真珠湾攻撃80年 中国が促す日米同盟の深化

真珠湾攻撃80年 中国が促す日米同盟の深化

2021/12/07 9:07:00

真珠湾攻撃80年 中国が促す日米同盟の深化

旧日本軍が米ハワイの真珠湾を急襲した「真珠湾攻撃」から8日で80年を迎える。この奇襲で突入した太平洋戦争はその4年後、日本の全面降伏で幕を閉じる。戦後、日米に残ったわだかまりは2016年のオバマ米大統領の広島と安倍晋三首相の真珠湾の訪問がそれを解く一歩になった。世界の覇権に動く権威主義国家、中国の存在は民主主義の同盟である日米にさらなる深化を促す。オバマ氏の広島と安倍氏の真珠湾訪問を当時、ワ

続きを読む: 日本経済新聞 電子版(日経電子版) »

ニュージーランド、オミクロン株流行で新たな制限 首相も結婚式を中止 - BBCニュース

ニュージーランドのジャシンダ・アーダーン首相は23日、新型コロナウイルスのオミクロン株の流行を受け、全土に最も厳しい制限を課すと発表した。それに合わせ、予定していた自分の結婚式も中止したと発表した。 続きを読む >>

日本の地政学的な位置がアメリカに決定的な影響を与えた訳で、虫国も露助が居たからアメリカは日本を独立させ防波堤の役割を担わす事になった。 ただ危ねえ国民だから核を持たす事は許さず、日本政府がアメリカに盾突くと政治家を抹殺。 絶対権力を持った親の子供が日本だな。 >同盟深化の背景に中国の存在 それは最近の事情で、 戦後、半島の戦火や「ソ連」との冷戦において 日本はアメリカにとって重要な 戦略的位置にあったからじゃないですか。 鬼畜米英と言って殺されていった英霊たちは知っている即ち米国が失望したと言ったらすぐに靖国参拝を辞めて7年後首相を辞めたらすぐ行ったせこい奴である 東亜民族解放した日本は誇りを…オランダの市長挨拶から再び戦後体制の是非を問う 産経新聞 2016/2/23

なぜ 大日本帝国は開戦する必要があったのか? もう一度、偏りのない資料によって 確認して頂きたいと思います。 【小野田寛郎氏が語った日本が大戦を始めた真実】激怒!何故「開戦の詔書」を読まないのか!靖国神社参拝しない総理へ向けた衝撃のスピーチ! ハルノートがなければ日本が米帝と戦争する必要などなかった。 元々親密な関係国だったのだから。 アメリカ人70万中国ウイルスに殺されたしかもまだ現在進行中 てめー様の国の事には口出すなという割には、ほんと人の国の事に物凄い口出してくるよな