オピニオン, 朝刊政治面, 社説

オピニオン, 朝刊政治面

社説:自民総裁選の討論会 危機感が伝わらなかった | 毎日新聞

社説:自民総裁選の討論会 危機感が伝わらなかった

2021/09/19 1:00:00

社説:自民総裁選の討論会 危機感が伝わらなかった

自民党総裁選の候補者討論会(日本記者クラブ主催)がきのう、開かれた。河野太郎行政改革担当相、岸田文雄前政調会長、高市早苗前総務相、野田聖子幹事長代行の4氏が臨んだ。

ただし、今回の総裁選で最も問われているのは何か。やはり、感染拡大が収まらない新型コロナウイルスへの具体的な対策であり、安倍晋三前政権からの約9年間をどう総括するかだ。その点では不満が残った。 続きを読む: 毎日新聞 »

コロナ闘病中に帝王切開、そのまま集中治療室へ……英女性の体験談 - BBCニュース

イギリス在住のサルタナ・アシクさん(34)は、妊娠中の今年1月に新型コロナウイルスに感染した。重症化したサルタナさんは、昏睡状態に置かれて帝王切開で双子を出産。その後、集中治療室で46日間、治療を受けた。

自民の自民による自民党員のためだけの利権政治 13万人が「自宅療養」してようと憲法無視して国会も開かず身内の選挙に熱中してるんだから危機感なんてないよ😓 閣議決定された予備費にも臨時医療施設の予算は計上されてなかった 自民党で国会開けって言ってたの石破さんくらい 単純にコロナ対応に期待できないし政権交代で🙏 投票倍増委員会 そりゃ肝心な事を一切高市さんに聞かなかったからね。 男性二人からは危機感伝わらなかったわ。確かに。 佐藤千矢子は活動家ではないの? 佐藤千矢子 毎日新聞 佐藤千矢子記者の質問に腹が立ちました 女性として‼️やはり毎日新聞ですね 無党派で自民党を擁護するつもりもありませんが言わせてください。危機感がないのは貴社佐藤氏をはじめとする記者クラブです。香港から台湾へと中国の脅威が間違いなく日本へ近づいている現況で、延々と自民党の反省を促すより、対外的な危機対応について報道を深めるべきではないですか。↓

デマの理由が知りたい。 代表質問の佐藤千矢子氏が、中国、韓国、憲法という重要問題で河野太郎氏と岸田文雄氏だけに質問し、高市早苗氏に発言させませんでした。個人の思想信条で特定候補を不利に導く、報道機関として下劣な行為をやめてください。 ほぼ河野さんと岸田さんにしか質問しなかった毎日朝日さんらによると、このお二人からはと言うことですね。 国民の危機管理も出来ない国会議員等一般国民の税金で生活の面倒見る必要無い、全員辞職した方がいい、お馬鹿議員一人の給料で生活弱者を50人は救える、仕事しない国会議員100人首切れば5千人の国民の命が助かる、 岸田さんに質問が集中し、危機感の高い高市さんに質問がなかったからや。毎日新聞

社説:町田小6いじめ自殺 端末利用の再点検が急務 | 毎日新聞東京都町田市立小学校の6年生だった女児が昨年11月、同級生からいじめを受けていたと訴える遺書を残して自殺した。両親が記者会見して明らかにした。 他の同級生の証言によると、授業中にタブレット端末のチャット機能で悪口が書き込まれ、本人も目にしていたという。

社説:自民党総裁選が告示 脱「安倍・菅」が問われる | 毎日新聞菅義偉首相の後継を決める自民党総裁選が告示された。安倍晋三前政権からの約9年間の政治をどのように総括し、脱却するか。針路が問われている。 河野太郎行政改革担当相、岸田文雄前政調会長、高市早苗前総務相、野田聖子幹事長代行の4氏が立候補を届け出た。複数の女性が出馬するのは初めてだ。 「安倍晋三前政権からの約9年間の政治をどのように総括し、脱却するか。針路が問われている」 という、書き出しの定義がおかしい。 「脱却するのが当然」だというのは 毎日新聞の主観的な意見だ。 どうして脱「安倍・菅」が問われなければいけないの? 『安倍晋三前政権からの約9年間の政治をどのように総括し、脱却するか。針路が問われている。』? おい、ほぼ赤旗新聞! そんなことが問われる総裁選ではないぞ! 勝手な解釈を読者に押し付けるな! 学生運動のなれの果てが、社の顔である社説を書くデ毎日新聞(笑) 五毛党アカウント撲滅推進活動中

社説:アフガンの協力者退避 日本の本気度が試される | 毎日新聞国際協力機構(JICA)のアフガニスタン人職員とその家族計10人が祖国を脱出し、日本に到着した。 8月下旬の自衛隊機による退避作戦が始まる前に、陸路で隣国パキスタンに自力で出国していたという。日本政府が短期滞在の査証を発給し、航空券を手配した。 基本的に4月14日に米軍の撤退が発表されてから、外務省が邦人保護のスケジュールが問題。って言う事も国会で議論すべき。 菅さん、有休消化してる場合じゃないですよ。 #今度の選挙はゼロ自公維新

[社説]コロナ後をにらんだ議論深める総裁選に自民党の総裁選が告示され、4人が立候補した。新型コロナウイルスとの戦いが続くなかではあるが事実上、次の首相を決める重要な選挙だ。コロナをどう抑えこみ、コロナ後の社会像をどう描いていくのか。内外の懸案への政策を競う骨太な議論を深めてほしい。名乗りを上げたのは、届け出順に河野太郎規制改革相、岸田文雄前政調会長、高市早苗前総務相、野田聖子幹事長代行の4氏だ。総裁任期の満了を迎える菅義偉首相は再選を断 新コロワクチンは感染・発症を抑止できず、感染抑止対策も逆効果なので、日本も今年の冬に 最大の第六波が発生し 免疫系が脆弱化したワクチン完全接種者の被害者(他疾病発症・副反応・死亡等)が、大量に発生するのでしょう ワクチン接種年内1億人❗️ 自民党員の皆さん、記念すべき第100代総理には初の女性である、高市早苗さんを選出し、衆院選を圧勝しましょう。源泉分離課税の据え置きを明言された高市さんなら、サナエノミクスで日経平均は4万円台到達です。

[社説]中国のTPP申請は本気か(写真=ロイター)中国が環太平洋経済連携協定(TPP)への加盟を正式に申請した。この枠組みから離脱した米国に代わり、アジア太平洋地域の貿易や投資などで主導権を握りたいという思惑がありそうだ。だが共産党の独裁や異質な国家資本主義を貫く中国に、TPPが要求する高水準の自由化を受け入れる覚悟はあるのか。日本を含む参加11カ国は、その真意を十分に見極めなければならない。中国の習近平国家主席は、TPP加盟を積極的に検討

【社説】中国の不動産バブルははじけたのか中国の習近平国家主席は経済面でこれまでで最も難しい離れ業に挑戦しようとしている。それは経済の崩壊を避けながら不動産バブルに穴を開けることだ。 人口減少に入ります 騒ぎすぎ💢