直木賞作家・西加奈子「夜が明ける」は若者への応援歌 | ベストセラーを歩く | 重里徹也 | 毎日新聞「経済プレミア」

直木賞作家・西加奈子「夜が明ける」は若者への応援歌 「貧困やハラスメント、過重労働やマスメディアの腐敗など、今の日本が直面している問題がリアルに描かれている」。文芸評論家・重里徹也さんが読み解きます。

経済, 雇用・就職・働き方

2021/12/03 3:40:00

直木賞作家・西加奈子「夜が明ける」は若者への応援歌 「貧困やハラスメント、過重労働やマスメディアの腐敗など、今の日本が直面している問題がリアルに描かれている」。文芸評論家・ 重里徹也 さんが読み解きます。

若者たちの貧困や子どもたちの窮状はしばしば報道されている。日本は一体、いつの間にこんな国になってしまったのだろうか。力量のある作家の中にはそんなあり様を見て、小説の中で問おうとする人がいるに違いないと思っていた。

「サラバ!」で直木賞受賞西は1977年、イランのテヘラン生まれ。大阪で育った。関西大卒業後、情報誌の記者などを経て、2004年に小説家デビュー。15年には「サラバ!」で直木賞を受賞。人気作家の一人で、私の勤めている大学にも愛読している女子学生がいる。「夜が明ける」は高校の同級生だった男性2人の友情を描いた小説だ。語り手である主人公の「俺」と、身長が190センチ以上あり、吃音(きつおん)のある「アキ」。この2人…

続きを読む: 毎日新聞 »

韓国上空から朝鮮半島情勢を考える BBC記者が超音速機に搭乗 - BBCニュース

ただしその前にビッカー記者は、空軍機パイロットが耐える厳しい重力加速度に備えるため、遠心発生装置で訓練を受けなくてはならなかった。

素晴らしい。

米緩和縮小とマネー供給で見る「不都合な株価予測」 | 週刊エコノミスト Onlineから | 週刊エコノミスト Online | 毎日新聞「経済プレミア」2020年3月のコロナショック後、大胆な金融緩和・財政出動で先進国株価指数の上昇をけん引してきた日米欧の中央銀行。その一角、米連邦準備制度理事会(FRB)は11月2~3日(米国時間)に開いた米連邦公開市場委員会(FOMC)で債券購入プログラムのテーパリング(段階的縮小)開始を決定した。

多岐川裕美さん「間近で見た生きた芝居は宝物」 吉右衛門さん死去 | 毎日新聞歌舞伎俳優の中村吉右衛門さん死去の報を受けて、テレビ時代劇「鬼平犯科帳」で吉右衛門さんが演じた長谷川平蔵の妻・久栄役として共演した女優、多岐川裕美さんは1日、「携帯にネットニュースが入り、今知ったばかりで言葉もありません。鬼平犯科帳で長い間、間近で生きた芝居を見せていただけたこと、私の宝物です。ご

中村吉右衛門さん死去 77歳 歌舞伎俳優 文化功労者・人間国宝 [写真特集1/18] | 毎日新聞時代物から世話物までを自在に演じる歌舞伎界屈指の立ち役俳優で文化功労者、人間国宝、日本芸術院会員の 中村吉右衛門(本名・波野辰次郎)さんが11月28日、死去しました。 写真特集→

オミクロン株、国内2例目の感染者 同乗者114人が濃厚接触者に | 毎日新聞厚生労働省は1日、新型コロナウイルスの新たな変異株「オミクロン株」の国内2例目の感染者が確認されたと発表した。ペルーに滞在歴のある20代の男性で、国内で初めて感染が確認されたナミビアから入国した外交官の濃厚接触者ではない。今のところ、市中での感染は確認されていないという。

アベノマスク在庫、段ボール10万箱 厚労省職員「多い印象」 | 毎日新聞新型コロナウイルス対策で政府が調達した「アベノマスク」を含む8000万枚余の布マスクが使われずに大量に備蓄されている問題で、厚生労働省は1日、毎日新聞などの取材に応じ、マスクが保管されている倉庫を公開した。約5200平方メートルの区画内に、マスクの入った約10万箱の段ボールが、最高で約5メートルの この話題飽きた 廃棄以外の選択肢があるのだろうか。 安倍に買い取らせて欲しい

安倍元首相「台湾有事は日本有事」中国けん制 TPP台湾加入を支持 | 毎日新聞自民党の安倍晋三元首相は1日、台湾のシンクタンク「国策研究院文教基金会」のイベントで講演し、中国が台湾に侵攻するなどの事態を念頭に「台湾有事は日本有事だ。すなわち日米同盟の有事でもあり、この点を習近平国家主席は見誤るべきではない」と中国をけん制した。 安倍氏のせいで日本は深手を負ったんだけど。 勝手に台湾有事を日本の有事にするなよ。 貴殿は集団的自衛権行使をしたいんだろうけどな。 安保法制が真価を発揮するときが来た?何だか「満蒙は日本の生命線」っぽい気がするけど。