オピニオン, 朝刊政治面, 社説

オピニオン, 朝刊政治面

社説:米国とイラン核合意 妥協点模索し早期復帰を | 毎日新聞

社説:米国とイラン核合意 妥協点模索し早期復帰を

2021/04/19 0:00:00

社説:米国とイラン核合意 妥協点模索し早期復帰を

イラン核合意の立て直しを目指す米国とイランによる交渉が始まった。トランプ前米政権が2018年に合意から離脱して以降、両国による初の話し合いだ。 合意は15年、国連安全保障理事会の常任理事国である米英仏露中にドイツを加えた6カ国とイランの間で結ばれた。これに基づきイランがウラン濃縮度を3・67%に

しかしトランプ政権は、それではイランの核開発を止められないとして、合意から一方的に抜け、経済制裁を復活させた。反発したイランはすでにウラン濃縮度を20%に高め、さらに60%に引き上げることを表明している。核兵器開発も容易になる水準だ。今回、米国とイランは直接ではなく、それぞれが残る5カ国と協議した。二つの専門部会の設置を決め、米国の制裁解除と、イランが取るべき措置の2点について協議を続ける。だが、イランは制裁の即時解除が先決だと主張して譲らない。これに対し米国は、イランが核開発を合意水準に戻すことを復帰の前提とし、双方の溝は深い。

アニメ「ウマ娘」6月26日と7月3日に無料で全話一挙放送へ - ライブドアニュース 「アタック25」今秋に放送終了 - Yahoo!ニュース メールアドレスそのまま携帯乗り換え…首相が年内実現の見通し示す - ライブドアニュース

両国は国内に、合意に反対する勢力を抱え、安易に妥協できない事情がある。米国の同盟国であるイスラエル、サウジアラビアは合意復帰に反対している。イランは先月、中国との間で25年間の経済・安全保障の協力協定を結んだ。制裁による打撃を和らげられるとの期待から、核合意への熱意が薄れている。合意を無視してイランが核開発を進めれば、周辺国も開発に乗り出す危険がある。地域の緊張は高まり、核拡散防止条約(NPT)体制が揺らぐことになる。国際社会が協調してイランの核開発に歯止めをかけられるかどうかは、北朝鮮の核問題に対する試金石ともなる。

6月にはイランの大統領選挙が予定されている。穏健派のロウハニ大統領に代わり、反米強硬派の大統領が生まれる可能性が高い。そうなれば、妥協の余地が狭まるだろう。 続きを読む: 毎日新聞 »

オオカミ犬2頭が逃げ出す 通報から20時間近くたって 捕獲 | NHKニュース

【NHK】長野県富士見町でブリーダーの男性が飼育していたオオカミ犬2頭が11日、おりから逃げ出しました。警察などが出て捕獲作業にあ…

社説:高齢者のワクチン接種 かけ声だけでは混乱招く | 毎日新聞高齢者への新型コロナウイルスワクチンの接種がようやく進み始めた。菅義偉首相は1日100万回の接種をめざし、65歳以上の高齢者への2回接種を7月末までに終わらせると宣言している。 日本の五輪開催層はコロナで日本と世界がどうなろうとも日本はアジアで2度目の五輪パラを中韓に先行されてはならいと思っている コロナ死 「この程度のさざ波」 「これで五輪中止とかいうと笑笑」 コロナで、 晋三批判に果敢に噛みついていた元外務官僚、 コロナで死んだ。 意見を聞きたかった。 スムーズなワクチン配布と ふんだんな接種会場 アクセスしやすい予約システムがあれば混乱しなかったと思う。ワクチンが不足する中で 小出しになり医師不足、会場不足で圧倒的多数の需要に追いつかない。4波の感染爆発と重なったことも混乱に拍車をかけている。

社説:ASEANとミャンマー 地域安定の責任果たす時 | 毎日新聞混迷するミャンマー情勢の打開をめざし、東南アジア諸国連合(ASEAN)が外交努力を本格化させている。 24日の臨時首脳会議で、ミャンマー国軍に暴力の即時停止を求める議長声明を発表した。

社説:辺野古埋め立てと遺骨 戦没者の尊厳損なうのか | 毎日新聞沖縄戦で犠牲になった人々の遺骨を含んだ土砂が、米軍施設の建設に使われる恐れが出ている。 米軍普天間飛行場の辺野古移設計画に関し、政府が埋め立て土砂の採取予定地に沖縄本島南部の糸満市などを加えたからだ。 そんなこというてたら、沖縄で埋め立て事業なんかできへんで。よしんば、奄美・与論島から土持ってくるといったら、そりゃそれで新しい利権になるで。。。指くわえてみてるんか・・ 同じように靖國神社にも尊厳を!毎日新聞さん。 じょあ、建設現場に出てくる、古墳や中世の墓跡なんかも、建設中止して保全するか。極論だよもちろん。

社説:学校での死亡事故 調査の義務付けが不可欠 | 毎日新聞部活動での事故死や学校内で起きた転落死などの教訓を生かし、再発を防ぐ制度が機能していない実態が明らかになった。 学校での事故が後を絶たないことを受けて、国は2016年に対応指針を定めた。

社説:コロナ禍と日本企業 存在意義を問い直す時だ | 毎日新聞新型コロナウイルスの感染拡大で、企業の業績が二極化している。デジタル化や巣ごもり需要を追い風に業績を伸ばす企業がある一方、運輸や飲食、観光業の打撃は深刻さを増している。