石田ゆり子 「祖母の部屋に清書されて額装されていた言葉」に「響きます」/デイリースポーツ online

石田ゆり子 「祖母の部屋に清書されて額装されていた言葉」に「響きます」/芸能/デイリースポーツ online #DailySports

Dailysports

2022/01/29 8:31:00

石田ゆり子 「祖母の部屋に清書されて額装されていた言葉」に「響きます」/芸能/デイリースポーツ online DailySports

女優・石田ゆり子が28日、自身のインスタグラムを更新。「とある撮影」の画像とともに、祖母の部屋に清書されていたという言葉をつづった。 石田は「今日はとある撮影がありました。とても幸せな撮影でした。2022年はわたしにとって、新しいことにチャレンジする年でもあります」と念頭から意欲満々。

石田は「今日はとある撮影がありました。とても幸せな撮影でした。2022年はわたしにとって、新しいことにチャレンジする年でもあります」と念頭から意欲満々。続けて「『門を叩け、そうすれば開けてもらえるであろう』という、クリスチャンだった祖母の部屋に綺麗な字で清書されて額装されていた言葉を思い出します」と、自身の背中を押すように記憶をたどった。

続きを読む: デイリースポーツ »

フィリピン大統領選 元大統領の長男マルコス氏 大差で勝利 | NHK

【NHK】9日、投票が行われたフィリピンの大統領選挙で、故マルコス元大統領の長男、フェルディナンド・マルコス氏が、ほかの候補に大差… 続きを読む >>

広島・長野が2度目の新型コロナ陽性 現時点では無症状/デイリースポーツ online広島は27日、長野久義外野手が新型コロナウイルスの陽性判定を受けたと発表した。 症状はなく、自宅で待機し、管轄保健所からの指示を待っているという。 強制ワクチン反対とイベルメクチンの有効性を主張した医師が停職された

小島みゆ 沙也加さんの恋人・前山とのLINE認めるも「関係戻したい気持ち一切なかった」【全文】/デイリースポーツ onlineグラビアタレントの小島みゆ(28)が27日、ツイッターを更新。昨年12月18日に35歳で急死した歌手で女優・神田沙也加さんの恋人だった俳優・前山剛久(30)との過去の交際について、自分の言葉で説明した。ネット上で出回っている前山とのLINE画面の内容は「私のもの」と認めた上で、「関係を戻したいという気持ちは一切ございませんでした」と強調した。 小島の所属事務所が26日、公式ホームページで、小島と同棲していた前山の関係が昨年9月に「解消」していたと説明していた。LINEのやりとりは破局後のものだったが、その時点で「2人の関係は完全に解消されておりました」とした。

浅野拓磨が体調不良でベンチ外 現時点でコロナ陽性とは確定できず 中国戦は予定通り開催/デイリースポーツ online「W杯アジア最終予選、日本-中国」(27日、埼玉スタジアム) 日本協会が試合開始前に緊急オンライン会見を行い、FW浅野拓磨(27)が体調不良のため大事をとってメンバー外となったことを発表した。

オリックス 山本由伸が大幅増3・7億円で更改 将来的なメジャー移籍希望も伝える/デイリースポーツ onlineオリックス・山本由伸投手(23)が27日、大阪市此花区の球団施設で契約更改交渉に臨み、昨年の年俸1億5000万円から2億2000万アップとなる3億7000万円で更改した。プロ6年目でNPB史上最速タイの3億円到達。球団では7年目で突破したイチローを超えた。交渉では、将来的なメジャー挑戦についても話し、前向きな言葉を得たことを明かした。(金額は推定) 12球団で大トリの契約更改を飾った山本は「しっかり評価していただいて。納得というか、満足しています」と球団に感謝した。「(吉田)正尚さんよりは下ですね。はい。うふふ」と、金額を明らかにはしなかったが、昨年最多勝をはじめとする投手4冠で優勝へチームをけん引。沢村賞にも輝いた右腕を球団は最大限に評価した形だ。

生見愛瑠 ひざ上20センチの大胆ミニでナマ美脚「風邪ひかないように」フォロワー心配も/デイリースポーツ onlineモデルでタレントの生見愛瑠が26日に更新したインスタグラムで、ひざ上20センチのミニスカート姿を披露した。 「#めるのふく」として私服を公開している生見は、ジャケットにミニスカートを着用したスタイルを披露。ブラックのブーツ効果もあって、美脚が際立っている。めるるは「足、凍りました」とちゃめっ気たっぷりにつづっているが、ナマ脚の露出ぶりが確かに寒そう。

大迫勇也が先制のPK弾 W杯アジア最終予選・中国戦 森保ジャパンが先手を奪う/デイリースポーツ online大迫勇也が先制のPK弾 W杯アジア最終予選・中国戦 森保ジャパンが先手を奪う/サッカー/デイリースポーツ online DailySports

女優・石田ゆり子が28日、自身のインスタグラムを更新。「とある撮影」の画像とともに、祖母の部屋に清書されていたという言葉をつづった。 石田は「今日はとある撮影がありました。とても幸せな撮影でした。2022年はわたしにとって、新しいことにチャレンジする年でもあります」と念頭から意欲満々。 続けて「『門を叩け、そうすれば開けてもらえるであろう』という、クリスチャンだった祖母の部屋に綺麗な字で清書されて額装されていた言葉を思い出します」と、自身の背中を押すように記憶をたどった。 この言葉に、フォロワーからは「ステキな言葉ですね」「門を叩け、ここにいる私にも響きました」「勇気をもらえる言葉です!」「ステキなお言葉ですね~」「いい言葉。響きます」と共感するコメントが集まった。