米債務上限、2カ月間延長案 債務不履行回避へ共和提示(写真=ロイター)

2021/10/06 23:22:00

米債務上限、2カ月間延長案 債務不履行回避へ共和提示

米債務上限、2カ月間延長案 債務不履行回避へ共和提示

【ワシントン=大越匡洋】米共和党の上院トップ、マコネル院内総務は6日、12月まで連邦政府の債務上限を一時延長する案を表明した。12月までの支出を賄える範囲で債務上限を暫定的に延ばす内容だ。共和党は約2カ月の猶予を許す一方、その間に与党民主党の単独で債務上限を本格的に引き上げる措置を講じるべきだと主張した。マコネル氏は6日の声明で「民主党が通常の手続きで12月まで現行の支出レベルをカバーするため

【ワシントン=大越匡洋】米共和党の上院トップ、マコネル院内総務は6日、12月まで連邦政府の債務上限を一時延長する案を表明した。12月までの支出を賄える範囲で債務上限を暫定的に延ばす内容だ。共和党は約2カ月の猶予を許す一方、その間に与党民主党の単独で債務上限を本格的に引き上げる措置を講じるべきだと主張した。 マコネル氏は6日の声明で「民主党が通常の手続きで12月まで現行の支出レベルをカバーするための固定金額での債務上限延長を可決することを認める」と述べた。 民主党にすると、単純な上限凍結ではなく、12月までの延長分とその後の本格的な措置で2回、債務上限を単独で引き上げる責任が生じかねないため、すんなり決着するかどうか予断を許さない。民主党が受け入れれば、10月18日にも政府資金が尽きて米国債がデフォルト(債務不履行)に陥る危機はひとまず回避できる見通しとなる。 民主党は10年で計3.英ロンドンの金融街シティーは実際に何をしているところかと英国人に尋ねたら、きょとんとされるだろう。円や人民元の売買、デリバティブ(金融派生商品)の開発、世界的な金融インフラの提供はどれも莫大な利益を上げているが、一般の人々の心にはほとんど残らない。 英金融街シティーにあるロンドン証券取引所は、かつての活況を失い地盤沈下に苦しむ=ロイター 唯一の例外は株式市場だ。英国を代表する企業で構成するFTSE100種総合株価指数の動きは日々、速報で伝えられる。株の値動きが景気の浮き沈みをくっきりと描き出す。ロンドン証券取引所(LSE)は巨大な多国籍企業が株式を上場する市場であり、都会人や企業幹部が大型取引をまとめて世界中の株を売買する場でもある。 時価総額の割合が低下するロンドン証取 今は違うかもしれないが、かつてはそうだった。飛ぶ鳥を落とす勢いだったロンドン市場はこの10年間で地に落ちた。同市場に上場する企業の時価総額は2006年時点で世界の株式市場の10.【カイロ=久門武史】ニューヨーク市場の原油先物が4日、約7年ぶり高値まで急伸した。石油輸出国機構(OPEC)とロシアなど非加盟の主要産油国でつくるOPECプラスが協調減産の縮小ペースを据え置き、供給不足が意識された。需給の緩みを懸念した産油国が減産縮小を見送ったことで、原油高となっておりインフレ圧力になる恐れがある。 OPECプラスは4日のオンライン閣僚協議で、協調減産を毎月日量40万バレルずつ縮小する従来方針を11月も維持すると確認した。7月の合意に沿ったもので、声明は「生産調整計画を再確認した」と素っ気ない。 ガソリン高やインフレを嫌う米国など消費国は供給増を期待する。相場が3年ぶり高値圏にあった9月末、サキ米大統領報道官は「競争的な市場と価格設定の重要性」をOPECと話し合っていると認めた。しかし4日の決定はゼロ回答に終わった。 「状況を注視していく。第4四半期は需要が減るものだ」。ロイター通信によるとロシアのノワク副首相は4日、既定路線の維持について説明した。急いで供給を元に戻さないのは、需給の緩みを招き相場が下がるのを避けるためだ。 現在の減産縮小ペースを続けると、不足感は解消していくとの見方は強い。石油天然ガス・金属鉱物資源機構(JOGMEC)の野神隆之首席エコノミストの推計によると、2021年は年平均で日量84万バレルの供給不足だが、22年は223万バレルの供給過剰に転じる。 新型コロナウイルスワクチンの普及で経済活動は正常化に向かうが、変異ウイルスや感染の新たな波で経済が冷え込むリスクは消えない。需要不足は原油安を招き、産油国にとっては収入減に直結する。高値の維持が望ましいのが本音だ。 金融市場にも目配りしている可能性は高い。米国の金融緩和縮小や中国の過剰債務問題への不安などで市場心理がリスクオフに傾くなか、原油の売り材料となる急な減産緩和は避ける必要があった。 しかし、40万バレルを超える減産縮小に踏み込むとの観測も一部にあったため、OPECプラスの既定路線維持に市場は買いで反応した。ニューヨーク原油先物は4日、一時1バレル78ドル台と前週末比3%上昇し、14年11月以来の高値をつけた。 20年にコロナ禍で急減した原油需要はワクチン普及で持ち直し、米ハリケーンの影響もあって在庫水準は下がっている。先高観は強い。米ゴールドマン・サックスは9月末、年末の北海ブレント原油の価格見通しを1バレル90ドルに10ドル引き上げた。「供給不足は想定より大きく、デルタ型による打撃からの回復は速い」と指摘した。 欧州での天然ガス相場の高騰も影響する。代替燃料として原油の引き合いが強まるからだ。電力不足が深刻な中国では韓正(ハン・ジェン)国務院副総理が、冬を前に十分な燃料をなんとしても確保するよう国営企業に命じたと米ブルームバーグ通信が伝えた。 暖房需要が膨らむ季節が近づくなか、アジアでも液化天然ガス(LNG)のスポット価格が記録的な急騰を演じている。原油高とあいまってインフレ圧力となり、世界経済の回復の足を引っ張る恐れがある。.米原油市場の先物価格は7年ぶりの高値となり、オーストラリア産の発電用石炭や欧州の天然ガス価格は最高値を更新した。インフレ懸念が強まり、世界の株式市場にも動揺が広がる。コロナ禍からの出口を探る世界経済に水を差す資源高に警戒が必要だ。 石油輸出国機構(OPEC)とロシアなどOPECに加盟.

5兆ドルの財政資金を子育て支援などに投じる歳出・歳入法案について特別な手続きを使って単独での実現をめざしている。このため共和党は債務上限問題は民主党が単独で解決すべきだと主張し、協力を拒んできた。 3.5兆ドル法案の手続きを修正して単独で債務上限を引き上げることについて上院民主党トップのシューマー院内総務は「時間がかかる」としてきた。仮に今回の共和の提案を民主が受け入れたとしても12月にかけて債務上限問題が再燃する恐れは消えない。与野党対立だけでなく、民主党内の調整が進むかどうかが焦点となる。 上院の半分の50議席を持つ民主党は、上院議長のハリス副大統領の票を入れて51票の単純過半数を確保できる。ただ上院では野党の議事妨害を打ち切るのに60議席の賛成が必要となる。民主党内では上院のルールを変え、特定の議案を51票で可決できるようにする「核オプション」の採用も浮上していた。これに対し、マンチン上院議員ら民主党内少数派にあたる中道派議員らはルール見直しに慎重姿勢だ。 【関連記事】.6%にすぎない。出遅れた市場の中でも出遅れ感が目立ち、欧州株式市場全体の時価総額に占める割合はこの間に36%から22%に低下した。 LSEに上場を続けている企業はまるで老人のようだ。テック企業が市場全体の時価総額に占める割合が米S&P500種株価指数では40%近いのに対して、FTSE100企業では2%にも満たない。今日突出した運用実績を誇る世界的な英資産運用会社ベイリー・ギフォードのジェームズ・アンダーソン氏はこのほどフィナンシャル・タイムズ(FT)に対して、英株式市場は19世紀の遺物だと語った。その見方は正しい。 英株式市場の地盤沈下の一因は、英大手企業の不振にある。石油大手BPや製薬大手グラクソ・スミスクライン(GSK)から金融大手HSBC、スーパー大手テスコに至るまで(創業から平均169年を数える)、ずさんな経営という慢性的な英国病のせいで業界上位から転落する英国企業が後を絶たない。利益率が悪化し、買収の標的となった企業もある。 投資先の企業を監視する役割を担う資産運用業界も総じて経営がうまくいっているとは言いがたい。英国で企業価値が最大の資産運用会社でも、米国最大の運用会社と比べれば時価総額は1割を下回る。英国の年金基金はここ数年リスクを排除しようと近視眼的になり、債券を積み増す一方で株式を売却してきた。今では、経済成長や富の創出への投資が不足している。 国際的な資金調達手段を手にしたグローバル企業の英国離れも、シティーの問題の一つだ。1986年の「ビッグバン(金融大改革)」を機に復活したシティーは、機動的にグローバル企業の上場先に選ばれるようになったLSEに依存していた面がある。 ところが最近では、英生命保険大手プルーデンシャルが香港での新株発行を決め、英国上場企業の中で有数の時価総額を誇る資源大手BHPは上場先をオーストラリアに一本化すると発表した。欧州ビジネスのハブを目指すLSEの野望は、英国の欧州連合(EU)離脱で打撃を受けた。 スタートアップが少ないという弱点 シティーの決定的な弱点は、ロンドンに上場するスタートアップが少ないことだ。05年には新規株式公開(IPO)の比率でロンドンは世界全体の2割を占めていたが、今日では4%にとどまる。証取が有望な新興企業の誘致に立て続けに失敗すれば、博物館のようになり始める。 株式市場の弱小化は問題なのではと尋ねたくなるのも当然だ。英国の預金者は、大した問題ではないと答えるだろう。彼らは自国資産偏重を改め海外資産に投資できるし、そうすべきだ。実際そうする人も徐々に増えている。外国の優良株を保有する彼らは、かつて栄華を極めた自国市場を懐かしむくらいだろう。 だが、英国経済にとっては、株式市場の縮小は問題だ。スタートアップ創業者が事業を拡大する手段を制限されてしまう。それでも、英国には優れた大学や司法制度、ベンチャーキャピタル業界があり、事業を興すのに適している。だが、その魅力も色あせつつある。 シティーにとっては、株式市場の重要性は大きい。ロンドンは今でも債券やデリバティブ、通貨の取引で優勢だが、世界の金融センターを名乗るには株式取引で圧倒的な存在感を示す必要がある。上場企業は他の金融業だけでなく、上場企業を顧客とする会計・法務サービス業も呼び込む。金融サービス業界は英国で最も成功を収め、英国の国内総生産(GDP)の6%、税収の約1割を占める。 防御策を講ずるのは誤り 株式市場の停滞に対する最悪の施策は、政府が高い防御壁を築くことだろう。政府は英国上場企業の買収や企業の上場廃止を差し止めたいという誘惑に負けてはならない。開かれた市場は離れていく企業は追わず、他の企業を誘致するものである。守勢に回るよりも、市場の停滞を招いた根本原因に対処するほうがはるかに有効だ。 まずは、上場企業のコーポレートガバナンス(企業統治)ルールから着手すべきだ。英国のルールは20年前には世界の模範とされたが、ルールは膨らみ続け、3000人余りの社外取締役という集団が形成された。その大半は引退間近で積極的に経営にかかわろうともしなければ、世界市場の最先端の知識や技術をほとんど持たず、自分の務めは事業への投資を促すより自社を売却することだと少なからず考えている。 こうした利益集団は揺るぎない地位を確立しているが、業績不振に甘んじている人材はふるいにかける必要がある。求められているのは官僚主義を排除すること、そして、道徳的価値観を説くよりリスクテークの意義を心得ている取締役を増やすことだ。 株式市場の魅力を高めるには、LSEの上位市場が複数議決権を持つ種類株を発行する企業を誘致する手もある。議決権の高い種類株は、上場後も経営権を維持したい創業者に人気がある。.

続きを読む:
日本経済新聞 電子版(日経電子版) »
Loading news...
Failed to load news.

大したことない回避されるだろうけど 格付けによる問題が起きるだろうって言われてたのに 綱渡り状態なん?アメリカ中国が没落したらどうなるんだよ まじでーどうなるんだよー RevelationOnRapture 휴거에대한계시 ` JESUS is the PERFECT Example on how to RESIST the devil. Hear this message now and change the direction of your life. Now is the only time to prepare for eternal life. `

シティー復権へ新興企業上場促せ(The Economist)(写真=ロイター)英ロンドンの金融街シティーは実際に何をしているところかと英国人に尋ねたら、きょとんとされるだろう。円や人民元の売買、デリバティブ(金融派生商品)の開発、世界的な金融インフラの提供はどれも莫大な利益を上げているが、一般の人々の心にはほとんど残らない。唯一の例外は株式市場だ。英国を代表する企業で構成するFTSE100種総合株価指数の動きは日々、速報で伝えられる。株の値動きが景気の浮き沈みをくっきり

原油7年ぶり高値、産油国減産縮小急がず インフレ圧力に(写真=ロイター)【カイロ=久門武史】ニューヨーク市場の原油先物が4日、約7年ぶり高値まで急伸した。石油輸出国機構(OPEC)とロシアなど非加盟の主要産油国でつくるOPECプラスが協調減産の縮小ペースを据え置き、供給不足が意識された。需給の緩みを懸念した産油国が減産縮小を見送ったことで、原油高となっておりインフレ圧力になる恐れがある。OPECプラスは4日のオンライン閣僚協議で、協調減産を毎月日量40万バレルずつ

[社説]経済回復阻む資源高に警戒を(写真=ロイター)世界のエネルギー供給に異変が起きている。新型コロナウイルス禍からの経済回復に伴う需給逼迫が価格の高騰を招いている。米原油市場の先物価格は7年ぶりの高値となり、オーストラリア産の発電用石炭や欧州の天然ガス価格は最高値を更新した。インフレ懸念が強まり、世界の株式市場にも動揺が広がる。コロナ禍からの出口を探る世界経済に水を差す資源高に警戒が必要だ。石油輸出国機構(OPEC)とロシアなどOPECに加 原発を再稼働させるか、真冬に停電するリスクをとるか、どちらをとるのか

[FT]玩具レゴ コロナ下で好調 廃ボトル再生ブロックも(写真=ロイター)デンマークの玩具大手レゴ・グループは2021年上半期に売上高と利益をともに飛躍的に伸ばし、新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)の中で勝ち組の一角を占めていることを証明した。21年上半期の売上高は前年同期比46%増の230億デンマーククローネ(約4000億円)、純利益は同140%増の63億デンマーククローネとなった。売上高と純利益がいずれも過去最高を記録し、世界最大の玩具メーカーとし 焼き鳥屋の親父、外車購入。趣味でやってる喫茶店の店主、毎日風俗通い。スナックのママ、複数回海外旅行。バーのマスター、今年1日も働かなく2店目出店 これが5兆円以上・1店舗1500万以上・1ヶ月120万円の飲食店の協力金8割の使い道 国民1人15万以上負担 払わされるの国民

NYダウ反発で始まる 主力ハイテク株に買い直し(写真=ロイター)【NQNニューヨーク=川内資子】5日の米株式相場でダウ工業株30種平均は反発して始まり、午前9時40分現在は前日比102ドル04セント高の3万4104ドル96セントで推移している。前日に大きく下げた主力ハイテク株の一角に短期的な戻りを見込んだ買いが入り、相場を支えている。ただ、インフレ加速や米連邦政府の債務上限問題への警戒感がくすぶり、上値は重い。米原油先物相場が朝方に一時1バレル78.88ド

Facebook内部告発者「安全より利益優先」 米公聴会(写真=ロイター)【米州総局=清水孝輔、シリコンバレー=白石武志】米フェイスブックが児童保護などに関する自社に不都合な調査結果を隠していたとされる問題を巡り、米メディアなどに内部資料を提供してきた同社元社員フランシス・ホーゲン氏が5日、米議会公聴会で証言した。フェイスブックは子供の安全より利益を優先してきたと批判した上で、「これまでの規制の枠組みでは不十分だ」と議会に対応を求めた。ホーゲン氏は米議会上院の商業科 だと思う。だから私はfbやめた。 嫌ならやめればいい話だし ワクチンと同じ