社 後半追い上げも2点及ばず涙 先発・堀田「追い上げてくれてうれしかった」/デイリースポーツ online

2022/08/14 8:06:00

「全国高校野球選手権・2回戦、二松学舎大付7-5社」(14日、甲子園球場) 2点及ばず3回戦進出を逃した社(兵庫)ナインは悔し涙に暮れた。

社 後半追い上げも2点及ばず涙 先発・堀田「追い上げてくれてうれしかった」/野球/デイリースポーツ online 高校野球 甲子園 DailySports

「全国高校野球選手権・2回戦、二松学舎大付7-5社」(14日、甲子園球場) 2点及ばず3回戦進出を逃した社(兵庫)ナインは悔し涙に暮れた。

社 後半追い上げも2点及ばず涙 先発・堀田「追い上げてくれてうれしかった」 3枚 「全国高校野球選手権・2回戦、二松学舎大付7-5社」(14日、甲子園球場) 2点及ばず3回戦進出を逃した社(兵庫)ナインは悔し涙に暮れた。 先発した堀田柊投手(3年)は「前半、自分のヒットを打たれたのとミスが重なって失点が積み重なった」と唇をかんだ。「ベンチに下がってからみんなが『絶対勝つぞ』と言ってくれて、後半追い上げてくれてうれしかった。負けて悔しいが、ここで野球ができてよかった」と涙声。守備のミスが絡んだこともあり4回2/3を7失点、自責5。「二松学舎大付は足が速くていいスイングをしてくる。コースを突いていこうと思ったが、低めを拾われた」と反省した。 2番手の芝本琳平投手(3年)は五回途中から登板して無失点。「序盤に点を取られて苦しい展開だったが、振り返ればとても楽しい試合だった。ずっと準備していて、正直なところ早くマウンドへ上がりたかった。(堀田には)お疲れ様と言いたい。頼りになる存在で、チームを導いてくれていた」とライバルとして刺激し合ってきた仲間をたたえた。.「全国高校野球選手権・2回戦、愛工大名電6-5八戸学院光星」(12日、甲子園球場) 愛工大名電が劇的なサヨナラ勝ちで、3回戦に進出。工藤公康を擁した1981年以来となる夏2勝を飾った。5-5で迎えた延長十回裏に7番・美濃が劇打を放った。1-5ととなった七回途中に2番手で登板した元中日守護神の岩瀬仁紀の長男・法樹が追加点を許さぬ見事な火消しをみせると、流れを一気に呼び込み、七回に一気の猛攻。5安打を集中し、4点を挙げて同点としていた。 試合後、愛工大名電の倉野監督は、岩瀬の投球に「エースの有馬が打たれたので、非常に厳しいなと思って居たが、ここは思い切ったリリーフで流れ変えようと思った。非常に流れを引き寄せる投球をしてくれた。愛知大会でもそうだったが、劣勢であったのが、ここでグッと攻撃的なチームの流れになった」と、称えた。.阪神の佐藤輝、島田、小野寺、板山が早出特打に参加。藤井康コーチも見守った。原口もグラウンドで体を動かした。 チームは前のカードのDeNA3連戦で3連敗し、勝率5割に逆戻り。前日11日・同戦(横浜)では初回に相手の暴投による1得点のみで敗戦。25イニング連続タイムリーがでていないという現状だ。コロナ禍により大山、近本、中野らの主力を欠く苦しい状況の中、4カードぶりのホームゲームで負の連鎖を断ち切りたい。.2枚 タレント・明日花キララが9日、自身のインスタグラムに横顔ショットを掲載した。明日花は4日に京セラドーム大阪で開催された「関西コレクション 2022A/W」に出演しており、画像は出演時のオフショット。「思い出」とだけコメントを添えている。 明日花は今年4月27日に出演したフジテレビ系「ホンマでっか!?TV」で「だいたい整形してます」と整形を初めてカミングアウト。メスを入れたのは「目と鼻と口」「(顔も小さく)してます」と説明していた。番組では評論家として出演した“ネオエイジングの名医”藤林万里子氏が「特徴的なのが鼻がツンと上にアップノーズ(あがっている)になってる。おでこが丸くて、鼻先が高い」と明日花が「特徴的」な整形顔だと指摘していた。 9日の画像はほぼ真横からのショットで、「ツンと上がった」鼻の様子が確認できる。一方で明日花は、体についてはノー整形を明言している。この日の衣装は黒のニットのノースリーブ。メリハリのあるボディーラインと極細のウエストも分かる構図となっている。.

続きを読む:
デイリースポーツ »
Loading news...
Failed to load news.

偉大な父ばりの火消しで流れ変えた愛工大名電・岩瀬、倉野監督も称賛「グッと攻撃的な流れになった」/デイリースポーツ online「全国高校野球選手権・2回戦、愛工大名電6-5八戸学院光星」(12日、甲子園球場) 愛工大名電が劇的なサヨナラ勝ちで、3回戦に進出。工藤公康を擁した1981年以来となる夏2勝を飾った。5-5で迎えた延長十回裏に7番・美濃が劇打を放った。1-5ととなった七回途中に2番手で登板した元中日守護神の岩瀬仁紀の長男・法樹が追加点を許さぬ見事な火消しをみせると、流れを一気に呼び込み、七回に一気の猛攻。5安打を集中し、4点を挙げて同点としていた。

主力のコロナ離脱、貧打に苦しむ阪神 佐藤輝、島田らが早出特打 25回連続適時打なし打開なるか/デイリースポーツ online主力のコロナ離脱、貧打に苦しむ阪神 佐藤輝、島田らが早出特打 25回連続適時打なし打開なるか/阪神タイガース/デイリースポーツ online 阪神 tigers タイガース DailySports 背負わされ過ぎとか関係なく、背負っても打つのが4番の仕事。別にホームランだけが4番の役割でなくスクイズでも犠牲フライでも勝利打点をとればいいだけ。同点逆転されれば勝ち越し逆転の勝利打点を打てばいい。全ての打席で出塁する必要はなく要は勝負強さです。掛布道場の個人指導が必要だ。

整形告白の明日花キララ、横顔見せで鼻筋ツンッ 極細くびれウエストも披露/デイリースポーツ onlineタレント・明日花キララが9日、自身のインスタグラムに横顔ショットを掲載した。明日花は4日に京セラドーム大阪で開催された「関西コレクション 2022A/W」に出演しており、画像は出演時のオフショット。「思い出」とだけコメントを添えている。 明日花は今年4月27日に出演したフジテレビ系「ホンマでっか!?TV」で「だいたい整形してます」と整形を初めてカミングアウト。メスを入れたのは「目と鼻と口」「(顔も小さく)してます」と説明していた。番組では評論家として出演した“ネオエイジングの名医”藤林万里子氏が「特徴的なのが鼻がツンと上にアップノーズ(あがっている)になってる。おでこが丸くて、鼻先が高い」と明日花が「特徴的」な整形顔だと指摘していた。

八戸学院光星、悔しサヨナラ負け 再登板の冨井、マウンド上でひざまずき涙 仲井監督「采配が」/デイリースポーツ online「全国高校野球選手権・2回戦、愛工大名電6-5八戸学院光星」(12日、甲子園球場) 八戸学院光星は、のべ5人の投手を起用し、何とか接戦に持ち込んだが、しのぎきれなかった。延長十回、最後は再登板した冨井翼投手(3年)が無死から三塁打と申告敬遠などで二、三塁と攻め立てられ、愛工大名電・美濃十飛外野手(3年)に痛打を浴び、冨井はマウンド上でひざまずいて涙した。 死力を尽し🤗よくやった!! 👏👏👏👍🌻🎀

広島・1軍球団スタッフ1人がコロナ陽性 もう1人は濃厚接触疑い/デイリースポーツ online広島は12日、1軍球団スタッフ1人が新型コロナウイルスのPCR検査で陽性と判定されたと発表した。 同スタッフは10日に発熱、11日にPCR検査を受診し、陽性判定を受けた。

市原隼人「鎌倉殿」八田知家の墓参り 「正解のない世界で奮闘できることに感謝」/デイリースポーツ online俳優の市原隼人が12日、インスタグラムを更新。NHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」で自身が演じる八田知家の墓参を行ったことを報告した。 世間はお盆の真っ最中だが、市原は立派な墓石の前で手を合わせる写真をアップ。「先日、何度目かの八田殿が眠る墓参りへ」と、八田知家の墓参に訪れたことを報告した。