硬直的な医療、脱却が急務 衆院選で改革議論を

硬直的な医療、脱却が急務 衆院選で改革議論を

2021/10/21 20:05:00

硬直的な医療、脱却が急務 衆院選で改革議論を

新型コロナウイルス禍は日本医療の脆弱さを浮き彫りにした。欧米各国より感染者は少なかったのに、医療体制はすぐに逼迫した。多すぎる病床を持て余し、遠隔診療などの医療効率化に目を背けてきた結果だ。改革を怠った不作為は新型コロナの拡大だけでなく、将来世代へのツケとなる。31日投開票の衆院選では大半の政党がコロナ対策を公約集の筆頭に挙げた。病床拡大や検査拡充、治療薬普及などが並び、違いは乏しいが、コロナ

続きを読む: 日本経済新聞 電子版 »

日本の設備、停滞の20年 総量1割増どまり

日本の設備投資の低迷が続いている。この20年間で設備の総量を示す資本ストックは1割たらずしか増えなかった。米国や英国が5~6割ほど伸びたのと差がついた。企業が利益を国内投資に振り向けていないためだ。設備の更新が進まなければ労働生産性は高まらず、人口減の制約も補えない。低成長の構造要因として直視する必要がある。2001年から新型コロナウイルス危機前の19年までの日本の経済成長率は年平均0.8%に

まずはソロバン医者集団医師会に言ってくれ。 いまだに4万人の感染者を出してるイギリスと比べてもなw あたりまえ。 Just Follow The Money! 証拠の連鎖は陰謀説を打ち負かす💉 お金に従ってください! 非対面ほど 感染率高い事を暗に言いたいのかな?w 高齢者も当たり前のようにLINEやAmazonを使う時代。医療機関も本気で変わってほしい。コロナでも変われなかったら一生変われない。 「コロナがこのまま終息してしまったり、弱毒化して普通の風邪になったら」 誤用学者は、これだけは避けたい。 だから、終息しない、させない対策を日々考えに考えているという(笑) ワシントン州はコヴィッドの影響を全く受けていませんでした。 しかし、夏以降、大量の過剰死亡が発生しています。公式には過剰死亡の約半分はコヴィドによるものではないとされています。 Covid corona Coronavirus Covid19

コロナが蔓延した昨年、多くのクリニックは大幅に収入が下がりました。そこで登場したのがワクチンと政府によるインセンティブです。言い方が悪いですが経営立て直しの救世主がワクチンだったのです。 開業医の赤字転落…コロナ後「収入が3分の1になる」の現実味