、大統領夫人や上院議員、国務長官などを歴任した民主党のヒラリー・クリントン氏の対決だった。トランプ氏は総得票数で下回りながらも獲得選挙人数で上回り、大方の予想を覆す番狂わせを演じた。 は? なぜヒラリーさんの形容が「大統領夫人だった」なんですか?それではまるで彼女自身の政治家の資質ではなく「大統領夫人だったから」立候補したように見えるのでは? 大統領夫人ではなく著名で経歴もある政治家ですよ?女馬鹿にするのいい加減にしてください

米国の選択:「国境の壁」はどうなった? 建設予算巡り混乱も~トランプの4年 内政② - 毎日新聞2016年の大統領選でトランプ氏が掲げた選挙公約の一つが、メキシコ国境沿いの「壁」建設だ。主に中南米からの不法移民に関する議論が高まる米国で、この公約は反移民の立場を取る人々からの大きな支持につながった。 正確に報道しよう。 「反移民」ではなく「反不法移民」。 トランプ大統領の壁建設公約は、不法移民によって米国、移民の出身国双方の雇用が奪われ、犯罪の温床と化している状況を改善するためのもの。 移民全てを排除している訳では無い。

米国の選択:史上初の米朝首脳会談 固い握手、完全非核化は遠く~トランプの4年 外交① - 毎日新聞2018年6月12日に史上初の米朝首脳会談があり、両首脳は固い握手を交わしました。共同声明には「朝鮮半島の完全な非核化」などが盛り込まれました。しかし、3回の首脳会談を経ても北朝鮮の非核化について、今なお実質的な進展はみられていません。 お互い核が好きだから段違い平行棒でしょうね✨ この金正恩を覚えておこう モルゲッソヨ‼️