オピニオン, 朝刊政治面

社説:ウイグルの人権問題 中国は調査の受け入れを | 毎日新聞

<社説>ウイグルの人権問題 中国は調査の受け入れを

2021/05/10 0:01:00
オピニオン, 朝刊政治面, 社説

<社説>ウイグルの人権問題 中国は調査の受け入れを

中国新疆ウイグル自治区における人権問題で、日米欧の主要7カ国(G7)が国連人権高等弁務官による現地調査の受け入れを中国に求めた。 英国で開かれたG7外相会合の共同声明は、現地の少数民族ウイグル族らを対象に「再教育のための大規模な収容所が存在し、強制労働や強制不妊が報告されている」として、深い懸念

その過程で民族の文化やイスラム教の信仰が抑圧されていると、外国暮らしのウイグル族らが相次いで証言した。中国政府は「新疆は開かれている」とかねて主張してきた。国連人権高等弁務官や欧州連合(EU)代表団を受け入れる用意があると説明している。 続きを読む: 毎日新聞 »

いざ避難! ここで注意すべきこと|災害列島 命を守る情報サイト|NHK NEWS WEB

災害の危険を感じて避難する時にも注意することがあります。わかりやすく解説したNHKの動画です。

社説:改正バリアフリー法 実効性高め安全な社会に | 毎日新聞高齢者や障害者が安全に移動したり、公共の施設を利用したりできる社会を目指す改正バリアフリー法が先月、全面施行された。2025年までの施設整備の目標値も示しており、確実に実行していく必要がある。

社説:学校での死亡事故 調査の義務付けが不可欠 | 毎日新聞部活動での事故死や学校内で起きた転落死などの教訓を生かし、再発を防ぐ制度が機能していない実態が明らかになった。 学校での事故が後を絶たないことを受けて、国は2016年に対応指針を定めた。

社説:コロナ禍と日本企業 存在意義を問い直す時だ | 毎日新聞新型コロナウイルスの感染拡大で、企業の業績が二極化している。デジタル化や巣ごもり需要を追い風に業績を伸ばす企業がある一方、運輸や飲食、観光業の打撃は深刻さを増している。

社説:10年で物価2%未達 頰かむりするのは無責任 | 毎日新聞「異次元緩和」を10年間続けても、2%の物価上昇目標は達成できない。日銀自身がそう認めた。 最新の「経済・物価情勢の展望(展望リポート)」で、2023年度の物価上昇率を1%とする見通しを示した。

社説:参院の選挙制度改革 また先送りするつもりか | 毎日新聞参院の選挙制度を改革するための議論が週内にも始まる。選挙区における「1票の格差」をどう是正するかが焦点だ。 2019年の前回参院選では、格差は最大3・00倍だった。最高裁は昨年11月に選挙は合憲と判断する一方で、「国会の格差是正の取り組みが大きな進展を見せているとはいえない」と与野党に苦言を呈し 力を持たせすぎると、金に走る。この悪党をのさばらせた責任はわたしたちにもある。 悪党を支持した責任をとらねばなりません。