米インフレ鈍化が追い風、中国景気に関心

2022/08/13 22:30:00

米インフレ鈍化が追い風、中国景気に関心 今週の市場

米インフレ鈍化が追い風、中国景気に関心 今週の市場

株式 米中小売り統計、日本GDPを注視今週の株式相場は上昇基調を保ちそうだ。前週は米国の消費者物価指数(CPI)が市場予想を下回り、米利上げペースが鈍化するとの楽観が広がった。米中の消費動向を示す経済統計、企業決算で景気後退懸念が高まらない限り、追い風が続くとの見方が多い。米国、中国で7月の小売売上高の公表を控えるほか、米ターゲットや米ウォルマートの5~7月期決算発表も予定されている。ただ、

今週の株式相場は上昇基調を保ちそうだ。前週は米国の消費者物価指数(CPI)が市場予想を下回り、米利上げペースが鈍化するとの楽観が広がった。米中の消費動向を示す経済統計、企業決算で景気後退懸念が高まらない限り、追い風が続くとの見方が多い。 米国、中国で7月の小売売上高の公表を控えるほか、米ターゲットや米ウォルマートの5~7月期決算発表も予定されている。ただ、.)で公開される『邪神ちゃんドロップキックX』の公式素材(アニメ切り抜き素材232件、立ち絵素材15件、計247件)を使ってMAD&動画を作成し、指定のタグを付与・ロックして投稿します。 投稿部門は「邪神ちゃんMAD動画部門」、「邪神ちゃん音MAD部門」、本作と縁が深い地方自治体の魅力を発信する「邪神ちゃん聖地紹介動画部門」、合成音声ソフトウェアを使った「邪神ちゃんイメージソング部門」の4つ。 各部門賞のほか、協賛賞や新規投稿者を対象とした「ようこそニコニコへ賞」なども設けます。 審査は邪神ちゃんドロップキックX製作委員会とニコニコ運営、他が行い、「これ好きだな」「これ楽しい!」と感じた動画を選出して、受賞者に豪華賞品を贈呈します。結果発表は9月23日(金)を予定しています。 「邪神ちゃんMAD&動画投稿祭」の詳細は.に後退。幅広い通貨に対してドル売りが膨らんだ。 CPIの発表前は134円台後半で推移していた。米長期金利はCPIの発表を受けて一時2.半導体需要急減 米マイクロン・テクノロジーは6-8月(第4四半期)の売上高が従来の会社予想レンジの下限、ないしそれを下回る可能性があるとの見通しを示した。マイクロンが最新の見通しを示したのはわずか1カ月余り前だが、それ以降、同社製半導体の 市場は悪化 。サンジェイ・メロートラ最高経営責任者(CEO)はブルームバーグテレビジョンのインタビューで「前回の発表時と比較すると、消費者向けだけでなく、データセンター用や産業用、自動車用など市場の他の部分にも調整が広がっているため、需要の一段の減少がある」と述べた。 支出に下押し圧力 バンク・オブ・アメリカ・インスティチュートによると、家賃や生活費の負担が増す中で米消費者によるクレジットカード利用が 減速 している。1世帯当たりのクレジットカードとデビットカードの利用額は7月に前年同月比5.

...

続きを読む:
日経電子版 マーケット »
Loading news...
Failed to load news.

夏アニメ『邪神ちゃんドロップキックX』8/19より「邪神ちゃんMAD&動画投稿祭」開催決定 | アニメイトタイムズ【アニメイトタイムズ】2022年7月5日(火)よりテレビ東京ほかにて放送中の、TVアニメ『邪神ちゃんドロップキックX』。違法切り抜き動画への対抗手段として、公式自らによる切り抜き動画の最速投稿やアニメ1話の100分割公開など、前代未聞の取り組みで話題となっています。そんな中、株式...

円一時132円台、数分で2円上昇 米消費者物価伸び鈍化10日のニューヨーク外国為替市場で対ドルの円相場が数分で2円以上急騰し、一時1ドル=132円台後半を付けた。10日発表した7月の米消費者物価指数(CPI)が市場予想を下回り、物価がピークアウトしたとの見方から米連邦準備理事会(FRB)の利上げ観測が急速

【今朝の5本】仕事始めに読んでおきたい厳選ニュースS&P500種株価指数は4営業日続落。10日発表の7月米消費者物価指数(CPI)への警戒感から市場ではリスク敬遠の動きが目立ちます。7月CPIの市場予想は前年同月比8.7%上昇と、6月の9.1%上昇から減速の見通し。ただ、同統計通過後も、9月の連邦公開市場委員会(FOMC)会合までには雇用統計とCPIの発表がそれぞれ1回ずつ、カンザスシティー連銀が主催するジャクソンホール年次シンポジウムも控えます。金融市場は当面、神経質な展開が余儀なくされそうです。以下は一日を始めるにあたって押さえておきたい5本のニュース。

NYダウ反落、58ドル安 ハイテク株に売り【NQNニューヨーク=川内資子】9日の米株式市場でダウ工業株30種平均は3営業日ぶりに反落し、前日比58ドル13セント(0.2%)安の3万2774ドル41セントで終えた。半導体大手の業績予想の下方修正が相次ぎ、ハイテク株への売りが優勢となった。ただ、7月の米消費者物価指数(CPI)の発表を10日に控えて積極的な売りは限られ、相場の下値は堅かった。半導体のマイクロン・テクノロジーは9日、パソコン 米半導体株が軒並み安、マイクロンやエヌビディア・AMD・インテルの減速を警戒

NYダウ、小反落で始まる 半導体大手の業績修正が重荷(写真=ロイター)【NQNニューヨーク=横内理恵】9日の米株式市場でダウ工業株30種平均は小幅に3営業日ぶりに反落して始まり、午前10時現在は前日比64ドル33セント安の3万2768ドル21セントで推移している。半導体大手の業績予想の下方修正が相次ぎ、ハイテク株への売りに波及している。ただ、10日発表予定の7月の米消費者物価指数(CPI)を見極めたい投資家が多く、持ち高を一方向に傾ける動きは乏しい。半導体大手の

米利上げ幅、GDPが焦点 円は売り圧力一服か株式、世界景気への警戒が重荷今週の株式市場では世界的な景気減速への警戒が重荷になりそうだ。国際通貨基金(IMF)は26日に世界経済の成長見通しを公表する。ゲオルギエバ専務理事は世界の実質成長率予想を4月時点の3.6%から引き下げると明言しており、修正幅が大きければ投資家心理を冷やしそうだ。米国では米連邦公開市場委員会(FOMC)に加え、4~6月の実質国内総生産(GDP)、消費者信頼感指数など