社説:コロナと熱中症 感染対策との両立が必要 | 毎日新聞

社説:コロナと熱中症 感染対策との両立が必要

オピニオン, 朝刊政治面

2021/07/22 0:30:00

社説:コロナと熱中症 感染対策との両立が必要

全国で梅雨が明け、暑い日が続く。最高気温が35度以上の猛暑日となっているところもあり、熱中症への警戒が必要だ。 熱中症は、暑さで体温を調節する機能がうまく働かなくなることで起きる。急に気温が上がる今ごろの時期が危ない。

環境省と気象庁は今年度から、「熱中症警戒アラート」の運用を全国で始めた。気温と湿度、日差しの強さから、死者や重症者が出る可能性が高い地域に発令される。メール配信サービスや自治体の防災無線を通じて伝える。発令時はなるべく外出を避け、冷房の利いた屋内で過ごすことが大事だ。東京オリンピックでは、ほとんどの会場が無観客となるが、人の移動が活発化して感染が広がる恐れがある。感染症と熱中症の患者が同時に増えれば、医療体制の逼迫(ひっぱく)を招きかねない。

続きを読む: 毎日新聞 »

G7首脳の上半身裸など気持ち悪いはず プーチン氏が反撃 - BBCニュース

ロシアのウラジーミル・プーチン大統領は6月30日、自分のマッチョなイメージをからかった主要7カ国(G7)首脳について、彼らが上半身裸になったりしたら、それは「気持ちが悪い」と反撃した。 続きを読む >>

そんな悠長なこと言ってる場合?

社説:文大統領の来日見送り 対話の努力続けるべきだ | 毎日新聞行き詰まった日韓関係を象徴する出来事だ。 韓国政府が、東京オリンピック開幕に合わせた文在寅(ムンジェイン)大統領の日本訪問を見送ると発表した。実現すれば、菅義偉首相との初めての対面会談になるはずだった。 毎日新聞が連れてくれば? わけのわからない社説だね!! これは、コリアに向けて発信すべきこと!毎日新聞さん、相手が違う!ソウル支社に書かせたら? 不必要無意味なことにこれ以上時間や税金をぶちこむわけにはいかない

[社説]地銀の将来像を問い直したい収益が先細る厳しい環境をいかに乗り越え、どのように地域の社会と産業に貢献していくか。そのためには何が必要とされるのか。すべての地方銀行の経営者に改めて考えてほしい。そして速やかに行動に移してもらいたい。地銀再編を補助金で促す改正金融機能強化法が21日に施行された。補助金の申請は2026年3月末までの時限措置になる。条件を満たす金融機関が日銀に預ける当座預金に、上乗せ金利を付ける3年間の支援策も 異業種が銀行参入する際の受け皿になればいいんじゃね? キモい 今まで地銀が本当に親身になって地域に寄り添っていたのかどうか 今はどうか知らないけれど、昔は郵便局や農協の職員さんはこまめに一軒一軒顔を出していた

【社説】宇宙を飛んだ億万長者たち今回の宇宙飛行はベゾス氏にとっては一つの小さな旅行にすぎないかもしれないが、米国の宇宙ビジネスにとっては新たな偉大なる飛躍である。 お目覚めだから 何言ってるかわかんないよ てんがい

[社説]五輪の辞任劇が問う人権感覚(写真=共同)東京五輪・パラリンピックの楽曲制作を担当する小山田圭吾氏が辞任した。過去のインタビューで語った障害ある生徒へのいじめに国内外から強い批判が出ていた。五輪憲章は差別の禁止と人権をうたう。「多様性と調和」は今大会の中核のビジョンだ。開会式の担当者は、メッセージを具現化する重要な役割を担う。組織委員会は記事を把握していなかったという。本人の謝罪・反省を理由にいったんはすぐに続投を表明した。知的障害 人権とはキリスト教の概念である。君はキリスト教なのか?白人の霊言を召喚して、自己の責任を回避するのでなく、自己の意見と宗教を表現しよう。 日経「叩く俺らには関係ないけどなw」 やってる内容が尋常ではないことを発表しろよ

[社説]バイデン氏の米再建は始まったばかりだ(写真=AP)バイデン米大統領が就任から半年を迎えた。新型コロナウイルスの感染防止や経済危機の克服、国際協調体制の再建に一定の成果をあげているのは心強い。だが巨額の財政資金を投じる成長戦略や安全網の強化策などには危うさが残る。トランプ前大統領の下で深まった国内の分断は、いまだ修復できぬままだ。米国はコロナ禍で世界最大の犠牲を強いられた。ワクチンの接種や景気対策の実行を急ぎ、感染症の抑止と正常な経済社会活動 この果てしなく長いUSA坂をよ・・

[社説]エネ戦略を数字合わせで終わらせるな経済産業省がエネルギー政策の長期指針となる「エネルギー基本計画」の素案を有識者会議に示した。再生可能エネルギーの比率をこれまでの2倍近くに引き上げるなど、温暖化ガスを2030年度に13年度比46%削減する約束の実現に向けた目標を定めている。脱炭素の潮流に日本も歩調をそろえるには野心的な目標が必要だ。ただし、計画を数字合わせで終わらせてはならない。重要なのは安定供給や経済性に目配りしつつ、カーボ 政治家が出してしまった方向性に官僚はこれから最大限の能力で数字を操作してくるでしょう。