知られざるマカダミアナッツの真実 ~世界で最も興味深いナッツ

ハワイ土産として定番の「マカダミアナッツ」をくるんだチョコレート。カリッとした歯...

2021/07/26 13:56:00

知られざるマカダミアナッツの真実 ~世界で最も興味深いナッツ 「マカダミアナッツはオーストラリアが原産」 以前は日本でこの事実を知る人は少なかったが、最近は浸透しつつある。この他にもマカダミアナッツにまつわる興味深い逸話はいくつもある WorldVoiceJapan

ハワイ土産として定番の「マカダミアナッツ」をくるんだチョコレート。カリッとした歯...

油をそのまま塗布して、肌の再生と活性化を促す化粧品のような使用法のほか、他の植物の抽出物と混ぜてキャリアオイルとして使用し、薬品を作っていたという。また、黄土や粘土で顔や体に図柄を描くためのバインダーとしても使用していたそうだ。食料としては、主食ではなく、儀式の際の贈り物やごちそうであったというから、楽に採取できない貴重な食べ物であったことがうかがえる。マカダミアナッツ農園。木はかなり大きく成長し、7~10年で10~15メートルまで達するものも。商業農園でも多くは100年以上生きるという。(Credit:Ken Holmes-iStock)

シカの角10トンで巨大シカ像 ハンガリー - ライブドアニュース アタック25、46年の歴史に幕 - Yahoo!ニュース 横浜の路上で5歳女児がレンタカーにはねられ死亡 21歳男を現行犯逮捕 - ライブドアニュース

先住民の人々が語り継いできた伝説のなかに、マカダミアナッツが登場するものがある。クイーンズランド州フレーザー島の先住民族には、山の見張りをするために出かけた男が怪我をして動けなくなってしまったところ、友達のトカゲと途中で出会ったワラビーやオウムが知恵を絞り、助けが来るまでの間、男が食べられるようにと、マカダミアナッツを近くに撒いた...という話が伝わっている。小さくても栄養豊富であることが、この時からわかっていたのだろう。 続きを読む: ニューズウィーク日本版 »

「一生後悔する」 英からISに参加の女性、BBCに現在の心境を語る - BBCニュース

イギリスからシリアへ渡航しイスラム過激派組織「イスラム国(IS)」に参加したシャミマ・ベガムさん(22)がBBCの取材に応じ、ISに参加したことを「一生後悔するだろう」と語った。

WorldVoiceJapan 初めてオーストラリアに行ったのは1986年、ガイドさんにマカダミアナッツのほとんどはオーストラリア産と聞きました。マカダミアナッツが大好きな私はキングスクロスの商店街のナッツ専門店でマカダミアナッツを買い、ビール片手に食べまくりました。深い話を読ませていただきました。 WorldVoiceJapan 異様に高い。 WorldVoiceJapan 流行ってるね