社説:開会式演出者の解任 五輪の理念踏みにじった | 毎日新聞

社説:開会式演出者の解任 五輪の理念踏みにじった

オピニオン, 朝刊政治面

2021/07/23 0:00:00

社説:開会式演出者の解任 五輪の理念踏みにじった

平和を希求し、あらゆる差別を禁じる五輪憲章の理念を踏みにじるものだ。東京オリンピックの大会ビジョンにも反する。 開会式の演出を担当する小林賢太郎氏が、お笑い芸人だった頃にナチス・ドイツによるホロコースト(ユダヤ人大量虐殺)をコントのネタにしていた。

小林氏は演出全体の調整役を務めていたという。今回の問題が発覚して本人は謝罪したが、大会組織委員会が解任した。小林氏はお笑いコンビ「ラーメンズ」時代の1998年に発売されたビデオの中で、「ユダヤ人大量惨殺ごっこ」という表現を使っていた。米国のユダヤ系人権団体「サイモン・ウィーゼンタール・センター」は「ナチスの虐殺の犠牲者をあざける権利は誰にもない。この人物が東京五輪に関わることは600万人のユダヤ人の記憶を侮辱している」との声明を発表した。開会式は、開催国の文化や伝統を世界に発信する重要な場である。その演出を担うに足る人物かどうか十分に調べないまま、任命した組織委の責任は極めて重い。

小山田氏が辞任した際、組織委の武藤敏郎事務総長は「一人一人を我々が選んだわけではない。誘い合ってできたグループを選んだ」と明かした。人選のプロセスがずさんだった。五輪憲章は根本原則の中で、人種や肌の色、宗教などによるいかなる差別も認めていない。今大会も「多様性と調和」を掲げる。

続きを読む: 毎日新聞 »

ペーパン川また氾濫「これで3回目だ」 改修工事現場付近で水あふれ:北海道新聞 どうしん電子版

前線を伴った低気圧が道内に接近した影響で、上川管内は28日から29日にかけて大雨となった。旭川地方気象台によると、同日午後4時までの24時間降水量が旭川市江丹別で87・5ミリに達するなど、管内30観... 続きを読む >>

復興五輪という嘘もな。

社説:かすんだ「復興五輪」 被災地の思いを忘れずに | 毎日新聞東京オリンピックの開会式に先立って、一部競技がきのうから始まった。福島県でソフトボール、宮城県では女子のサッカーが行われた。 東日本大震災の被災地である両県は「復興五輪」の象徴だ。しかし、新型コロナウイルスの感染拡大で、その看板はかすんでいる。 「復興五輪」をさんざん茶化しといて「被災地の思いを忘れずに」が聞いて呆れる。 宮城での有観客も狂乱して反対していたのに、どの口で言っているのでしょう。 色んな意味で普通ではないメディアです。 何が言いたいのか意味不明な社説。

社説:文大統領の来日見送り 対話の努力続けるべきだ | 毎日新聞行き詰まった日韓関係を象徴する出来事だ。 韓国政府が、東京オリンピック開幕に合わせた文在寅(ムンジェイン)大統領の日本訪問を見送ると発表した。実現すれば、菅義偉首相との初めての対面会談になるはずだった。 毎日新聞が連れてくれば? わけのわからない社説だね!! これは、コリアに向けて発信すべきこと!毎日新聞さん、相手が違う!ソウル支社に書かせたら? 不必要無意味なことにこれ以上時間や税金をぶちこむわけにはいかない

社説:ワクチン接種の証明書 差別生まぬ慎重な議論を | 毎日新聞新型コロナウイルスのワクチン接種を公的に証明する「ワクチンパスポート」が導入される。所持していれば、一部の海外渡航先で入国後の隔離やPCR検査といった防疫措置が減免される。 ワクチン接種って、 人種や性別のような本人の意思で変更できない属性ではないと思う。 こういう議論に、「差別」という言葉を持ち出すのは可笑しい。 国民をミスリードしないで欲しい。

社説:コロナと熱中症 感染対策との両立が必要 | 毎日新聞全国で梅雨が明け、暑い日が続く。最高気温が35度以上の猛暑日となっているところもあり、熱中症への警戒が必要だ。 熱中症は、暑さで体温を調節する機能がうまく働かなくなることで起きる。急に気温が上がる今ごろの時期が危ない。 そんな悠長なこと言ってる場合?

【社説】宇宙を飛んだ億万長者たち今回の宇宙飛行はベゾス氏にとっては一つの小さな旅行にすぎないかもしれないが、米国の宇宙ビジネスにとっては新たな偉大なる飛躍である。 お目覚めだから 何言ってるかわかんないよ てんがい

[社説]東京での開催を五輪再生の出発点に(写真=共同)東京の聖火台に57年ぶり2度目の炎が燃え立つ。だが、その輝きに向ける人々のまなざしは、必ずしも期待や希望に満ちたものばかりではないはずだ。不安、疑念も入り交じっているだろう。コロナ禍で1年延期、さらに開閉会式と大半の競技が無観客という異例の五輪が23日、開幕する。首都圏ではインド型(デルタ型)の変異ウイルスが猛威を振るい、第5波ともいわれる。状況は予断を許さない。バブル方式の順守や行動制限の徹 こんな作文が社説⁉️(絶句)。敢えて出すなら、招致に成功しちまった時なり、招致活動中なりに、国民への警告として出すべき代物です。そうしていない時点で、「遅すぎたアリバイ工作」賞を進呈します。💢😠💢 五輪は世界平和の祭典でなく国際ビジネスの道具になってしまった😔 純粋にスポーツを楽しむなら各スポーツの国際大会の方がいいと思います😼 いや、意味のない五輪を終わらせる分岐点に。