米で初のコロナ飲み薬申請 メルク、自宅服用可能に(写真=ロイター)

米で初のコロナ飲み薬申請 メルク、自宅服用可能に

2021/10/11 16:21:00

米で初のコロナ飲み薬申請 メルク、自宅服用可能に

米製薬大手メルクなどは11日、開発中の新型コロナウイルスの飲み薬「モルヌピラビル」について、米食品医薬品局(FDA)に緊急使用許可を申請したと発表した。ウイルスの増殖などを防ぐ抗ウイルス薬で、認められれば飲み薬としては初となる。自宅で服用が可能なため、医療機関の負担が軽くなると期待されており、米国で緊急使用許可が出れば、日本政府も国内審査を経て年内にも承認する方針を示している。モルヌピラビル

自宅で服用が可能なため、医療機関の負担が軽くなると期待されており、米国で緊急使用許可が出れば、日本政府も国内審査を経て年内にも承認する方針を示している。メルクなどは今月、臨床試験(治験)において、偽薬を投与したグループと比べて、モルヌピラビルは患者の入院や死亡リスクを半減させる効果があったとの中間解析を発表している。

続きを読む: 日本経済新聞 電子版(日経電子版) »

問題行動指摘された人物の院内副幹事長任命は「間違いだった」=ジョンソン首相 - BBCニュース

ジョンソン英首相はBBCのインタビューで、痴漢行為をしたと報じられた議員を、2月に与党・保守党の院内副幹事長に任命していたことについて謝罪した。この直後、重要2閣僚が辞任を発表した。 続きを読む >>

コロナ後遺症 サラリーマン 名古屋 日本でも承認されれば、医療難民を出さなくて済むかも? 医療難民になりかけた者として、もう2度とゴメンだ! それイベルメクチンだろ! ウイルスやワクチンの災害は人類の生き方に変革をもたらす 普通の風邪にも効くのかな? ゼレンコ医師:コロナワクチンはウイルスを退治するものではない、ワクチンを導入するためにウイルスをばら撒いた アビガンで妊婦が飲んだら大変なことになるから、入院以外渡せないってなっていなかったかな。モルヌピラビルも同じでしょ?アメリカが承認したら、日本も即承認だろ?見境無いな。 お金を稼ぐために、よく頑張っているね、治療薬もうあるのに だんだんとでてきますね。そんな状況なのにマスクしていないと施設に入ると反社会的な人達と同等の扱いで威力業務妨害で警察に逮捕されるのですよね。本当にコントな世の中だ。

オックスフォードのJournal of infectious Diseaseもモルヌピラビルの代謝物のNHCには哺乳類の変異原性(DNAを痛めつける)がある と断言してます。 bachrachbach モルヌピラビルの変異原性・発がん性。 「ウイルス・エラー・カタストロフ」によるウイルスへの効果は人のゲノム変異の蓄積につながる。 ==== メルク社の経口薬COVID-19の副作用の可能性は一般市民に警鐘を鳴らすべきである-モルヌピラビルの承認を急ぐと大惨事になりかねない 米はメルク(たぶんモルヌピラビル)と、1クール10錠700ドル、170万クール分を契約、37億ドル分の追加オプション付き。 ということは単純計算でメルクは49億ドル(5000億円強)を売り上げる予定と。 1錠当たり70ドル、イベルメクチンはジェネリックなら1錠1ドル強。 分かりやすい

オーストリア首相が辞意、汚職疑惑で捜査対象に(写真=ロイター)【プラハ=細川倫太郎】オーストリアのクルツ首相が9日、辞意を表明した。検察当局がクルツ氏の汚職疑惑で捜査に乗り出したことを受け、与野党から辞任を求める声が出ていた。首相の座を降りて政権崩壊を回避する狙いがあるとみられる。記者会見したクルツ氏は新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)などが続くなか、「この重要な局面で数カ月間の混乱をまねくのは無責任だ」と述べた。後任の首相には、シャレンベ 日本の安倍と違うな 首相が、世論調査を首相有利に操作した内容を、新聞市場に載る。 見返りに報酬を、財務省から支払いをした疑い。 完全にインチキな世論調査をさせた、首相ですね。 首相は辞意、汚職疑惑で捜査対象に。 日本国でも、各社が内閣支持率を公表するが、政府寄りの新聞は支持率が高い。 インチキあり。 どこの世界も政治家なんてこんなもんよね。

FOXニュースで取り上げることを許されずに独立して取材された方による動画 ・全米平均でコロナ入院致死率20%のところ、HCQやイベルメクチン等の複数既存薬使うヒューストンの病院は6.7% ・インドの州別のコロナ収束状況の違いの原因を聞かれた時に吃りだすWHO幹部🙄 最初からアビガンでよかったんじゃ、、、😰 なぜイベルメクチンが妨害されるのか 〜 ファイザー社がイベルメクチンと同様の作用機序を持つ新薬を開発 イベルメクチンが正式承認されると後発薬の価格が激安になってしまう 重要なことはイベルメクチンの作用機序がエイズの治療薬と同様「プロテアーゼ阻害剤」であること 北里大学の花木教授によると世界からのデータでイベルメクチンの予防効果は80%以上 イベルメクチンをあらかじめ飲んでいれば、新型コロナに感染する可能性が80%も減少してしまうのです。そもそも、日本では新型コロナに感染する可能性は非常に低い

次はみんなで飲み薬の臨床試験だ! イベルメクチンは安全なコロナの特効薬 イベルメクチンには強力な抗ウイルス、抗炎症効果があります。イベルメクチンはコロナウイルスの主なRNA複製酵素を抑制し、変異株にも有効 また、スパイクタンパク質に結合し抗体様に働き、感染を予防します

ノーベル経済学賞が映す時代の変遷 受賞者発表前に予習(写真=ロイター)日本経済新聞朝刊経済教室面のコラム「やさしい経済学」は、経済に関連する幅広いテーマを取り上げ、気鋭の研究者が様々な視点からわかりやすく解説しています。「経済」初心者であっても、それぞれのテーマに関連した現状や課題、今後の方向性などを一通り学べる内容です。今回のまとめ読みは、ノーベル経済学賞の歴史を振り返り、経済学の発展とどのように関係しているか

核開発のカーン博士死去 パキスタン、闇市場を構築(写真=ロイター)【イスラマバード=共同】パキスタンの国営メディアによると、核不拡散体制に深刻な脅威をもたらした世界規模の核技術・関連部品売買の秘密ネットワーク「核の闇市場」を構築した同国のアブドルカディル・カーン博士(85)が10日、死去した。カーン博士はパキスタンの核開発の中心的存在。1998年にはイスラム圏

韓国大統領選、与党候補に李在明氏 過半数で選出(写真=ロイター)【ソウル=恩地洋介】韓国の文在寅(ムン・ジェイン)政権を支える与党「共に民主党」は10日、2022年3月に投開票される大統領選の公認候補に、京畿道知事の李在明(イ・ジェミョン)氏(56)を選出した。地域ごとの党員投票や一般公募のオンライン投票の累計で過半数を得票した。11月に選ばれる保守系野党の候補と「ポスト文」を競う。李在明氏は10日にソウル市で実施した党員らの投票で51.4%、3回目となる これで与党勝てば日韓敵対コース確定 日本には全く関係ない不必要な国💢 大統領にならないと逮捕されるってこいつのことかな? どうでもいいけど。wwww

平和賞、ジャーナリズムの抑圧に警鐘 相次ぐ殺害・投獄 (写真=ロイター)ジャーナリズムに対する抑圧が世界的に広がり、「言論の自由」が後退することへの危機感が高まっている。2021年のノーベル平和賞は、ロシアとフィリピンの2人のジャーナリストが受賞することが決まった。強権的な体制が影響力を増すなか、言論の自由の確保が大きな課題となっている。平和賞はロシアの独立系新聞編集長ドミトリー・ムラトフ氏とフィリピンの著名ジャーナリスト、マリア・レッサ氏の受賞が決まった。2人と 庶民の生活には関係のない話です。好き勝手な報道している日本のジャーナリストにも無縁な話ですね。 焼き鳥屋の親父、外車購入。趣味でやってる喫茶店の店主、毎日風俗通い。スナックのママ、複数回海外旅行。バーのマスター、今年1日も働かなく2店目出店 これが5兆円以上・1店舗1400万以上・1ヶ月120万円の飲食店の協力金8割の使い道 国民1人15万以上負担 払わされるの国民

オーストリア首相が辞意 検察捜査で混乱回避か(写真=ロイター)【ウィーン=共同】オーストリアのクルツ首相は9日の声明で辞意を表明した。検察当局は公金の支出に絡みクルツ氏らを捜査していると発表しており、政治的な混乱を避けるために辞意を固めたとみられる。2016年から18年に、クルツ氏のために改ざんされた世論調査がオーストリアの新聞紙面に掲載

米製薬大手メルクなどは11日、開発中の新型コロナウイルスの飲み薬「モルヌピラビル」について、米食品医薬品局(FDA)に緊急使用許可を申請したと発表した。ウイルスの増殖などを防ぐ抗ウイルス薬で、認められれば飲み薬としては初となる。 自宅で服用が可能なため、医療機関の負担が軽くなると期待されており、米国で緊急使用許可が出れば、日本政府も国内審査を経て年内にも承認する方針を示している。 メルクなどは今月、臨床試験(治験)において、偽薬を投与したグループと比べて、モルヌピラビルは患者の入院や死亡リスクを半減させる効果があったとの中間解析を発表している。 このほか .【プラハ=細川倫太郎】オーストリアのクルツ首相が9日、辞意を表明した。検察当局がクルツ氏の汚職疑惑で捜査に乗り出したことを受け、与野党から辞任を求める声が出ていた。首相の座を降りて政権崩壊を回避する狙いがあるとみられる。 記者会見したクルツ氏は新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)などが続くなか、「この重要な局面で数カ月間の混乱をまねくのは無責任だ」と述べた。後任の首相には、シャレンベルク外相を提案した。自身は中道右派の与党「国民党」の党首にはとどまるとした。 同国の検察当局は6日、報道機関への贈賄や背任などの疑いでクルツ氏ら10人を捜査していると発表した。2016年から18年にクルツ氏に有利になるように操作した世論調査が新聞に掲載され、その見返りに財務省から報道機関に謝礼が支払われた疑いが持たれている。クルツ氏は疑惑を完全否定し、9日も「これは間違いだ」と強調した。 野党はクルツ氏への不信任案を提出する準備を進めていた。国民党と連立を組んでいる環境政党「緑の党」は「クルツ氏が首相の座にとどまることはできない」と述べ、辞任しなければ連立からの離脱も辞さない考えを示していた。クルツ氏の辞任を受け、緑の党は9日、連立を維持する意向を表明した。 クルツ氏は31歳だった17年に首相に就任したが、連立相手の自由党のスキャンダルで政権が崩壊。その後、19年9月の解散総選挙で勝利し、20年1月に再び首相の座に返り咲いた。.日本経済新聞朝刊経済教室面のコラム「やさしい経済学」は、経済に関連する幅広いテーマを取り上げ、気鋭の研究者が様々な視点からわかりやすく解説しています。「経済」初心者であっても、それぞれのテーマに関連した現状や課題、今後の方向性などを一通り学べる内容です。 今回のまとめ読みは、ノーベル経済学賞の歴史を振り返り、経済学の発展とどのように関係しているかを.【イスラマバード=共同】パキスタンの国営メディアによると、核不拡散体制に深刻な脅威をもたらした世界規模の核技術・関連部品売買の秘密ネットワーク「核の闇市場」を構築した同国のアブドルカディル・カーン博士(85)が10日、死去した。 カーン博士はパキスタンの核開発の中心的存在。1998年にはイスラム圏で初の核実験成功に導き、同国の「核開発の父」と呼ばれた。2004年2月、核の闇市場を通じて北朝鮮やイラン、リビアに核技術を供与したことを国営テレビで告白、謝罪した。 06年9月、前立腺がんの手術を受けた。外出には事前届が必要とされるなど、首都イスラマバードの自宅で当局による監視が晩年まで続いた。.